1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 15:57:28.44 ID:XSpoxcBcO

アインクラッド時代のキリアスです。
10層あたりを妄想して書いてるのでアスナさんがツンツンしてます。


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 15:58:44.06 ID:XSpoxcBcO

キリト「………」ゴゴゴゴゴゴゴ!

アスナ「………」ゴゴゴゴゴゴゴ!!

エギル「お、おい、どうしたんだ二人とも?」

キバオウ「ジブンら、今は迷宮区の作戦会議中や!ちゃんと話をー」

キリト・アスナ「「黙れ」」

キバオウ「」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 16:00:36.23 ID:XSpoxcBcO

クライン「とりあえず今は落ち着けって2人とも!ここは男、クラインが話を聞いてー」

キリト・アスナ「「………」」ギロッ

クライン「なんでもないです」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 16:02:00.00 ID:XSpoxcBcO

アスナ「それで、なに?怒る?君が?私に?」

キリト「ああ、そうだ。今回ばかりは俺も引き下がるわけにはいかない」

アスナ「何よそれ?いつも自分が譲歩してあげてる、みたいな言い方しないでくれる?貴方がいつも変なことするからでしょ!?」

キリト「人聞きの悪い言い方するなよ!?」

アスナ「この前、私が着替えてる最中にノックもせずに部屋に入ってーー」

キリト「その件についてはすみませんでしたーー!!」ドゲザ

アスナ「……ふん//」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 16:03:07.27 ID:XSpoxcBcO

クライン(…てか)

エギル(…………同じ宿に泊まってるのかこの二人??)

アスナ「貴方が悪事を働かなければ私だって怒ったりしないわ」

キリト「ま、まぁ確かにこの前のは俺が悪かったかもしれないけど……」

アスナ「…かもしれない?」ギロッ

キリト「…俺が全面的に悪かったんですけど…」ショボン

アスナ「……けど?」

キリト「今回のはおかしいだろ!?」