1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 20:20:49 ID:tTf2rKCc
魔法使い「やあっ!」ドーン!

魔物「ぎゃああ!」

勇者(集中して戦えないって……)チラ

勇者(今日はピンクか……)


転載元:

posted with
KADOKAWA / 角川書店 (2018-10-01)
売り上げランキング: 278
8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 20:48:21 ID:yAOk9eVU
魔法使い「!」バッ!

勇者「あっ!」

魔法使い「あ、アンタ……!」カアアー

勇者「い、いや!ちがっ!」

魔法使い「ふんっ!」ドゴオッ!

勇者「ぐああ!」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 20:52:00 ID:yAOk9eVU
魔法使い「変態!」ダダダ

勇者「ぐ……」

僧侶「大丈夫ですか勇者さま?」

勇者「僧侶……」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 20:58:51 ID:jN1PiCj2
勇者「いってー……」

僧侶「すぐ回復しますので、我慢してください」

勇者「杖で思いっきり殴りやがって……」

魔法使い ツーン 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:02:27 ID:.reVrODw
僧侶「でも、勇者さまも少しいけないと思いますよ?」

勇者「まあそれは……わかってるけどさ」

僧侶「男の方はどうしてもそういうところに目がいってしまうというのは、私もわかりますが……」

僧侶「それでも、やっぱり見られる側は、恥ずかしいですから」

勇者「く……」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:10:44 ID:X5fUMfqU
勇者「でも、あんな短いスカートで激しく動かれたら見ちゃうよ。戦士もわかるだろ?」

戦士「…………」フルフル

勇者「否定すんのかよ……やっぱり無口だな、おまえ……」

僧侶「まあ戦士さまと違って、勇者さまがまだお若いというのもあるかと思いますが……これからは少し控えたほうがいいですよ?」

勇者「わかったよ……」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:27:52 ID:mi7VPoTA
僧侶「あの門をくぐれば次の街ですよ」

勇者「丘の上にできてるんだな」

僧侶「戦いの後で疲れているのに階段はちょっとキツいですね」

魔法使い「!」バッ!

勇者「な、なんだよ?スカートおさえて……」

魔法使い「……先に行って、階段」

勇者「え?」

魔法使い「さ、き、に、いっ、て」ゴゴゴ

勇者「は、はい……」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:36:07 ID:3kVjjwoI
宿屋「すみませんねえ、今部屋は1つしか空いてなくて……」

勇者「え、マジですか?」

宿屋「はい。大部屋ですので四人でも大丈夫だとは思いますが……」

勇者「うーん、じゃあそうするか」

僧侶「そうですね、旅を始めたばかりのお金がない時はいつもそうでしたし」

勇者「よし、それじゃ……」

魔法使い「いやよ!絶対いや!」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:46:40 ID:vf65Lvns
勇者「え?」

魔法使い「なんでこんな○○○と一緒の部屋で寝なきゃいけないの!?絶対いや!」

僧侶「魔法使いさま、落ち着いて……」

魔法使い「戦闘中だってのに人のスカートの中覗くような変態よ!?寝てる間に何されるかわかんないじゃない!僧侶さんも女ならわかるでしょ!?」

僧侶「いえ、それは……」

勇者「し、しないよそんな事……」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:53:19 ID:vf65Lvns
魔法使い「…………」ジトー

勇者「しないよ……」

僧侶「とりあえず魔法使いさま、今回はゆずってください。ほかに宿もありませんし」

魔法使い「……わかったわよ」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:08:09 ID:yDjDZ1fQ
風呂

魔法使い キョロキョロ

僧侶「どうしました?」

魔法使い「……あいつ、覗きとかしに来るかと思って」

僧侶「さすがにそれはないと思いますよ」

魔法使い「でも……」

僧侶「背中、流しましょうか?」

魔法使い「……お願いします」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:16:29 ID:6UGG2yOY
男風呂

