2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/03(火) 21:32:27.11 ID:vq0rXtyDO

窓から零れる光の中、一人少女はベッドの上で微睡んでいた。家主が用意してくれた朝飯はもう済ませていて、つまり二度めの眠りを楽しんでいるわけだ。良いご身分である。

――カラン。

ベランダからだろうか? 顔にかかった銀髪を払うと、少女は眼を擦りながら立ち上がった。大きな欠伸を手で隠す。そのまま片手で窓を開けた。


――目の前に映ったのは、青い、丸い物体。


引用元:

posted with
鎌池 和馬
KADOKAWA (2018-06-09)
売り上げランキング: 4,088
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/05/03(火) 21:33:00.30 ID:vq0rXtyDO

デジャビュ。少女はまずその言葉が思い浮かんだ。

「なんなんだよ……」

ポツリ、と呟くと、その青い物体がもぞりと動いた気がした。そのことにハッとする。もしかして、生き物なのかもしれない。現実味がないせいか思い付かなかったが、生き物だとしたら早く救出するのがシスターの役目である。
少女は青い物体を引き上げようと力を込めて――、尻餅をついた。案外軽かったその物体と一緒に、ベランダに落ちる形となった。
痛みに耐えつつも、自分が引き上げた物体を覗きこむ。と同時にその物体が顔をあげるように動いた。

ゴツン!

額に火花が散ったような衝撃を受ける。涙目になっていると、

「だ、大丈夫……?」

小さな男の子のような声が聞こえた。思わずキョロキョロと辺り見回すが、誰もいない。それはそうだ、ここはベランダなのだから。ならばと視線を落とす。

青い物体と思っていたのは、やけに表情豊かなペンギンだった。