1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/07(土) 23:50:22.439 :cOhIhL0w0.net

七咲「先輩…ちょっと…相談が」

橘「どうしたんだい逢?」

七咲「その…郁夫の事なんですけど…」

橘「郁夫くん?」

七咲「そうなんです…最近接し方がわからなくなってしまって…」

橘「ハハッ何だか高校生の時も同じ相談を受けてたような気がするな」

七咲「あの時とは少し…いえかなり事情が変わってまして…」

橘「事情?」

七咲「ええ…私から何か言った方が…それともそのままにした方がいいのかもうわからなくて…」

橘「うーんとりあえずどういうことか説明してもらっていいかな?」

七咲「ええ実は…」


6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/07(土) 23:54:41.083 :cOhIhL0w0.net

七咲「郁夫ー?お姉ちゃんにちょっとパソコン貸してもらえ..」

郁夫「スー..スー…」

七咲『寝ちゃってる…そのまま借りてもいいよね..』

カチカチッ

七咲『あ..書き込みの途中だ…』

郁夫『正一にも穴はあるんだよ な…』正一『え?なんだって?』



七咲「え なにこれ」


7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/07(土) 23:55:21.379 :cOhIhL0w0.net

正一『郁夫!郁夫っー!』

郁夫『いいぞ正一!もっと締めろ!』

正一『もう他の女の子を見たりしないよ…』

郁夫『そうだよ…それでいいんだ…』


郁夫「正一ィ…♥」ムニャ

七咲「」


8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/07(土) 23:55:54.521 :cOhIhL0w0.net

...

七咲「どうやら高校の男友達とその…え、エッチなことをしたいと思っているらしくて…」

橘「うーん流石の僕もびっくりだよ」

七咲「私は何かした方がいいんでしょうか…」

橘「まさか郁夫くんがねぇ」

七咲「せ、先輩他の人にはどうかこのことは…」

橘「大丈夫!僕に任せてよ!!」

七咲「先輩…」