藤原肇「黒い悪魔vs私」




1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 18:29:55.28 :5LrJPLotO

ガチャ

パタン

肇「帰りました」

肇「...またゆーてしもーた」

肇「誰もおらんのに......」

肇「はよう慣れんとなぁ、一人暮らし」

肇「......」

肇「よし、お風呂入ろ」

ピー ユハリノセッテイガ カンリョウシマシタ

肇「お風呂沸くまで壺でも眺めとこ」

肇「おじいちゃんがくれた新作、やっぱりええ色合いじゃなぁ」

肇「私にはまだまだ無理じゃなぁ」

カサッ

肇「......?」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 18:33:57.21 :5LrJPLotO

肇「風?でも窓閉まっとるし......」

カサカサッ

肇「......?」チラッ

G「......」

肇「......」

肇「ふぅ......」

肇「......」チラッ

G「......」

肇「......」

肇「ふぅ......」

肇「......」

肇「ゴキブリぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 18:39:22.42 :5LrJPLotO

肇「ウソじゃろ!?ウソじゃろ!?ホンマなん!?ホンマにホンマなん!?」

肇「どっからきたん!?アンタどっから入ってきたん!?」

G「......」カサッ

肇「動くなやぁぁぁぁ!!!!!」

肇「わやじゃな!ホンマわやじゃな!!!」

肇「岡山か?私が岡山じゃからか?岡山じゃから入ってきたんか!?」

肇「田舎者舐めるなやぁぁぁぁ!!!!!」

G「......」カサッ

肇「動くなやぁぁぁぁ!!!!!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 18:50:28.07 :5LrJPLotO

肇「どうしょう?えっと、殺虫剤...ねぇ(無い)!殺虫剤ねぇ!ありません!!!」

肇「で、電話する?誰に?プロデューサーさん?プロデューサーさんに頼む?」

肇「い、いけん(ダメ)!おえん(ダメ)!」

肇「ひ、一人暮らしの女の子の部屋にプロデューサーさんは呼べん!!!」

肇「操は守らんと!!!」

肇「えっと、じゃったら...じゃったら......」

肇「ゴ、ゴキブリに強そうな人...誰?誰?」

omakase...

肇「え、えっと...加奈ちゃんは絶対無理じゃろうし......」

OMAKASE

肇「は、蓮実ちゃんも苦手そうじゃし...じゃったら......」

O・MA・KA・SE☆

肇「瑛梨華ちゃん!!!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 19:00:00.09 :5LrJPLotO

肇「大丈夫そう!瑛梨華ちゃんゴキブリ大丈夫そう!!!」

肇「で、電話!瑛梨華ちゃんに電話!!!」

プルルルル

『もしもーし☆』

肇「え、瑛梨華ちゃん!」

『瑛梨華ちん、ただいま電話に出んわ~☆』

肇「留守電んんんん!!!!!」

肇「おまかせは!?おーえむえーけーえーえすいーは!?」

肇「これじゃから!これじゃから岡山市民は!これじゃから岡山市民はおえん!!!」

肇「ホンっっっマ銭(ぜに)にならん!!!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 20:54:14.06 :5LrJPLotO

肇「そ、そうじゃ!そういやぁ聞いたことある!」

肇「原由実さんっていう人は、部屋にゴキブリが出たときにツイッターいうやつで情報収集したって!」

肇「つ、ツイッター!ツイッター!!!」ポチポチ

肇「......」

肇「わからん!!!やり方わからん!!!」

肇「ガラケーか!私がガラケーじゃけぇおえんのか!!!」

肇「なんでもかんでもスマホなんか!!!!!!」

G「......」カサッ

肇「ジっとしとれやぁぁぁぁもぉぉぉぉ!!!!!」

プルルルル

肇「!?!?!?」ビクゥッ!

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 21:06:05.75 :5LrJPLotO

肇「で、電話!?え、瑛梨華ちゃんかな?」ポチッ

肇「プロデューサーさんか!なんなら!いまそれどころじゃねぇんじゃ!なんならホンマに!!!」

肇「もう!!!」ポチ

肇「......お疲れ様です。藤原です」

肇「え?日時の変更ですか?」

肇「はい。はい。分かりました、4月25日ですね」

肇「え?」

肇「ふふっ。寂しくなんてありませんよ」

肇「思っていたよりも大丈夫そうです、一人暮らし」

肇「はい。はい。それでは失礼します。おやすみなさい」

肇「......」

肇「なんなん!なんなんそれ!いまいる?その伝達いまいるんか!!!」

肇「明日でよかろうがぁぁぁ!!!」

G「......」カサカサッ

肇「動くなってぇぇぇぇオメェ(お前)ほんまにぃぃぃ!!!!!」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 21:13:49.94 :5LrJPLotO

