同じSSをまとめているブログ

SS宝庫

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/01(火) 23:28:02.52 ID:DPVrNFKX0

コナン×エ口マンガ先生SS


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/01(火) 23:30:27.37 ID:DPVrNFKX0

ヒュオオオオオオ・・・・・

コナン「妖精の館?」

光彦「はい・・・」

元太「おお・・・」

歩美「ちょっと怖いかも・・・」

灰原「・・・・・」

俺達は今、古びた館の前に立っていた


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/01(火) 23:35:41.56 ID:DPVrNFKX0

光彦「ここは空き家のはずなんですが、たまにピアノの音がするそうです」

元太「マジかよ・・・」

灰原「じゃあ誰が住んでるんじゃないの?」

歩美「で、でもこんな怖そうなお屋敷に人が住むかなぁ・・・」

光彦「それに金髪の女の子を見かけたという話も・・・それでついた呼び名が・・・」

コナン「妖精の館・・・か」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/01(火) 23:39:16.38 ID:DPVrNFKX0

コナン「じゃあ入るか」ガララ

俺は何の躊躇もなく戸を開けた

光彦「ちょ、ちょっとコナン君!?」

歩美「ほ、ホントに入るの・・・」

コナン「しゃーねーだろ、中に俺達のサッカーボール入っちまったんだから」



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/01(火) 23:45:52.93 ID:DPVrNFKX0

ジー・・・

灰原「!!?」ビクッ

コナン「どうした?」

灰原「い、いまあそこから視線を感じたような・・・」

灰原が指差した先は隣の家の窓だった

歩美「あ、歩美も感じたよ・・・」

コナン「気のせいだろ、行こうぜ」

灰原「え、ええ・・・」


仮面の人物「・・・・・」ニヤ


6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 05:33:30.80 ID:cTsDPakD0

5人「お邪魔しまーす!」

俺達は一応挨拶をして入った、だが

シーン・・・

光彦「誰もいないみたいですね・・・」

コナン「あ・・・」

元太「じゃあとっととボール拾って帰ろうぜ」



7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 19:27:26.14 ID:cTsDPakD0

幸いにも、ボールはすぐに見つかった

元太「よっしゃ!」

歩美「じゃあもう出ようよ・・・もう怖くて怖くて・・・」

コナン「そうだな・・・ん?」

~♪

光彦「どうしました?」

コナン「何か・・・ピアノの音が聞こえないか?」