【モバマス】嵐の夜と方眼紙


1: ◆cgcCmk1QIM 2017/12/02(土) 23:54:34.81 ID:HqM2UezF0

・アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作です。
・独自解釈を含みます。




2: ◆cgcCmk1QIM 2017/12/02(土) 23:55:27.26 ID:HqM2UezF0


●某所/とあるレストラン

志希「あれー、ほたるちゃんじゃん?」


ほたる「え、あっ、一ノ瀬さん!?」


志希「奇遇だねー。ほたるちゃんもこの店でお昼?」

ほたる「一ノ瀬さん、あの」

志希「あたしはこの『鰹御膳』ってのが気になって―――ん、どしたの?」

ほたる「一ノ瀬さん、どうして高知県に...!?」

志希「えー。ほたるちゃんこそどうして高知県に?」

ほたる「私は、お仕事でPさんとご一緒に...」

志希「あたしはそうねー。なんとなく?」

ほたる「なんとなく、って...一ノ瀬さんが時々失踪するって本当だったんですね...!」

志希「本当だよー?でもまあなんとなくで来ちゃったから、この鰹御膳食べたら素寒貧です」

スポンサーリンク



3: ◆cgcCmk1QIM 2017/12/02(土) 23:56:03.81 ID:HqM2UezF0


ほたる「えええ」

志希「しかしここでほたるちゃんに見つかったら失踪にならないねー。どうしよ」

ほたる「そんなことより、お金ないって。泊まるところは...?」

志希「まあどうにかする?」

ほたる「どうにか、って...あ、Pさんに」

志希「ああ、Pさんにはナイショにしてね。もうしばらくフラフラしてるつもりだから!」

ほたる「えええ。えええ...」

志希「ああ、でもちょーどよかったかにゃあ。実は前からほたるちゃんに聞いてみたいことがあったんだよね」

ほたる「わ、私に?」

志希「そそ。ほたるちゃんにこそ聞きたいこと」

ほたる「...あの、私、学校の成績も普通だし、芸暦も長いわけじゃなくて...」

志希「にゃははは、聞きたいのはそういうことじゃないから安心してー。ね、頼むよー。どうしても聞きたいのー」

ほたる「ええと...」


続きを読む