【デレマス】森久保乃々「おおきなP」



1: ◆oCJZGVXoGI 2017/03/20(月) 23:18:16.20 ID:Wrh0CGx80

皆さんおはようございます。え、今は朝じゃない?すみません、どの時間であっても挨拶は“おはようございます”だと教わったのでつい......。失礼なもりくぼはこれにて帰らせていただ...あ、はい、わかりました続けますけど......。

......あれは私がいつものように机の下の定位置に行こうとした時のことでした。その日は思いもよらない人物が先客として居座っていました。

2: ◆oCJZGVXoGI 2017/03/20(月) 23:20:30.97 ID:Wrh0CGx80

「や、やぁ森久保。待っていたよ」

そこには、いつも私に仕事をさせるいじわるなプロデューサーさんがいたんですけど......。なんですかこれ、新手のいじめですか......?

身も心も小動物な私と違って大柄なプロデューサーさんは、なぜが強引に机の下に潜り込んだみたいで物凄く窮屈そうなんですけど......。まるでしまっちゃ○おじさんに仕舞われたぼの○ののように......。

「お、おはようございますプロデューサーさん......。もりくぼは居場所がないので帰らせて頂きます......」

私がそう言って机を後にしようと背を向けると、後ろから焦った声が聞こえました......。

「ま、待ってくれ乃々。帰るならせめてここから出るのを手伝ってくれ!」

あぁ、私は何も見なかったし何も聞こえなかった。そういう事にしておうちに帰りたいんですけど......。でもそうしたらきっとプロデューサーさんは私にたくさん仕事をさせようとして......むぅーりぃー。

「て、手伝ったら帰ってもいいですか......?」

どうせダメと言われるんですよね......。そんなのは百も承知なんですけど......。

「き、今日に関してはレッスンのみだからそれで構わん。とにかく手伝ってくれ」

ど、どうしましょう......。あのプロデューサーさんが私の意見を通してくれたんですけど......。雪でも降ってくるんでしょうか......?

私はプロデューサーさんの、私の足より太い腕を引っ張りました。......ピクリとも動かないんですけど。よく考えたら、私2人分より体重の重いプロデューサーさんを引き抜くなんてむぅーりぃー......。


続きを読む