1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 02:22:03.741 :tXChy6cu0.net

チノ「!?なんですかココアさん…脅かさないでください」

ココア「チノちゃん今、ココア飲みたいって言ったよね?」

チノ「い、言いましたが…」

ココア「じゃあ私が飲ませてあげる♪」

チノ「はぁ…どうも」

ココア「じゃあチノちゃん…お口開けて?」

チノ「い、いえ、自分で飲めますので……というかココアまだ作っていないじゃないですか」

ココア「ほら、あーん」ニコニコ

チノ「…つ、付き合ってられないです、私部屋で勉強しますので邪魔しないでくださいね」

ココア「……じゃ…また、夜にね…ふふ…」

チノ「?……………」

深夜2時

チノ「…」Zzz

ココア「おじゃましまーす……」ボソボソ…

チノ「…うーん……むにゃむにゃ」…

ココア「あはは…チノちゃん熟睡だね……」


5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 02:23:31.978 :l+g8rJDv0.net
ココアちゃんの下痢便ココアをチノちゃんお気に入りのカップにブリブリ注いでゴクゴク飲みたい


6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/04/17(月) 02:24:19.420 :tXChy6cu0.net

ココア「じゃあお約束通り…【私のココア】飲ませてあげるね、まずチノちゃんの口を優しく開いてっと……」

チノ「あぐっ……ん…」Zzz

ココア「ん…よいしょ……よし、これでいいかな、えへへぇ…チノちゃんにいまから私特製のヌルヌルココアいっぱいあげるねぇ………」

ココア「ぐちゅぐちゅ………くひのなかれぇ…唾液をいっぱい作って……ジュルル……」

5分経過

ココア「っ………あは、いっぱい溜まったよチノちゃん…これをコップに入れて、唾液ってバレないようにガムシロップ入れちゃえ♪あとついでに…えい!」ポタッポタッ…

ココア「えへ、ちょっと私の血液を入れてみました♪絶対チノちゃん喜んでくれるよね♡」

チノ「…んー…うるさいですね……なんですか…!?…ってココアさん!??な、なんで私の部屋に……なにやってるんdむぐっ!」がばっ!

ココア「はーい、チノちゃーん……お口あーんしてね?」

チノ「な、なんですかそれは!!……嫌です近づけないでください!ていうか意味がわかりませんよ!!
口なんか絶対に開けませn バチーーン!

チノ「…え……」ポカーン…

ココア「…はぁ…うるさいなぁぁ……チノちゃん、お姉ちゃんの言うことが き け な いの か な ?」

チノ「!?………………」ウルウル…

チノ「…ごめんなさい…………」ポロポロ……

ココア「……」ナデナデ…

チノ「…………」ポロポロ……