1:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/01(木) 11:36:06 ID:LPWk6GNE



もし、この世界が一つの物語だったなら。
俺は、巨人を見上げる民衆の一人になりたかったなと。

解散式の夜、エレン.イェーガーはそう云った。


【858年】


ズーン……パラパラパラ……

ガラガラガラ


衛生兵A「輸血の用意を!それと、ガーゼが足りません!!早く補給してください!!」

サムエル「了解!」ガサゴソ

ズゥゥーン……

サムエル「……っと、と」グラッ



13:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/01(木) 11:44:37 ID:LPWk6GNE




※サムエルでリプ来たので書いた

※設定とかだいぶ自己流



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/01(木) 11:36:36 ID:LPWk6GNE

衛生兵B「班長!補給終わったら、傷口の縫合お願いします!!」アセアセ

サムエル「お前でやれ!訓練兵団で習っただろ!?」

衛生兵B「でっ、できません!習ってません!!」ブンブン

サムエル「できないじゃない、やれ!!繕いものと同じだ!!
……ああくそっ、片足の人間をこき使いやがって!!」バタバタ


俺が怒鳴りながら指示を出す間も、次から次へと負傷した兵士が運びこまれてくる。
この野戦病院は、さながら小さな地獄だ。

バターンッ


衛生兵D「ヤクソン班長!!」

サムエル「次はなんだ!!」

衛生兵D「マーレのっ…マーレの先遣隊が突撃してきました!」

サムエル「防衛班はどうした!」

衛生兵D「それがっ…敵の勢いが強く、押されています!このままじゃ、シガンシナ区が…!」


調査兵団がなんてザマだ。リヴァイ兵長が現役だったら削がれてんぞ。
これだから、立体起動が必修じゃなくなったゆとり世代は……。