同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

SSなび

森きのこ!

えすえす

えすえすMode



VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/14(日) 15:07:54.93 ID:VWiqlp0v0
~校舎裏~

七咲「ふふっ、そうなんですか。ほんと先輩の話って聞いてて飽きないですね」

純一(お、なんだかいい雰囲気だぞ。このまま顎とか撫でてみようかな)

純一「しっかしなんだな、七咲って猫みたいだよな」

七咲「え?…突然何言い出すんです?」

純一「いや、ほら…何処と無く…かな?」

七咲「何処と無く…ですひゃんっ!?」

純一「うん、何処と無く」サスサス

純一(うむ、いい反応だ!)サスサス

SSWiki :

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/14(日) 15:16:33.68 ID:VWiqlp0v0
七咲「ちょ、ちょっと先輩!何で私の顎なんて撫でてるんですか!」

純一「いやだから、七咲が猫っぽいから」サスサス

七咲「そんなの…んんっ理由になりませんよ…はふぅ」

純一(あれ?てっきり怒られると思ったけど…満更でもない反応だぞ?)サスサス

七咲「って!ともかく今すぐ撫でるのやめてください!」

純一「その割にはえらく嬉しそうにみえるけどなあ」サスサス

七咲「むぅ…そんなことないです…あふっ」

純一(思ったより可愛い反応するからもう少し続けて見ようか)サスサス

七咲「んむっ…くむぅ…駄目…このままだと…」

純一「え?何が駄目って?」サスサスサスサス

七咲「あっ…もう我慢できないです…ひぅっ…!」

純一(顔を上気させ何かを必死に我慢する七咲…これは…)サスサスサスサス

VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/14(日) 15:23:14.81 ID:VWiqlp0v0
七咲「あぁ…!もう出ちゃいそう…!駄目です先輩!見ないで下さいぃ!!」

ニュニュニュッ ポンッ

純一「……ん?」

七咲「あっ……」

純一(あ…ありのまま今起こったことを話そう)

純一(僕は七咲の顎を撫でていたと思ったら、七咲に猫耳と尻尾が生えた)

純一(ご都合主義とかヒロイン補正だとかそんなチャチなもんじゃ、断じてない)

純一(もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…)

七咲「………」プルプルプル

純一「あ、あの…七咲…さん?とりあえず何が起こったのか説明して…」