1: ◆2DegdJBwqI:2014/01/05(日) 12:21:47.23 ID:Rosb0CWbo〜☆その頃の私は、本当に心通じ合える友達が欲しくてたまらなかった。だってあの日、あっさり用意や覚悟もないまま両親と死に別れて、そのまま独りぼっちの人生へと投げ出されてしまったのだから。魔法少女としての契約を行い生き延びて、戦いに身を晒し過ごす私の毎日。それほど他の魔法少女と対立することはなかったけれど、だからといって深い繋がりを持てたことも、ただ一人を除いてなかった。その唯一心通じ合えると思った佐倉さんとは、当時、不本意ながら袂を分かってしまっていた。魔法少女としての非日常。そして、普...