1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/30(日) 15:38:24.26 ID:ERsy1e7MT!

桐乃「ぅふぇふぇwwww」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/30(日) 16:45:28.66 ID:cl3tV31AO

桐乃「しゅごぉぉおい!!しゅごごごごwww」ビクッビクッ

沙織「きりりん氏!しっかりするでござる!」

桐乃「らってぇぇぇ!!兄貴のwwwチンポががガスペシャルぅぅううww」ガクガク

沙織「きりりん氏ぃぃいい!ここマックなんだけどぉぉぉ!?公共の場なんだけど!?」

黒猫「と、まあこれが私が新たに手にいれた闇の力よ…」

沙織「黒猫氏!はやく催眠術を解いてくだされ!他のお客の視線が痛いでござる!!」

黒猫「そ、そうね…さすがの私も恥ずかしくなってきたわ。」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/30(日) 16:59:30.83 ID:cl3tV31AO

沙織「いや~、お二人のおかげで大変な目にあってしまいましたな」ヤレヤレ

桐乃「このクソ猫!あんたのせいでおお恥かいたじゃん!」ポカポカ

黒猫「ちょっと、八つ当たりは止めて頂戴。貴方が言ったんじゃない」

桐猫『はぁ~?催眠術ぅ~ww流石邪気眼電波女ww
黒魔術だの催眠術だのそんなことばっかやってるからボッチ何だっつのwww』

桐乃「似てないからやめろっ!」バッ

桐猫『なら試しに私にかけてみなさいよwww成功したら?
デカ女と同じ格好して学校登校してやるわよwww
なんならニコ動にうPしてやってもいいし~www』

桐乃「ぐぬぬ…だからって!何もあんな場所であんな内容の催眠術はないでしょ!?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/30(日) 17:12:08.79 ID:cl3tV31AO

黒猫「あら?内容は任せるって言ったから
ビッチが喜びそうなのを選んであげたのよ?寧ろ感謝しなさい?」

桐乃「こっ…こっここの…」イライラ

黒猫「あら?鶏の真似かしら?」

桐乃「ぶっ殺す!」ガバッ

黒猫「」指パッチン!

桐乃「ふぇぇ…兄貴ぃぃ…指がとまらないよぉ~」クニクニ

沙織「きりりん氏ぃぃいい!ここ秋葉!秋葉の路上ぉぉお!!」アタフタ

桐乃「兄貴ぃ…兄貴ぃっ!桐乃のここ、もうこんなにびちょびちょなんだよぉ…」スリスリ

ざわ…ナンダナンダ?ざわざわ…ドウカシタノ?ざわ…

黒猫「ふん…」パッチン
桐乃「はっ!?私…一体なにを?」

ざわ…オンナノコガイキナリロジョウでオナニーハジメタンダッテ!ざわ…

桐乃「うわぁぁぁあああああ////」ダッ

沙織「きりりん氏ぃぃぃぃいいい!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/30(日) 17:21:01.98 ID:ILGHjNo0O