同じSSをまとめているブログ

プロエス!

森きのこ!

アイマスSSまとめサイト 456P

エレファント速報

えすえすMode

1: ◆cgcCmk1QIM 2017/10/13(金) 22:02:51.20 ID:lLkXhtGF0



その夜、15歳の岡崎泰葉が望む事ははっきりしていた。

とにかく一刻も早くこの芸能関係者でごった返したパーティー会場を抜け出して、人目につかない暗い場所に行きたかったのだ。

そうしないと、感情を爆発させてしまいそうだったから。


『相変わらず可愛いね。あのころとちっとも変わらないな』


きっかけは、数年前お世話になったことのある大物監督さんのそんな言葉。

一瞬、息が詰まったような心地がした。

それはちっとも褒め言葉なんかじゃない。

それは『成長してない』という意味だった。


2: ◆cgcCmk1QIM 2017/10/13(金) 22:03:16.99 ID:lLkXhtGF0



岡崎泰葉はプロだ。

プロの子役でモデルでもある。

演技力では人後に落ちぬと自負している。

求められるものに応えるため、常に努力を欠かさなかった。

ただ、それは子役としての話だ。

3: ◆cgcCmk1QIM 2017/10/13(金) 22:03:45.14 ID:lLkXhtGF0


岡崎泰葉の体格は小柄だ。

中学一年生並み、といっても過言ではない。

身長は去年あたりから、全く伸びなくなっていた。

顔立ちは―――はっきり『幼い』と言って差し支えない。

まるで、大人たちが求め、もてはやした『子役の泰葉』のまま時が止まっているかのようで―――鏡を見るたび、悪い冗談のようだ、と泰葉は思う。

子役としての岡崎泰葉が求められる間は、それで差し支えない。

4: ◆cgcCmk1QIM 2017/10/13(金) 22:04:11.59 ID:lLkXhtGF0


だが、岡崎泰葉は15歳だ。

役者はいつまでも子役でいられるわけじゃない。

ある程度の年齢になれば娘として、女性として―――新しい演技と魅力を開拓し、ステップアップしていかなくてはならないのだ。

娘役にステップアップしていくべき泰葉にとって、幼い容姿はハンデとなる。

容貌は変えようがない。

小手先のメイクでどうにかなる話でも無い。

別の武器が必要だった。

だが、泰葉の長い芸暦、経験の中に、ステップアップするための『武器』は存在していなかった。

泰葉の経験は、大人がそうあれと言った子役としての枠の中にあったからだ。

5: ◆cgcCmk1QIM 2017/10/13(金) 22:04:37.68 ID:lLkXhtGF0