2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/10(水) 00:18:49.47 :rgwapueH0

ガラッ

結衣「やっはろー!」

八幡「!?」

いろは「!?」

結衣「あ!いろはちゃん来てたんだ!やっはろー!」

雪乃「こんにちは一色さん」

いろは「……………」

雪乃「?」

雪乃「挨拶くらいしたらどうかしら?」

結衣「どうしたの?顔色悪くない?」

いろは「…………」ぶんぶん

結衣「ちがうの?」

いろは「…………」こくこく

雪乃「さっきからどうして喋らないのかしら?」

八幡「ほっといてやれ喋りたくないときもあるんだよ」

雪乃「そういえば私達が入ったときに一色さんと向かい合っていたみたいだけど何かあったの?」

八幡「いや、別に何も」

結衣「私達に言えないこと?」

八幡「そういうことでもなくてだな」

雪乃「なら教えてくれてもいいんじゃないかしら?こちらとしては気になるのだけど」

八幡「えー…っと」

いろは「……………」

八幡「あれだ、一色は喉が痛いらしい」

結衣「なんだそうだったんだー」

雪乃「なら最初からそう言えばいいじゃない」

八幡「まぁ大したことでもないんでな、わざわざ言うこともないかと」

雪乃「あらそう、ところで貴方も顔が赤いけれどどうしたの?」

結衣「うん、なんかちょっと息も荒いし」

八幡「いや俺は別に何も…」

雪乃「あと気になるのは貴方、一色さんとかなり顔が近かったようだけど何をしていたのかしら?」

結衣「も、もしかして…キ、キ…キスしてたとか!?」

雪乃「もしそうなら問題ね、学校での不純異性交友は禁止だし部室でそんなことはしないでほしいわ」

八幡「勝手に決めるな!そんなことはしていない!断じて!」

八幡「な!そうだろ?一色!お前も何とか言っ…

いろは「…………」

八幡「喋れないんだったな」

八幡「何にせよとにかく違うぞ」

結衣「じゃあ顔近づけて何してたの?」

八幡「アレだよ…」

雪乃「アレじゃわからないでしょう?」