勇者「あーあ……」

勇者「ちょっとした○○○心で、随分と信頼なくしちまったな……」

戦士「…………」ゴシゴシ

勇者「なあ、やっぱこれってまずいよな?」

戦士「…………」コク

勇者「だよなぁ……」

戦士「…………」スッ

勇者「ん?ああ、終わりか、サンキュー。次はそっちの背中流すよ」

戦士「…………」コク 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:18:54 ID:6UGG2yOY
魔法使い「アンタ、そっちで寝てよね」

勇者「わかってるよ……」

魔法使い「僧侶さん、隣で寝てください、戦士さんはあの変態の隣で」

僧侶「わかりました」

戦士「…………」コク

勇者「…………」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:22:14 ID:6UGG2yOY
深夜

僧侶「すーすー……」

戦士「…………」

魔法使い「くー……くー……」

勇者「んん……」モゾモゾ

勇者「ふああ……」ムク

勇者「トイレ……」フラフラ 


27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:23:43 ID:6UGG2yOY
パタン

勇者「ふう」

勇者「寝なおすか」フラフラ

ガッ

勇者「うわっ?」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:25:43 ID:6UGG2yOY
ドサッ

勇者「いってー、なんだ?」

勇者「戦士の荷物につまずいたのか……」ムニュ

勇者「ん?」

ムニュムニュ

魔法使い「んっ……あっ……」ピクン

勇者「!」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:32:50 ID:kWgj0Aek
勇者「や、やべ……!」

魔法使い「ん……?」パチ

勇者「あ……」

魔法使い「…………」

勇者「…………」

魔法使い「ひっ、ひっ……」ジワア

勇者「こ、これは違っ」

魔法使い「いやぁああぁあぁああぁあ!!!」ドゴオッ!

勇者「ぐああああ!!」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:36:42 ID:LSC6OzmE
戦士「!」ガバッ!

僧侶「何事ですか!?」ガバッ!

魔法使い「ふー……!ふー……!」ブルブル

勇者「や、やめろ!それ俺の剣だって!マジでケガするって!」

魔法使い「あ、アンタなんか……!アンタなんか……!」ブルブル

勇者「ひぃいぃい!?」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:41:11 ID:UXzbwuac
僧侶「そ、それはいけません!」

戦士「…………」ガシッ

魔法使い「な!?ちょっと離して!邪魔しないでください!」バタバタ

僧侶「ダメですよ、本物の剣できってはもうたんこぶじゃすみません」

魔法使い「いいじゃないですか!セクハラされた女の子の気持ちわからせるために、切り落として女の子になってもらうんだから!」バタバタ

勇者「ひぃいぃい!?」バタバタ 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:46:02 ID:R2JFQr1s
僧侶「なるほど、つまずいて転んでしまったと」

勇者「うん……」

僧侶「ほら、事故だったようですし」

魔法使い「……なんで簡単にこの変態の言うことを信じるんですか……」

僧侶「仮に本当に襲うというなら、私と戦士さんを仲間にする前にしていたと思いますよ」

戦士「…………」コク

魔法使い「ふん……」

勇者「……ごめん」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:51:54 ID:wtGSZSGo
勇者「俺、今日は宿の外で寝るよ……」

魔法使い「え……」

僧侶「ダメですよ勇者さま。あと数時間で夜明けとはいえ、まだ外は冷えます」

勇者「いや、変なとこ触ったのはほんとだしさ……不安にさせてもまずいし……」

魔法使い「…………」

僧侶「…………」チラ

魔法使い「…………」プイ

僧侶「はあ……」

僧侶「わかりました。でも、毛布は持っていってくださいね」

勇者「わかってる」

戦士「…………」スッ

勇者「あ、ありがと」

魔法使い「…………」

魔法使い「…………」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:54:12 ID:wtGSZSGo
宿の外

