1 : 以下、5... - 2021/02/14(日) 21:07:14.136 VPmp3MXM0St.V 1/13 昔々ある所に童貞のおじいさんがおった。 江戸時代くらいじゃから60にもなって童貞というのは今よりもめちゃくちゃヤバい事じゃった。 それでも家督は兄が継いでおったし、奉公先でも不思議と縁が無かったので、無理して嫁を取ろうとは思わなかったのじゃった。 今は山奥の村に移り住んで、柴刈りをしてのんびり暮らしておった。 童貞爺「もう出家とかしようかのう…でも酒好きじゃし今更仏道とか面倒じゃし…」 そんな事を思っているうちに、童貞は普段入らない森の奥に迷い込んでしまった 童貞「はて、こ...