【モバマス】ケイト「日本文学、面白いデスネ」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/03(日) 09:20:16.06 ID:Xd2+mnG4O

P「お、ケイト。Hallo~。」

ケイト「あ、Pさん。おはよゴザイマス。ちょうど良かったデス。これ、なんて読みマスカ?」


P「あ~、これは○○って読むんだよ。」

ケイト「ありがとうございます。日本語、字がイッパイで難しいデスネ。」

P「あぁ、漢字は日本人でも苦労するからな。仕方ないよ。」

ケイト「それだけじゃないデス。ひらがな、カタカナ、どっちを使うかも、難しいデス。」

P「大丈夫、ケイトが難しいって言ってるのは日本人でも難しいから。」

ケイト「他にも難しいもの、いっぱいありマスネ。」

P「ほうほう、例えば?」

ケイト「えーと・・・ギオンゴ?ギタイゴ?」

P「あぁ、苦労するっていうね。」

ケイト「雪が降るのに、えーと、『しんしん』トカ?音しないのに、不思議ネ。」

ケイト「おなじ雪でも、『サラサラ』とか『ボタボタ』とか、色々ありマスネ。」

ケイト「どれが正しいのか、わからなくなりマス。」

P「それなぁ。実は『これが正しい』っていうのがないんだよ。」

ケイト「Oh!そうなのデスカ?」

P「様子を現す言葉だから、自分が感じたように表現していいんだ。」

P「だから、優れた作家なんかは、オリジナルの擬音語、擬態語を使っていたりするよ。」

ケイト「あ~。この前、文香さんに借りた本も、難しかったデスヨ。」

P「何を借りたんだ?」

ケイト「ケンジ・ミヤザワの本です。」

P「文香めぇ~~~~。」

ケイト「キッズ向けと言われて読んだんですが、良くわからない言葉、いっぱいありマシタ。」

P「宮沢賢治はオリジナルな言葉を使うから、正直、蘭子や飛鳥と会話するより難しいぞ。」

P「色々な学者が研究しているけれど、何を意味しているかわかっていない言葉も結構あるし。」

P「そういう言葉を、文章のイメージから勝手に想像して読むのが、彼の作品の面白さのひとつさ。」

ケイト「文香さんも、そう言ってマシタ。」

ケイト「オリザ、Pさんは何を想像しマスカ?」

P「オリザ、かぁ。俺は・・・稲かなぁ。沼畑とかあるし。」

ケイト「なるほど~。私はやっぱり小麦を想像しマシタネ。」

P「そこはやっぱり食文化の違いだろうな。米が主食の日本と麦が主食のイギリスと。」

ケイト「イギリスの主食、小麦じゃナイネ。寒くて小麦、育たナイデスヨ。だからライ麦パン。」

ケイト「主食は・・・ジャガイモ、カナ?」

ケイト「だから、小麦たくさん揺れている景色とか、憧れマスネ。」

P「なるほどなぁ。だから小麦かぁ。ちなみに、何を借りて読んだんだ?」

ケイト「『グスコーブドリの伝記』デス。こんなに感動する本、初めて読みマシタ。」ウルウル

ケイト「あぁ、思い出しただけでも涙が・・・」

P「また、難易度の高い本を・・・。」

ケイト「色々と説明がついていたから、読めマシタ。あれ、劇でやってみたいデスネ。」

P「文香監督にお願いしてみたらどうだ?喜ぶと思うぞ。」

ケイト「Oh! それ、素晴らしい考えデス!」

続きを読む