4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) 2011/05/01(日) 21:06:45.24 ID:tc3e0gREo

私こと上条当麻は、学園都市で起こった事件について考えていた。

教壇では、小萌先生が帰りのHRをしていたが、
俺の意識はそれよりもここ数日の間に起こった事件について集中していた。


そう、あれはある人物がこの学園都市にやってくるところから始まった。


――――――

引用元:

posted with
鎌池 和馬
KADOKAWA (2017-10-07)
売り上げランキング: 47,258
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) 2011/05/01(日) 21:08:04.16 ID:tc3e0gREo
~上条のクラス 二日前の朝~


土御門「おはよ~&久しぶりにゃ~、カミやん」

上条「おお、おはよ」

青髪「カミやん、春休みどうやった?」

上条「ま、普通かな」

土御門「カミやんの普通はよくわからんのだが」

上条「そういうお前らはどうよ?」

土御門&青髪「「 普通 」」

上条「……」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) 2011/05/01(日) 21:10:44.79 ID:tc3e0gREo

ガラガラガラ


小萌「み、みなさん! そのままでいいです、聞いて下さい!」

上条「ん、どうしたんだ? 新学期早々あんなに慌てて」

青髪「ただならぬ予感がするで」

小萌「第六位が帰ってきたんです!」

上条「はぁ? 第六位?」

クラスメイト「「 ええぇぇぇぇぇぇぇ!! 」」

上条「」ビクッ


ザワザワ


上条「……びっくりした~。え、何?」

小萌「とりあえず、皆さん自分の席に戻って下さい! 話をします」

上条(何をみんな驚いてるんだ? さっぱりだ)

上条(とにかく、今は席につくか)ガタ