1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 19:38:14.32 ID:UcZguNox0
俺妹SS、原作最終巻以降の話。

桐乃と京介しかでてきません。以下投下


桐乃「ちょ、ちょっとこんなとこでダメだって…!」

俺は桐乃の細い腰に這わせていた手を止めずに問う。

京介「なんでだよ?」

桐乃「ばか!ここリビングでしょ!?お父さんたち帰ってきたらどうすんの!」

SSWiki :




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 19:40:43.39 ID:UcZguNox0
京介「さっき出て行ったばっかだろ?こねーって」

そう言って桐乃の首すじに顔を近づける。高級であろうシャンプーの、花のような香りがした。

京介「桐乃」

桐乃「うひゃ!?ちょ、待ってって!じゃあせめて部屋行こ!」

京介「無理」

桐乃「このばかっ…!いい加減に…んっ」

首すじを舐めると、桐乃が甘い声をだした。



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 19:45:33.13 ID:UcZguNox0
桐乃「ねえお願いだから…」

桐乃が鼻声になっているのに気づく。
少し調子に乗りすぎちまったかもな。

京介「悪い。やりすぎた」

俺は桐乃から離れ、ソファに少し距離をおいて座った。



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 19:53:39.77 ID:UcZguNox0
桐乃は赤い顔をしながら、若干乱れてしまった衣服を正す。

桐乃「あんたねぇ、最近ヒドすぎ!ばれちゃったらどーすんのよ!」

京介「んなこと言って、出先でも隙あらばキスしたがるのはどっちだよ?親父たちもいるっていうのに」

桐乃「ぐぬぬ、それは…!」

京介「はいはい、キス魔は黙ろうなー」

桐乃「キス魔いうな!あーもう、怒ったからノド渇いたじゃん!サイテー!」

喉が渇いたくらいでサイテーな気持ちになるのがわからん。

桐乃はぷりぷりしながらキッチンへ向かい、ミネラルウオーターをコップに注いだ。