転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1437130263/

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:51:03 ID:oXyWbHy2

廃墟

女騎士「……」

「おい!大丈夫か!?」

「しっかりして下さい!」

女騎士「?」ムク

「良かった!無事みたいだな!」

女騎士「……」

「どうした?黙り込んで、腹でも減ってるのか?」

「デリカシーないですよ勇者様!怪しんでるだけでしょう。まだ自己紹介もしてないんですから」

女騎士「…?」ピク

「そりゃそうだ。俺は勇者で、こっちは僧侶。宜しくな」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:51:44 ID:oXyWbHy2

勇者「それで、そっちは?名前は?どこ出身?何でこんなとこで寝てたんだ?」

僧侶「一度に聞いても答えられませんよ!失礼しました。あの、まずはお名前を伺ってもいいですか?」

女騎士「……」クイ

勇者「何だ?ロケット?第42期入団?何だこれ」

僧侶「満月の国の騎士団、その証ですね」

女騎士「」コク

勇者「へえ、って!満月の国ってここじゃねえか!半月前に魔王に王都と周辺を滅ぼされたって…!」

僧侶「勇者様!」

勇者「あ、悪い…無神経だった」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/17(金) 19:52:24 ID:oXyWbHy2

勇者「えっと、名前の話だっけ?何て呼べばいい?」

女騎士「……ぅ…ぁ……ぁぁ…」パクパク

勇者「あ、すまん!無理すんな!しゃべれないとは思ってなかったんだ」

僧侶「失語症…ですか……仕えていた国の、騎士団の惨状はそれほどまでに…」

女騎士「……」