66 : 以下、2... - 2014/02/12 21:03:05.62 qy9X+63DO 1/55

ニャル子「最近、真尋さんのデレが減りましたねぇ……」

ニャル子「ああ、真尋さんのデレが欲しいです……」

ニャル子「何かいい方法はないんでしょうか?」

ニャル子「そういえば、前にクー子と真尋さんが婚約者ごっこしてた時……私は恥ずかしいくらい嫉妬してましたねぇ……」

ニャル子「真尋さんにもクー子にも悪いことしましたね……」

ニャル子「……ん?」

ニャル子「嫉妬……?」

ニャル子「そうだ、この手で行けば……!」キュピーン

元スレ
クー子「ニャル子との関係が姉さんにバレた」

67 : 以下、2... - 2014/02/12 21:23:01.72 qy9X+63DO 2/55

クー子の部屋

ニャル子「クー子!」

クー子「どうしたのニャル子? もしかして愛の告白?」

ニャル子「何言ってやがるんですか!? アンタに頼みがあるんですよ」

クー子「ニャル子、私はいつでも子作りの準備は出来てる」キリッ

ニャル子「…………」

クー子「ニャ、ニャル子……?」

ニャル子「クー子、先に謝っておきます。ごめんなさい」

クー子「ど、どうして謝るの?」

ニャル子「私はこれからクー子に最低な頼みをするからですよ」

ニャル子「私は真尋さんに愛されたい」

ニャル子「だからクー子、私と付き合って下さい」

68 : 以下、2... - 2014/02/12 21:46:29.04 qy9X+63DO 3/55

クー子「…………」

ニャル子「すみませんクー子……やっぱり嫌ですよね」

ニャル子「私はクー子の気持ちを知った上で、こんなこと言ってるんですから」

ニャル子「なんとか自力で真尋さんをデレさせてみせます……」

ニャル子「クー子、今の話は忘れて下さい」

ニャル子「じゃあまた後で……」

クー子「待ってニャル子」ガシッ

ニャル子「クー子?」

クー子「要するにニャル子は、私と突き合うことで少年を嫉妬させる作戦に出たいと?」

ニャル子「え、ええ……でも嫌なんでしょう? てか突き合いませんから誤変換乙です」

クー子「私は別に嫌じゃない」

ニャル子「へ?」

クー子「私は私でそれを利用させてもらうから」