1: 名無しで叶える物語(福島交通) 2017/10/10(火) 00:56:08.89 ID:pGfzrnt8.net

果南「うわぁ…」

ダイヤ「どうしました?」

果南「あっ…いや~……えーっと……?」

ダイヤ「果南さんらしくありませんわね…はっきりおっしゃったらどうでしょうか?」

果南「な、何を……?」

ダイヤ「来週の英語のテストが気になっているのでしょう…?」

果南「て、テスト!?」

ダイヤ「ええ。 今回は範囲が広いですから……私のノートを貸してあげます」

ダイヤ「本来このようなことはいけませんが、休学していたため仕方ありません」

果南「あ、あ~、うん、そうだね…」

ダイヤ「分からないところは何でも言ってくださいね」

果南(言えるわけないじゃん)

果南「うん、あ…ありがと……」



2: 名無しで叶える物語(福島交通) 2017/10/10(火) 00:57:06.27 ID:pGfzrnt8.net

ダイヤ「英語では、特にコミュニケーション英語を苦手とする方が多いです」

ダイヤ「読み書きはともかく聞くことと話すことが難しいと言われています」

果南「うん、表現も大事だよね」

ダイヤ「ええ、手紙の出し方や電話の応対などを英文で答えたりするものも小テストで出題されましたわ…」

ダイヤ「ふぅ…それにしても暑いですわね」

ダイヤ「扇風機でもつけましょうか」

果南「あ、うん…ありがと」

果南「………」

果南(ダイヤのほくろ毛が風でなびいてる……)

果南「んふっ…」


3: 名無しで叶える物語(福島交通) 2017/10/10(火) 00:57:42.25 ID:pGfzrnt8.net

ダイヤ「どうしました?」

ダイヤ「もしかして風邪でしょうか……」

果南「い、いや~…ちょっと喉がつっかえただけだよ?」

ダイヤ「それならいいのですが…」

ダイヤ「あまり無理をしないでくださいね?」

果南「う、うん…ありがと…」

果南「」チラッ

果南「フフッ…」

果南(駄目、笑っちゃだめ…)

果南(だ、ダイヤが傷ついちゃう……)チラッ

果南「クッ……」

ダイヤ「?」