肇「こ、こうなったら仕方ねぇわ」

肇「叩くしかねぇ!」

肇「し、新聞紙あったかな?」

肇「新聞紙...新聞紙...」キョロキョロ

肇「逆から読んでもしんぶんし......」キョロキョロ

肇「......ねぇ」

肇「新聞紙ねぇ!ねぇが!!!」

肇「山陽新聞ねぇんかぁぁぁぁ!!!!!」

肇「もぉぉぉぉ!!!!!」

肇「あんごー(罵倒の際に用いる岡山弁)!!!!!」

肇「ほんまに!ほんまにわやじゃ!ほんまヤッチクソもねぇ(しょうもない、というニュアンスの岡山弁)!!!!!」

肇「銭にならん!!!」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 21:22:56.70 :5LrJPLotO

肇「あっ!!!」

肇「雑誌!!!」

肇「ファッション雑誌があったはず!!!」

肇「楓さんが表紙の!!!」

肇「あ、あれ丸めよう!あれ丸めて叩こう!!!」

肇「楓さんで叩こう!!!」キョロキョロ

肇「おった!楓さんおった!!!」

肇「いける!これでいけるわ!!!」クルクル

肇「...ふぅ」

肇「落ち着け、落ち着け肇、落ち着くんよ」

肇「剣も陶芸もこころは同じッ!」

肇「心気を研ぎ澄ませるんよ!」

肇「宮本武蔵は岡山出身なんじゃけぇ!!!」

肇「スゥ...ハァ...スゥ...ハァ......」

肇「......いきます」

肇「心頭滅却すれば、祇園精舎の鐘が鳴るなり法隆寺ぃ!!!」

肇「えいっ!えいっ!えいっ!」パスンパスンパスン

G「......」カサササ

肇「避けるなやぁぁぁぁ!!!!!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 21:31:29.84 :5LrJPLotO

肇「なんで!なんで避けた!なんで避けたん!!!」

肇「楓さんか!楓さんがいけんのか!川島さんなら良かったんか!!!」

肇「知らんがなぁぁぁ!!!」

G「......」カササ

肇「来るなやぁぁぁ!!!!」ダダッ

肇「なんで来た!?なんでこっち来た!?いま私の番じゃろうがぁ!!!」

肇「......」

肇「テーブルに乗ってしもうた」

肇「どうしょう」

肇「逃げ場がねぇ!!!」

G「......」ジーッ

肇「見るなや!ジッーっとこっち見るなや!」

肇「Gじゃけぇジッーと見るんか!そうなんか!」

肇「面白うねぇわ!!!GO・KI・BU・RI☆か!!!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 22:12:10.80 :5LrJPLotO

ピー オフロガ ワキマシタ

肇「うるせぇわ!!!いまそれどころじゃねぇわ!!!」

肇「......」

G「......」

肇「......」

G「......」

肇「どうしょう......」

肇「と、とりあえずテーブルから降りんと......」

肇「ゆっくり......」ソローッ

ガタンッ

肇「ッ!?!?!?」

G「ッ!?!?!?」カサカサカサカサ

肇「く、来るなやぁぁぁ!!!!!」ポイッ

ガシャーン!!!

肇「壺ぉぉぉ!!!!!」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 22:18:55.28 :5LrJPLotO

肇「投げてしもうた!おじいちゃんの壺投げてしもうた!!!」

肇「割れてしもうたぁぁぁ!!!!!」

肇「......あれ?」

G「......」ピクピク

肇「......」

肇「......」

肇「......」ソロリ

肇「えいっ!」パスン

G「......」

肇「......」

肇「......勝った」

肇「藤原肇、勝ちました!!!」

肇「ありがとうおじいちゃん!!!」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 22:32:47.23 :5LrJPLotO

東京の街はとても賑やかで
土の匂いもしなくて
まだまだ戸惑うことばかり

だけど私はこの街で
輝いていきたいって
そう思うから

そう
故郷から遠く離れた
この街で

肇「......」

肇「...って、ポエム読んどる場合じゃねぇな」

肇「片付けんと」

肇「と、とりあえずティッシュにくるんで......」

ガサッ

肇「......」

肇「......」

肇「......ふぅ」

肇「......」チラッ

アシダカ「......」

肇「......」プルルルル

肇「もしもし、プロデューサーさんですか?」

肇「私の部屋に、来ませんか?」


お し ま い

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/04/18(火) 22:36:20.70 :5LrJPLotO

終わり!
普段は慎ましい女の子が方言で喚いてるのって、良いですよね
読んでくれた方、ありがとうございました!

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
タグ :
続きを読む