1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/23(金) 00:34:09.08 ID:M2I/jyq+0
御坂黒子佐天「は?」

初春「私決めました。グレます」プンスカ

御坂「えっ」

黒子「えっ」

佐天「何それこわい」

初春「本気ですよ!本気でグレますから!」

御坂「………………」

黒子「………………」

佐天「………………」

御坂黒子佐天「あーっはっはっははっはwwwwwwwwww」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/23(金) 00:37:07.80 ID:M2I/jyq+0
いつものファミレスで食事をするいつもの4人―。
突然の初春の宣言に、御坂と黒子と佐天は耐え切れなかった。

初春「な、何ですか!何で笑うんですか!?私本気ですよ!!」

佐天「グ…ぐれるって…初春が?プクククwww」

黒子「突然何を言い出すかと思えばwwwww」

御坂「…プククwwま、まあ二人とも笑うのは失礼よ…ククwww」

初春「バ、バカにしてますね…」

佐天「ごめんごめん…クク…で、どうしたの?何でそんないきなり?w」

初春「いきなりじゃないですよ!」バンッ

御坂黒子佐天「?」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/23(金) 00:42:22.26 ID:M2I/jyq+0
~~~~初春の回想~~~~

ジャッジメント第177支部―。

黒子「ふう、一仕事終わりましたの」

固法「お疲れ様。今流行りの紅茶よ。はい」

黒子「なんと!まさかあの店の紅茶を飲めるなんて…黒子は幸せものですわ」

固法「ふふ同感ね」

prrrrrrr...

固法「はいもしもし」
固法「え?」
固法「分かりました」ガチャン

黒子「どうかしたんですの?」

固法「何だかすぐ近くまでジャッジメントの本部長が来てるらしいわ」

黒子「本当ですの?」

固法「ええ。だからうちからも代表で何名か行ったほうがいいらしいわ」

黒子「そうですの……では初春に留守番を任せて私たちで行くしかありませんわね」

固法「そうね」

5 :