1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:36:13.28 ID:Ezd7Rl3Vo


昔から、ドキドキすると固まってしまう癖がある。 
小学校の授業参観、中学校で好きな人を屋上に呼び出した時。そして、 

伊織「律子」 

律子「え……っ」 

伊織「なに、ボーっとしてるのよ」 

律子「ああ……ごめんなさい」 


☆関連記事☆

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:37:04.61 ID:Ezd7Rl3Vo


伊織「全く。ちゃんと見てなさいよね? 私達の初ステージなんだから」

亜美「うあうあ、緊張してきたよ……」

あずさ「亜美ちゃん、大丈夫。これまで頑張ってきたんですもの」

伊織「そうよ、亜美。楽しく行きましょう!」

……伊織、声も足も震えてる。


3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:37:33.36 ID:Ezd7Rl3Vo


律子「ねぇ、みんな」

竜宮小町の3人が、一斉に私の方を向いた。
後ろには、これから立つ大きなステージ。

律子「今日は、初めてのテレビ出演よ。完璧にやり切ることも大切だけど、何より自分で納得がいくように!」

あずさ「はいっ」


4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:38:02.44 ID:Ezd7Rl3Vo


律子「ちゃんと、ここから見てるから。安心して踊ってきなさい!」

亜美「よっしゃー! りっちゃん、行ってくるね!」

あずさ「うふふ、頑張りますっ」

伊織「それじゃあね!」タタッ

律子「ええ、行ってらっしゃい!」


5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:38:31.41 ID:Ezd7Rl3Vo


竜宮小町の初めてのテレビ出演、ライブ。
ドキドキが収まらなくて、この前の日は遠足が楽しみな子供のように、眠れなかった。

『みんなー! 竜宮小町でーす!』

律子「……アイドル、か」

アイドルとして活動していたときも、そういえばよくフリーズしたな、と思い返す。


6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:39:17.10 ID:Ezd7Rl3Vo


P「律子」

律子「え……?」

P「ボーっとしてるけど、大丈夫か?」

律子「すみません、なんだか緊張しちゃって」

P「おいおい、心配させるなよ? 今日のファーストライブ、律子のアイドル人生のスタートなんだからな」

律子「分かってます」


7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:39:45.66 ID:Ezd7Rl3Vo


プロデューサーも足が震えていたっけ。下手すりゃ、私より緊張していたのかもしれない。
その心理は、竜宮小町のプロデューサーとなった今なら良く分かる。

P「律子、セットリスト覚えてる?」

律子「ええ。……プロデューサー」

P「うん?」

律子「今日は、私のアイドルデビューの日です」


8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:40:19.49 ID:Ezd7Rl3Vo


P「ああ」

律子「いま、すごく身体が強張っちゃってて。うまく出来ないかもしれません」

P「それは……」

律子「だからっ、今日が成功するように、私の」

声がつっかえた。
自分自身に魔法をかけるように、一度頬を手で叩く。


9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:40:47.24 ID:Ezd7Rl3Vo


律子「私のこと、見ていてください」

プロデューサーはにっこり笑って、分かったと私の頭を撫でた。

P「安心して行って来い、律子!」

律子「はいっ!」

背中を押されて、ステージへ走る。彼の足の震えは、もう止まっていた。


10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:41:33.63 ID:Ezd7Rl3Vo


引退するときは、コンサートの司会をする小鳥さんが隣についていてくれたっけ。

小鳥「律子さん」

律子「……えっ?」

小鳥「あの、ボーっとしてたので……声、かけちゃいました」

律子「すみません、小鳥さん」


11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:42:27.79 ID:Ezd7Rl3Vo


小鳥「もしかして、精神統一の途中だったりしました? それなら、私こそすみません」

律子「いいえ、ただ、緊張してて……」

小鳥「……やっぱり、緊張しますよね。ラストライブは」

律子「……ですね」


12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:43:24.66 ID:Ezd7Rl3Vo


Cランクで引退。マイナーアイドルなのに、引退ライブには、1000人が集まってくれた。
会場の袖から、私のイメージカラーだった、緑色のサイリウムが光る様子がよく見えた。

小鳥「緊張するときは、手のひらに人っていう文字を」

律子「いつのおまじないですか、それ……」

小鳥「えっ、これって今は通用しないんですか!?」

小鳥さんの純粋な気持ちが、私の緊張を和らげてくれた。
人の文字を飲み込んだからか、ラストライブの「魔法をかけて!」は、ものすごく声が伸びた。


13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:44:30.07 ID:Ezd7Rl3Vo


高木「……律子くん?」

律子「は、はいっ!」

高木「どうしたんだね。急に固まってしまって」

律子「すみません……」

765プロの新しいアイドルユニットの企画書。
GOサインが出ると、自分がアイドルだった頃を思い出してしまった。


14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:45:03.32 ID:Ezd7Rl3Vo


律子「昔のこと、思い出したんです」

高木「昔のこと?」

律子「はい。アイドルだった頃とか、竜宮小町のテレビ初出演とか」

高木「ああ、私もよく覚えているよ。……律子くんは、随分と成長したね」

律子「成長ですか?」


15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:45:30.70 ID:Ezd7Rl3Vo


高木「ああ。頼りがいのある、素敵な女性になったと思うよ」

律子「ありがとうございます……照れますね」

高木「あとは、緊張しても固まらないようになれば、一流のプロデューサーだね」

律子「……見抜いてたんですか」

高木「はっはっは、そりゃあね」


16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:46:34.69 ID:Ezd7Rl3Vo


律子「なんだか、お恥ずかしいです」

高木「いやいや、恥ずかしがることなど何もないさ」

高木社長は立ち上がって、社長室に飾ってあるいろいろなアイドルの写真を眺める。
その中には、緑色の光に包まれて笑顔で歌う私の姿もあった。

高木「私はいまでも、キミがステージに立ったら観客を魅了できると思っているがね」

律子「残念ながら、アイドルには戻りません。この企画書のユニットもありますし」


17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:47:11.49 ID:Ezd7Rl3Vo


社長は、それもそうだね、と言って笑った。
でも、まだアイドルとしての私に未練があるのか、言葉を続ける。

高木「しかし、残念だ。律子くんの歌と踊りは、かわいらしい」

律子「それに、社長」

高木「うん?」

律子「私がステージに立ったら、今度こそ緊張でフリーズしちゃいますよ」


18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:47:53.74 ID:Ezd7Rl3Vo


高木「ははっ、それもそうか」

律子「うふふ、ええ。だから、この場所が一番似合っているんです」

高木「プロデューサーとして、緊張で固まらないように。よろしく頼むよ?」

律子「うう、耳が痛い……頑張ります」

失礼します、と社長室を出た。ソファでは、美希と響と貴音が座って仲良く話している。


19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:48:49.61 ID:Ezd7Rl3Vo


そういえば、あんなに緊張していたはずのライブでも、本番では一度も固まらなかった。
プロデューサーに小鳥さん、社長が励ましてくれたから、なのかもしれない。

だから私は、もっと楽しく歌ってもらうために、励ます側に行ったのかもしれない。

律子「よーっし! ねえ、美希、響、貴音!」

私が、この仕事を続ける限り――まだまだ、この胸のドキドキは続く。


20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/07(月) 03:49:37.24 ID:Ezd7Rl3Vo

律子かわいい。ありがとうございました、お疲れ様でした。