同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

1: ◆kh6j.ZZqSk:2017/08/27(日) 22:24:44.11 :hVxqWr5Do

――その日、エレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルトら三名の調査兵達は、未だかつてない程の窮地に立たされていた。

人類の大いなる進撃の一歩となる筈であった、第57回壁外調査。

だが、その作戦は、女型の巨人の突然の襲来により、思わぬ妨害を強いられる事となる。

女型の巨人に対し、エレン・イェーガーは巨人化の力を使い、これに応戦。

しかし、女型の巨人の強さは巨人化したエレンの力を遥かに凌駕しており、一時はエレンも女型の巨人に連れ去られてしまう。

が、【人類最強】と謳われるリヴァイ・アッカーマン及び、ミカサ・アッカーマンら両名の活躍によりこれを打破、見事エレン・イェーガーの救出に成功する。

……しかし、女型の巨人の残した爪痕は予想以上に深く、数多の兵と精鋭を犠牲にしたにも関わらず、調査兵団は撤退を余儀なくされた。

だが、それで悲劇が終わった訳ではなかった……。

撤退の最中出現した、奇行種を始めとした数十に及ぶ巨人の軍勢が撤退中の部隊に対し、奇襲を開始。

この奇襲により、部隊は完全に分断され、エレン、ミカサ、アルミンの三名は広大な森の中で孤立してしまう。

巨人との戦闘で消耗しきった彼等では、その数の暴力とも言える膨大な数の巨人に対抗しきれず、三人は……命懸けの敗走を続けていた。

既に馬を失い、信煙弾も切れ、ミカサ・アルミン両名の立体起動装置もガス欠間近……そんな生存は絶望的と思われた状況で奇跡的に見つけた、一本の古木に空いた穴。……三人がそこに身を隠してから、今日で既に三日が経過していた。


これは、そんな彼等の元に訪れた一つの物語。

絶望と恐怖に立ち尽くした彼等に起きた、奇跡の物語である――。