同じSSをまとめているブログ

SSマンション

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/03(土) 17:29:08.68 ID:H42Us67f0【涼宮ハルヒの憂鬱と妖怪ウォッチ】自分が「猫」だった頃、大好きだった人がいる。太陽のようにまぶしい笑顔。己の頭を撫でる柔らかな手のひら。己の名を呼ぶ凛としたその声。注がれる全てが優しさに溢れていた。『よーしアカマル、散歩に行くわよ!』そんな彼女、涼宮ハルヒが毎日のように、自分に告げた言葉がそれだった。自転車のかごに乗せられ、住宅街や公園を過ぎ、緩やかな坂を駆け上って風と共に流れてゆく街の景色を眺めるのが好きだった。彼女と共に見る世界の全てが、幸福そのもので...