1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 01:11:09.15 ID:u8VxT+uQ0
――事務所――

高森藍子「じー……」

北条加蓮「いや、悪い子の気分を知りたいからってなんで私をじっと見てるのよ」

※単発作品です。この作品の設定はこの作品のみのものです。

SSWiki :

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 01:11:43.26 ID:u8VxT+uQ0
安部菜々「加蓮ちゃんの次は藍子ちゃんの番ですか! ……ナナのおお仕事はまだですかね~」

加蓮「そのうち来るんじゃない? 具体的に来月の月末辺りに」

菜々「むむ……。ナナ、待ちきれませんよ! ウサミン星人は1日1秒を大切にするんです!」

加蓮「今日も菜々ちゃんは楽しそうだね」

菜々「……いやこれでも割とマジで焦ったりするんですよ?」

菜々「アイドルとして順調です。ええ順調ですとも。昨日だって定例LIVEがあって明後日にはレギュラー番組の収録があって……」

加蓮「ふんふん」

菜々「ですが!」クワッ

加蓮「わっ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/01(木) 01:12:18.98 ID:u8VxT+uQ0
菜々「この歳になるとこう……どうしても色々考えてしまう訳で……」

菜々「見捨てられてないかなぁやっぱり若い子の方がいいのかなぁ、とか――」

加蓮「……………………まぁ、(バキュン)歳だって若い子のうちに入るんじゃない? たぶん」

菜々「ハッ!? で……ですよねぇ! ナナだってまだ17歳ですから大丈夫ですよねぇ!?」

加蓮「ちょ、肩掴んで揺さぶってこないでっ」グイ

菜々「おっとめんぼくない。つい」

加蓮「もー。そんなに不安なの? いつも大きな仕事があったら話題ぜんぶ掻っ攫っていく癖に。菜々ちゃんはワガママだなぁ」