同じSSをまとめているブログ

森きのこ!

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 16:29:58.91 ID:dpfaJ9At0

ケータイとインターフォンを何度鳴らしてみても応答がない。

ならばとハギヨシは家主にもらった合鍵を取り出し中へと入るが、

すぐに住居人の姿は見つからなかった。

リビングを抜け、この部屋の主である咲の書斎へと向かう。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 16:30:53.48 ID:dpfaJ9At0

数回ノックしてからドアを開ければ、瞬間強すぎる甘い匂いにくらりとした。

ハギヨシ(全く。本数を減らせと言っているのに……)

ため息を零して顔を上げ、デスクの上のノートパソコンに向かう咲を見つける。

ここまで侵入されているのに全く気が付かない咲に近づいていき、

後ろからふわりと抱きしめた。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 16:32:05.58 ID:dpfaJ9At0

咲「あ……、ハギヨシさん?」

振り返り、その人物が顔見知りであることに咲は虚をつかれている。

パソコンと向き合うときにかけているメガネがズレ、大きな瞳が露わになる。

口には黒いフィルターの煙草を咥えており、

今にも灰が落ちそうになっているのをハギヨシが奪い、

吸い殻だらけの灰皿に押し付けた。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 16:32:46.10 ID:dpfaJ9At0

ハギヨシ「咲は強盗に入られたら犯人の顔を見ることなく殺されてしまうタイプですね」

その言葉に咲が少しばかりむっとした顔をしたが、

あながち間違っていないと思っているのか反論はない。

ハギヨシ「それはまあ、後でたっぷり説教するとして。咲先生、原稿は当然上がっていますよね?」

冷え切ったハギヨシの笑顔に咲はうっ、と言葉に詰まり肩を揺らす。



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 16:33:35.44 ID:dpfaJ9At0

咲「い、今見直しを……」

ハギヨシ「ほう、ではその見直しはあとどれほどで終わりますか? 締切りはとうに過ぎているのですが」

ハギヨシ「私が出張にいっているからといって気を抜いて気が付いたら締切り前で」

ハギヨシ「慌てて原稿に取りかかったら遅れてしまって見直しもまだだったなんてことになっている」

ハギヨシ「なんてことはもちろんありませんでしょう?」

咲「い、え、あの、その……」