同じSSをまとめているブログ

えすえすログ

1 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/09/29 17:49:12.75 4lJng8t70 1/47

「ゴロウは父さんよりもポケモンが上手だな」

「きっといいトレーナーになれるぞ」

ゴロウがトレーナーズスクールに通うことになったのは、父の言葉を真に受けたからだった。

ゴロウは奮起した。

ジムリーダーではなく、四天王のその先、チャンピオンを目標にした。

彼は努力を始めた。相棒のコラッタと共に。

元スレ
【ポケモン】たんぱんこぞうのゴロウ

2 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/09/29 17:49:55.50 4lJng8t70 2/47

キキョウシティのトレーナーズスクールに入塾したばかりの頃、ゴロウの成績は平凡だった。

ただ彼は落ち込まなかった。

授業を真面目に受け、予習・復習もきっちりこなした。

朝や放課後のトレーニングも欠かさず続けた。

入塾後、半年もしないうちに、彼は1番の成績になった。

「このクラスで誰が一番優秀なのか?」

誰もがゴロウの名前を挙げた。教師のジョパンニも認めた。

「キミはよく頑張っていますね~」
ゴロウは嬉しくて鼻をかいた。

褒められた日、おこづかいをはたいて、少し高めのポケモンフードを買った。

コラッタは喜んだ。

ゴロウはコラッタの背中を撫でた。毛並みがツヤツヤしていた。

3 : ◆hAKnaa5i0. - 2017/09/29 17:50:26.93 4lJng8t70 3/47

コンタという少年が唯一ライバルだった。

彼はイワーク(ブルブルという名前だった)を持っていた。

ゴロウは初めのうちは負けていた。『たいあたり』や『かみつく』では歯が立たない。

長期戦の末、何度もコラッタは倒れた。

ゴロウは悔しかった。トレーニングを続けた。

本を読み、ジョバンニにアドバイスを求め、練習の質もあげた。

コラッタが『いかりのまえば』を習得してからは勝負に勝つことが増えた。

カントーに住むいとこから『みずてっぽう』の技マシンをもらうと、すぐにコラッタに覚えさせた。

彼はコンタのイワークに負けることがなくなった。彼は困難を乗り越えた。誇らしげになった。

ゴロウは夕食の時に母と父に嬉しそうに話した。

「流石、ゴロウだ」と父は褒めた。

「あんまり根を詰めすぎないでね」と母は微笑交じりに心配した。