1: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:19:09.52 ID:hPJj6qBz0


ミリP(以下、P) カタカタ

P 「……ふぅ、一段落かな」

P 「それにしても、今日は音無さんも青羽さんもいないなんて……」

P 「……一人だと、やっぱり流石に寂しいな」

P 「……いつもこういう思いばっかりしてるなら、たまには気を使ってあげないといけないかもなー」カタカタ




2: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:19:34.58 ID:hPJj6qBz0

―――――

田中琴葉(以下、琴葉) 「…………」ジーッ


所恵美(以下、恵美) 「……何やってんの琴葉?」


琴葉 「ひゃぁあああ!?」ビクッ

恵美 「わっ、そんなに驚いた?」

琴葉 「も、もう恵美!驚かさないで!」ヒソヒソ

恵美 「もー悪かったってー……」

恵美 「んで、何やってたの?事務所に用があるなら、そのまま入っちゃえばいいじゃん」

琴葉 「そ、それは……その」モジモジ

恵美 「?ま、いいけどさ」スタスタ

スポンサーリンク



3: ◆SESAXlhwuI 2017/10/05(木) 19:20:16.97 ID:hPJj6qBz0

―――――

恵美 「おっはよー、プロデューサー!」

P 「お、恵美!おはよう!」

恵美 「……あれ?今日小鳥いないんだ」

P 「ああ、青羽さんと一緒に研修に出かけちゃってな」

恵美 「そっかー……そういう事なら、ちょっと失敗しちゃったかなー」

P 「何か、音無さんに用事でもあったのか?」

恵美 「うーん……この前小鳥に借りた本、返そうかなーって思ったんだけど」

P 「音無さんから……何借りたんだ?不健全な本じゃないよな?」

恵美 「もー、心配性だねプロデューサーは!ただの恋愛小説だって!」