1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 21:28:19 ID:KuWVoI5g

花子「工事の人達が話しているのをきいてしまいました」

花子「……」

花子「仮に学校がなくなったら、トイレがなくなったら」

花子「私は何処へ行くのでしょうか」

花子「考えていても仕方ありませんが」 


転載元:

posted with
メガハウス(MegaHouse) (2017-07-27)
売り上げランキング: 31,308
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 21:31:46 ID:e8ByItbc

男「TOTOTOトイレーっと…」

男「あれ? この階は女子トイレだけか」

男「まぁ廃校だから気にする必要ないんだけど」


花子「人が来ましたどうしましょう」

花子「とりあえず静かに三番目の個室に隠れましょう」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 21:36:00 ID:bNiSJrak

男「…寂しくなるな」オシッコダシダシ

男「母校が無くなるってこんな気持ちなんだな」


花子「(この学校出身の人でしょうか?)」

花子「(私以外に悲しい気持ちを持ってくれる人がいるんですね)」

花子「(少し、嬉しい…かな)」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 21:40:59 ID:5xs1ae2o

男「あおーげーばぁーとおーとしぃーーわがーしのーおんー!!!」

花子「!?」ビクッガタッ


男「!?」

男「誰だ!」

男「個室が一つだけ閉まってる…」

男「ここ、女子トイレ、だよな…」

花子「」ガタガタブルブル

男「開けるか…」ゴクリ

男「ええいままよ!!」ドアヒラキ! 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 21:45:47 ID:guXE3Bcg

花子「いやぁっ!」

男「!?」ビクッ

花子「わ、私食べてもおいしくないですよ」

男「い、いや。食べないけど…」

花子「えっ」

男「えっ」

花子「食べないんですか?」

男「うん」

花子「怖がって損しました」

男「はぁ」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 21:50:48 ID:GVZZcbF6

男「(ずいぶん古風な子だな。おかっぱ頭なんて生で初めて見た。歳は小学生ぐらいか)」

花子「あの」

男「えっ? あぁ、ごめん何?」

花子「工事の人ですよね。服的に」

男「うん。そうだけど…そういえば君、お父さんとお母さんは? なんでこんな所にいるの?」

花子「そんなにたくさん聞かれると困ります」

男「いや2つだけだけど」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 21:54:35 ID:IkWTqwHE

花子「親はいません」

男「ん? 迷子って事かな?」

花子「違います。小さいからって馬鹿にしないで下さい」

男「あ、なんかごめん」

花子「わかればいいんです」フンス

男「とりあえずここ危ないから出よっか」

花子「ふざけないでください呪いますよ」

男「なにそれこわい」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 21:59:12 ID:AKoA22KA

花子「私ここに住んでるんです」

男「えっ…家ないってこと?」

花子「いやだから此処が家ですってば」

男「いやいや、トイレじゃん」

花子「トイレを馬鹿にするんですかそうですか」プイ

男「え…あ、ごめん。つまり君はトイレに住んでると。トイレが家だと」

花子「」ツーン 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:02:36 ID:NqhUBhkQ

花子「そういえば」

花子「ここ、取り壊しになるそうですね」

男「あぁ、うん。だから早く逃げないと危ないよ」

花子「はぁ」

男「なにその馬鹿を見るような目」

花子「馬鹿を見るような、じゃなくて馬鹿を見る目です」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:06:25 ID:AKoA22KA

花子「そういえば」

花子「私幽霊なんですけど」

男「うん」

花子「何か質問ないんですか?」

男「うーん…」

花子「意外と反応薄いですね。少し傷つきます」

男「だって俺も幽霊だし」

花子「えっ」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:11:02 ID:rYSYqEm.

男「外見てごらん」

男「クレーン車が赤いカーペットの上で倒れてる」

男「あれが俺の身体だったもの…って聞いてる?」

花子「幽霊コワイ幽霊コワイ」ガクガク

男「……」

男「おい」ポン

花子「いやぁああぁぁあぁあ!!! 呪われるうぅぅううぅ!!」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:15:34 ID:GsrVucdU

花子「取り乱してすみません」コホン

男「落ち着くの早いんだな」

花子「フィールド適応能力で精神力が10%アップしてます」

男「どっかで聞いたような」

花子「ところで」

男「ん?」

花子「あなたは成仏しないんですか?」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:18:45 ID:RT4I1pcM

男「……」

花子「何か未練でも?」

男「あぁ、そうだな」

花子「手伝える事なら協力しますけど」

男「いや、トイレ行きたかっただけなんだけどね」

花子「私の期待を返して下さい」

男「人の未練にwktkとかひどい」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:21:49 ID:ZKYghTzo

花子「あれ、さっきトイレ済ましてましたよね」

男「いや、物音したから止まった。残尿感がすごい」

花子「私のせいと言いたいんですかそうですか」

男「うん」

花子「正直な方ですね」

男「あっ、出そう」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:25:27 ID:uoJ02MqE

男「んじゃそろそろ行くわ」

花子「おまえ、消えるのか?」

男「おい」

花子「一回言ってみたかったんです」

男「どこでそんな知識得てくるんだよ」

花子「用具入れの中は私のプライベートスペースになっています」

男「まじで」

花子「嘘です」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:28:36 ID:cG1s5Jjs

花子「それじゃあさよなら」

男「それだけ?」

花子「これ以上何をのぞむんですか」

男「うーん…まぁいいか」

花子「早く逝ってください」

男「んじゃあ、バイバイ」ジョロォォォ

花子「さよなら」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:32:20 ID:RT4I1pcM

花子「逝きましたか」

花子「私も成仏したいです」

花子「未練…」

花子「これを無くさないと」


花子「氷菓を全部見ないと」

花子「秋ぐらいまで工事が延びればいいんですけど」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/25(水) 22:35:12 ID:nt/hC/K2

花子「ネットサーフィンでもしましょう」

花子「ん?」

花子「氷菓ねたばれ…?」

花子「ねたばれ、ってなんでしょう」

花子「なんかネバネバしてそうです」

花子「どれどれ」タップ


花子「えっ」

花子「」ジョウブツー


おわり 
タグ :