1:◆t6XRmXGL7/QM:2017/10/07(土) 02:43:05.45 ID:j2st42DJ0

モバマスSS 
不謹慎鬱注意 
人死注意 
喫煙描写あり 
以下に展開される諸行為はお願いですから絶対に真似しないでください。本当に取り返しがつきません。


2:◆t6XRmXGL7/QM:2017/10/07(土) 02:43:36.85 ID:j2st42DJ0

朝。始まりの朝。 
人々は眠りから目覚め、陽の光を浴び、空の青さに目を潤わせる。 
10月の金木犀の香りは、どこからか突然やってきて、またすぐに消えていく。 
甘く爽やかな香りは、なんだか素敵なご馳走のようで、この匂いを嗅ぐと俺はちょっとだけ元気になる。 
嗅げる時期はごくごく短いもので、来週には散っていることだろう。明日か明後日は雨らしいから、それで見納めだろう。 

始発の電車のベルが聞こえる。始バスの走る音が聞こえる。雑踏の音が聞こえ始める。 
世の中はやはり今日も動いている。俺がいようといまいと関係なく。 
今日も世界は始まった。明日もまた始まるのだろう。 

夏の暴力的な暑さは今や身を潜め、半袖でいればいささか鳥肌すら立つくらいには涼しくなった。 
抜けるような空の青さは、まさに文字通りの青天井で、どこまでもどこまでもその深さは限りを知らなかった。 
正に無限の青であった。