【デレマス銀河世紀】双葉杏「ボーン オブ ドラゴン」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:04:02.17 ID:BPhGW6f80

人類が宇宙に進出し、

地球が寝物語の中で語られるようになった頃。

銀河は、大規模な艦隊戦によって国境が引かれていった。

最高の版図を誇るのは、帝政国家『リューザキ』。

その広大さは、観測可能な領域の50%を占める

次点が『Новый советский(新ソビエト連邦)』。

領域の35%。

最も小さいのは経済同盟体の櫻井クラスタ。

さらに、母星が他の2国に

挟みこまれるように位置している。



スポンサーリンク


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:04:54.16 ID:BPhGW6f80

一見神に見放されているとしか思えない環境だが、

こと経済力に限って言えば、

クラスタはリューザキすら凌いでいた。

15%の中に主要な鉱山惑星や、資源衛星があり、

極め付けは、銀河に存在する企業の

80%がクラスタの関係企業なのである。

この中には無論軍事企業もあり、

リューザキと連邦が戦争になった時には

両国が櫻井製の戦艦を用いていて、

最終的な勝者はクラスタであった、という実話も数多い。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:05:26.20 ID:BPhGW6f80

とはいえ、現在は一応のデタント期。

大規模な艦隊戦は“表面上は”行われず、

なにかしら利益の衝突があった際には、

協議か、シミュレーションによる

宇宙戦によって合意がなされた。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 00:06:14.28 ID:BPhGW6f80

ある時、竜骨座矮小銀河内において、

多数の鉱山惑星が確認された。

発見したのは、リューザキの観測船だった。

この惑星群は、まさに名前の通り、

「龍の骨」となるだろう。

乗員達は喜び勇んで、惑星に上陸した。


続きを読む