同じSSをまとめているブログ

SSなSPECIAL

1 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2010/11/04(木) 20:25:32.78 1FObQ2lg0 1/43

別に兄貴の部屋に入ったのは特にやましい事があったわけではない。
ただ貸していたゲームを回収する為だけに入ったのだ。
しかし、机の上に上にあったのは、袋が繋がったコンドームだった。

「しかも、1個は使用済みだし…」

兄貴がこんなことしてるかと思うとゾっとする。

「キモッ」

想像しただけで思わず言葉が出てしまった。

…でも、誰とだろう。
まさかあの地味子?
ははは、まさかね。
あの女がそうそう簡単に股を開くとは思えない。
と、言っても他に女友達なんていたかしら…

元スレ
桐乃「兄貴の部屋にコンドームがあった件」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1288869932/

7 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2010/11/04(木) 20:36:40.75 1FObQ2lg0 2/43

横にあるパソコンに目が行く。
私は思い立ったかのように電源を入れる。

「まさか、SNSでセフレなんてオチは…」



が、ない…過去の履歴を見ても、特にやましいものはなかった。
じゃあ、もしかして「シスカリ」で…?





「う…こ、これは…」

なんと糞兄貴は私に内緒で黒猫や沙織とチャットしていた。

8 : 以下、名無しにかわりましてVIP... - 2010/11/04(木) 20:40:07.27 1FObQ2lg0 3/43

私は混乱した。
まさか彼女たちと?
そんなことあるわけないわよね?
だってまだ知り合ったばっかだし。
私抜きで会うなんて絶対有り得ない。
大体、私に黙って童貞捨てようなんて100万年早いんだっつーの!
何ちょーしこいたことしてくれてんのよ。

「ふざけやがって、糞あn「誰がふざけてるって?」

はっ…その声は…

「お前、何勝手に人の部屋入ってるんだよ」

ぎこちなくドアの方へ首を向ける。

「ただいま」

「ひっ…あ、兄貴…帰ってたんだ…」

私はなぜか震えていた。
悪いのは私じゃないのに。
こんなものを机の上においた兄貴が悪い。
なのに…何で私がこんなに慌てなきゃいけないのよ。