勇者「うー、さむ……」

勇者「まあ一人の時はよく野宿してたしな、はは……」

勇者「へっくし!」

勇者「さむ……」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 22:57:48 ID:X5fUMfqU
宿

僧侶「すーすー……」

戦士「…………」

魔法使い「…………」

魔法使い(ちょっと言い過ぎたかな……)

魔法使い(でも、アイツが○○○なのが悪いんだもん……)

魔法使い(でも、外で寝かせることなかったかな……)

魔法使い(アイツ……寒いだろうな……) 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:01:53 ID:aZTU901k
翌朝

勇者「よし、じゃあ出発しよう」

僧侶「勇者さま、大丈夫ですか?」

勇者「大丈夫だよ、たった数時間だったし」

僧侶「ならいいのですが……」

魔法使い「…………」

勇者「この街からでて森に入るとまた魔物が出ると思うから、戦闘準備だけはしておいてくれ」

僧侶「わかりました」

戦士「…………」コク

魔法使い「……わかってるわよ」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:04:28 ID:aZTU901k
森の中

魔物「グオオオオ!」

魔法使い「やっ!」ドーン!

勇者(見るな見るな見るなよ俺!)

僧侶「はあ……」

戦士「…………」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:09:20 ID:IydcLfPc
勇者「ふう、終わったか」

僧侶「勇者さま」

勇者「ん?」

僧侶「今の戦いで使ったぶん、薬草が減ってしまいました。近くにあるものを採りにいきたいのですが」

勇者「あ、そうだな、そうしよう」

僧侶「いえ、私と魔法使いさまとで行ってきますので、お二人はここで休んでいてください」

魔法使い「えっ?」

勇者「え?いいのか?」

僧侶「はい、二人とも武器を使うのですから、私たちよりお疲れでしょう」

戦士「…………」コク

勇者「んー、じゃあそうしようかな」

僧侶「はい、いきましょう魔法使いさま」

魔法使い「は、はい……」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:13:27 ID:VO3wsXVg
勇者「はー、んじゃ、休むか」

戦士「……勇者」

勇者「へ!?」

戦士「……話がある……」

勇者「き、急に喋るなよ、びっくりした……」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:16:43 ID:hdNlv1Cg
戦士「先ほどの戦い……あまり動きがよくなかった」

勇者「…………」

戦士「魔法使いのほうを、見ないようにしていたな?」

勇者「そうだよ……」

戦士「昨日あんな事があっては無理もないが……それでは連携もとりづらい」

勇者「わかってるけどさ……あれ以上嫌われたらまずいだろ」 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:20:12 ID:nwTnxofY
戦士「それもそうだ……だから……」

勇者「だから?」

戦士「一度、しっかり謝って、話しあったほうがいい……」

勇者「…………」

戦士「それに、俺も僧侶も、おまえたちには幸せになってほしいと思っている……」

勇者「な!?は、はあ!?」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:23:47 ID:mrVtFkT6
戦士「見ればすぐわかる……俺のようなやつでも」

勇者「く……!おまえがわかるってことは、僧侶もか……」

戦士「…………」コク

勇者「くそ、そんなにバレバレかよ……どんだけわかりやすいんだ俺……」

戦士「場は、俺達が用意する……おまえはきちんと魔法使いと話し合え」

勇者「わかったよ……」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:27:03 ID:nVDw0ArA
次の街の宿

僧侶「すみません勇者さま、お金の問題で今日は二部屋しかとらないほうがよろしいかと」

勇者「ん、二人部屋な。悪いな、金の管理任せて」

僧侶「いえいえ」

魔法使い「どういうふうに分けるか、わかってるわよね?」

勇者「わかってるよ……」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:29:37 ID:XaVU6VDY
宿屋「いくつ部屋をお使いでしょうか?」

勇者「二人部屋で」

宿屋「わかりました。二階の奥の部屋とその隣でございます」

勇者「わかりました」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:31:17 ID:RtJpt5gI
勇者「こことここか」

