同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

1 : ◆u2ReYOnfZaUs - 2018/06/15 01:41:05.95 qFXEoNRp0 1/12

・オリジナルで書いてみました
・みじかいです

元スレ
神様まみれの村

2 : ◆u2ReYOnfZaUs - 2018/06/15 01:42:21.50 qFXEoNRp0 2/12

旅人がその村に着いたのは、ちょうど夕暮れがぼうっと地平線へ隠れる頃だった。

夜になる前に辿り着けたのはまったく幸運なことだった。

「もし」

旅人は、ちょうど目に入った村人に声をかけた。彼は柔和な笑みをうかべて、旅人を見つめた。

「旅の方ですか」

「ええ、先ほどこちらの村に着きました」

「日が暮れる前でよかったですね。このあたりの荒野は狼も出ますから」

「ええ、まったくです」

3 : ◆u2ReYOnfZaUs - 2018/06/15 01:44:12.56 qFXEoNRp0 3/12

旅人は、村人の様子がおだかやなことに安堵した。

そして、言った。

「実は、今晩泊まる場所がないのですが」

「それはたいへんですね」

「ええ、まったくです。なのでその、よろしければあなたの家に泊まらせていただけないでしょうか。もちろん、相応のお礼はさせていただきます」

旅人は真新しい銅貨3枚を取り出して、村人に見せた。行商人との取引がうまくいって、今はやや懐があたたかい。

村人はその銅貨をまぶしそうにながめて、返事をした。

「少々せまいですが、うちでよければ……」

「ありがとうございます」

旅人は村人に銅貨をわたそうとした。しかし、相手はそれをさえぎった。

4 : ◆u2ReYOnfZaUs - 2018/06/15 01:44:50.89 qFXEoNRp0 4/12

「そのお金は、“いま"私が受け取るわけにはいきません」

「いま?」

旅人は不思議に思った。いままでの村では、金銭を先に先にとせがまれることが多かった。

「私に家に神様がいるので、その銅貨は神様に供えてください」

「なるほど」

旅人は納得した。金がほしいことにちがいはないが、この村では、金銭欲を信仰心というブーケで隠しているのだ。

家は枯れた木の匂いがする、小さな小屋だった。

奥にかまどがあり、その手前にすすけた机と椅子。

その机の左には寝台がある。

「神様はどちらに?」

旅人はたずねた。石像や絵、小さな祭壇などがあるのかと思ったが、見当が外れた。