1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/25(月) 19:53:20 ID:2duvvP0A「生きることに何の意味があるのだろう・・・僕にはわかんないや・・・」 少年がつぶやく。黄昏時に一人さみしく路地を歩きながら。 賑やかな繁華街の裏にあたるその通路は、何一つ気配を感じない、 地獄のような静けさがあった。 少年は人々から避けられる。帰路はすべてその通路を通らなければならない。 人間とも出会うこともなくただひたすら歩く。 転載元: posted with 谷川 俊太郎 福音館書店 売り上げランキング: 6,004 2 :以下、名無しが深夜に...