魔法使い「アタシたちはこっちね、いこ、僧侶さん」

僧侶「はい」

戦士「ぐ……」ドサッ

勇者「え!?」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:34:12 ID:rpR8RqOQ
魔法使い「戦士さん!?」

僧侶「大丈夫ですか?戦士さま?」

戦士「ぐ……腹が……」

僧侶「お腹を痛いのですか?これは大変ですね」

戦士「ぐ……」

僧侶「勇者さま、魔法使いさま」

勇者「な、なんだ?」

魔法使い「なんですか?」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:39:13 ID:sdWcEwlk
僧侶「私は今晩、戦士さまの看病をしなくてはならなくなりました」

勇者「あ、ああ」

魔法使い「はい……」

僧侶「ですので、私と戦士さまで、一部屋使わせていだきます。お二人はもう一部屋で今晩ともにお過ごしください」

勇魔「えぇええぇ!?」 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:45:36 ID:tTf2rKCc
魔法使い「な、なに考えてるんですか!どうしてこんな獣と!」ギリリリ

勇者「いででででで!耳ひっぱるな!」

僧侶「あら、二部屋しか借りられないのですから仕方ないでしょう?」

魔法使い「で、でも……」

僧侶「それとも、魔法使いさまが戦士さまを看病なさいますか?魔法使いさまは回復魔法は使えないはずですが……」

魔法使い「う、うー……」

僧侶「それか、また勇者さまが外で寝ることになるかですが……」

魔法使い「あ……」

勇者「い、いいよ、俺はそれでも……」

魔法使い「い、いいわよ……」

勇者「え?」

魔法使い「風邪とかひかれても迷惑だし……今日はしなくていい……」

僧侶 ニヤ

戦士「…………」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:50:55 ID:kpLhY.KQ
戦士「ふう……」

僧侶「お疲れ様です」

戦士「あとはあいつら次第だな……」

僧侶「気になりますか?」

戦士「……おまえはどう思う?」

僧侶「まあ、大丈夫でしょう」

戦士「…………」

僧侶「あのこたちはまだ若いですから。あんなすれ違いくらい、なんとでもなりますよ」

戦士「……そうだな……」 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:53:03 ID:kpLhY.KQ
魔法使い(う、うー……!)

魔法使い(きょ、許可はしたものの、一晩こいつと一緒とか……)ドキドキ

勇者「な、なあ」

魔法使い「えっ!?な、ななななによ!?」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:55:01 ID:kpLhY.KQ
勇者「その、ごめん」スッ

魔法使い「え……」

勇者「嫌な思い、させちゃったから……」

魔法使い「…………」

勇者「ごめん」

魔法使い「……はー……」 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:57:06 ID:kpLhY.KQ
魔法使い「いいわよ、顔をあげて」

勇者「え?」

魔法使い「アタシも、言いすぎたし……許してあげる」

勇者「……ありがとう」

魔法使い「ん……」コク 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 23:58:46 ID:kpLhY.KQ
勇者「あの、それでさ……」

魔法使い「え?」

勇者「もう一つ、話があるんだけど……」

魔法使い「う、うん……」 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:01:10 ID:Be9444tA
勇者「俺は、その……」

魔法使い「うん……」

勇者「…………」

魔法使い「な、なに?早く言いなさいよ」 

勇者「ま、待てって、心の準備必要なんだから」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:02:46 ID:Be9444tA
勇者「すー、はー……」

魔法使い「…………」

勇者「よし……」

魔法使い「…………」

勇者「俺は……魔法使いのことが好きです」 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:05:18 ID:haPUDalU
魔法使い「え……?」

勇者「…………」

魔法使い「えっ!?ええっ!?」

勇者「驚きすぎだろ……」

魔法使い「な、なに言ってんのよアンタ!そんな急に、ええっ!?」

勇者「ほ、本気なんだ!」ガシ

魔法使い「あ……」 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:07:36 ID:haPUDalU
勇者「旅をして最初にできた仲間で、いろんなところで助けられてるうちに、好きになってた」

