最初から


一つ前から


793 : ◆/CNkusgt9A - 2016/07/01 10:51:54.29 BSGGjoiZo 2169/2638

第24章 無限遠点のアルタイル(♀)

2011年7月7日(木)14時30分 雨
私立花浅葱大学附属学園2年生教室


先生「で、あるからして――」


ポツポツ …


まゆり「(せっかくの七夕なのに……雨。天気予報では、お昼には止むって言ってたけど)」

まゆり「(まゆしぃが雨女なせいで、織姫さまと彦星さま、会えないのかな……)」

まゆり「(……オカリンは、牧瀬紅莉栖さんのことが好きだったみたい。でも、あの日、タイムトラベルをして――)」


・・・

『オ、オレはぁっ……グスッ……オレの大事な女の子の命を……ヒグッ……犠牲にしてまでぇ……』

『この、α世界線に、たどり着いたんだぁ……っ!』

『……ねえ、どうしてオカリンは気絶してるの!? どうして血まみれなの!?』

『気絶させたのはあたし。血まみれなのは、牧瀬紅莉栖を刺し殺しちゃったから』

・・・


まゆり「(あれからもう、1年経つんだね……)」

794 : ◆/CNkusgt9A - 2016/07/01 10:52:27.95 BSGGjoiZo 2170/2638

昇降口


るか「まゆりちゃん!」タッ タッ

まゆり「あれ? るかくん、どうしたの?」

るか「急にごめんね……今日ボク、傘を忘れちゃって……」

まゆり「そうなのー? 傘に入れていってあげたいところなんだけど、まゆしぃは先に行くところが……」

るか「あ、そっか……。今日も神田の電機大まで歩くの?」

まゆり「うん……あ、じゃあ、御茶ノ水駅まで送ってあげるね」

るか「うん、そこまで行ければ大丈夫。家に電話して迎えに来てもらうから」

るか「でも、まゆりちゃんは迷惑じゃない?」

まゆり「そんなことないよぉ、大歓迎だよ♪」

るか「よかった……じゃあ、お言葉に甘えることにするね」ニコ