凛「私がプロデューサーに全力で甘える日?」

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 08:57:48.34 ID:vLDdpeGCO

過去作: 『

の亜種です。NG2人書いちゃったし卯月も書こうかな...





2: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 08:59:49.19 ID:vLDdpeGCO




凛「...」

ペラッ...ペラッ...

P「...」

スタスタ...ストン...
だきっ...

凛「...なんでいきなり隣に座って、しかも肩を抱き寄せてきたわけ?」

P「誕生日だろ?」

凛「意味がわからないよ。それに私、本読んでるんだけど」

P「読書の邪魔はしない」

凛「あ、そ。ならいいけど」

P「ありがとう。ほれ、頭を肩にもたれかけてもいいぞ」

凛「...」

ぽすっ

凛「あ。これ楽だね」

P「だろ」

凛「...」

P「...」

凛「...どうせならさ」

P「うん?」

凛「どうせハグするならさ、もうちょい強めにお願い」

P「...」

凛「少し苦しめくらいが丁度いい」

P「...はいよ」

ぎゅむー

凛「...悪くないね」

P「そっか」

スポンサーリンク



3: ◆hAKnaa5i0. 2017/08/10(木) 09:00:18.03 ID:vLDdpeGCO

凛「...」

ペラッ...ペラッ...

P「...」

なでなで...

凛「...なんで頭撫でてるわけ?」

P「背中の方がよかった?」

凛「いや、そういうことじゃないって」

凛「...」

凛「頭だけじゃなくて、背中もお願い」

P「はいよ」

なでなで...

凛「...♪」

P「あ、いまちょっと微笑んだ?」

凛「本の内容が面白かっただけだよ」

P「『走れメロス』に微笑む要素なんてあった?」

凛「...本読んでるから静かにしてくれる?」

P「はい」


続きを読む