勇者「だから、俺の恋人になってくれ」

魔法使い「…………!」 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:10:13 ID:kAjXc4eA
魔法使い「と、とりあえず……」

勇者「ん?」

魔法使い「肩、痛い……」

勇者「ご、ごめん」パッ

魔法使い「…………」ドキドキ 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:11:45 ID:kAjXc4eA
勇者「それでその、魔法使い」

魔法使い「え……?」

勇者「へ、返事は……?」

魔法使い「……ばか」 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:15:21 ID:kUXdmf8.
勇者「え?」

魔法使い「こ、こっちだって……アンタがいなきゃ自分の村も助けられなかったし……」

魔法使い「それ以外でも、いっぱい助けてもらったりしてるんだから……」

魔法使い「好きにならないわけ……ないじゃない……」

勇者「…………!」 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:17:39 ID:6Va6pVBw
勇者「ありがとう」

魔法使い「お、お礼言うようなことじゃないわよ」

魔法使い「アタシだって、アンタのこと好きなんだから……」

勇者「魔法使い……」ギュ

魔法使い「ん……」ギュ 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:21:43 ID:fq1it.nY
勇者(あったかい……)

魔法使い「ね、ねえ……」

勇者「ん?」

魔法使い「す、好きなのはほんとだけど……すぐにその……○○○なこととかは、ダメなんだからね……」

勇者「は、はあ?」

魔法使い「そ、そういうのは、ちゃんと時間と手順踏まないと、ダメなんだもん……」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:23:56 ID:YJK7.5ws
勇者「おまえな、人をどれだけ飢えてると……」

魔法使い「だってアンタ、変態じゃない」

勇者「もう勘弁してくれ……」

魔法使い「ふふ……」クスクス 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:26:20 ID:Ok5wSXCM
勇者「じゃあさ」

魔法使い「ん?」

勇者「キスは?」

魔法使い「…………」

勇者「…………」

魔法使い「それなら……いい……」

勇者「ん……」スッ

魔法使い「しても……いいよ……」

チュッ 

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:28:37 ID:DiOXcCWQ
勇者「ん……」スッ

魔法使い「えへへ……」

勇者「うれしかった」

魔法使い「アタシも……うれしかった」

勇者「これからもよろしく……恋人として」

魔法使い「うん……こちらこそ、よろしく……」 

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:31:48 ID:txNc/3Kw
翌日

勇者「さあ、出発しよう」

魔法使い「うん!」

僧侶「……うまくいったみたいですね」

戦士「……そうだな」

魔法使い「え?なんですか?」

僧侶「いいえ、なにも」

戦士「…………」フルフル 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:34:31 ID:fq1it.nY
勇者「おーい、いくぞ」

魔法使い「あ、ちょっと待ってよ」タタタ

勇者「おい、走ると危ないぞ。そこ石が」

ガッ

魔法使い「あっ!」グラ

勇者「う、うわ!?」

ドサッ! 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/06(金) 00:41:34 ID:fq1it.nY
僧侶「あらあら……」

戦士「…………」

魔法使い「いたた……あ!」

勇者「むっ、むぐっ……」

勇者(なんだ?視界が水色一色に……しかも甘酸っぱいにおい……)

魔法使い「やっ、やだあっ!」ギュウウウ!

勇者(な、なにに挟まれてるんだ!?すげースベスベでちょっとひんやりした……)

勇者「むぐぐぐ!」バタバタ

魔法使い「やんっ!息が……あつい……!」ハアハア

勇者「ぐ、むぐ?」

魔法使い「こ、この……///!」カアアー!

勇者「む!?」

魔法使い「ばかぁあぁあ!!」ドゴオ!

勇者「ぐふあぁああぁ!?」


おわり 
タグ :