同じSSをまとめているブログ

ホライゾーン

森きのこ!

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/08/13(日) 01:56:24.28ID:58bg+DvZ0

絵筆が手に馴染んできたのはいつ頃だったか。 

水彩画、なんてそれこそ学校の授業でしかやったことがなかった私が、いつの間にか画材まで揃えている。 
休みの日の、一人の時間の大半をキャンバスを載せたイーゼルの前で、なんて想像もしていなかった。 


「………っと、そろそろ時間か」 


時計の針を見て、筆をおく。 
画材を洗ってひとまず片付けて、あちこちについた絵の具を落とすのにシャワー。 
丁度いい時間だ。 


ダルダル星人だのなんだの言われてる私だけど、流石にこういう時くらいは遅刻は避けたい。 
いざとなれば塞におぶさっていけばいいけど………まあ、そこは。 
それに、絵の具付けたまま出たりしないあたり少しは成長してるはず、だ。 


「………………ま、完成品見せられるのは、次かな」 


製作途中の、一枚の絵。 

その絵を―――今まで何枚も描いてきた絵を、描こうと思わせてくれた、あの少女。 
金髪碧眼、天真爛漫、いつでもスケッチブックを持ち歩いていた、あの【友達】。 

彼女は今――――どうしているのだろうか。 
少しずつ上達して、でもまだ拙い日本語の手紙を何度やりとしりしても気になる、彼女の今。 
他のみんなですらも遠く感じるというのに、『四年』という時間もあって果てしなく厚いその壁。 


「ニュージーランドも、今の時期は暑いのかな………」 


エプロンを脱いで画材を片付けつつ、外を見れば―――蝉の鳴き声と、ひたすらに青い、空。 


「今日も、暑いよね………ダル」 


小瀬川白望。 
本年度を以って、22歳。 

あの時代――――高校最後の夏に共に過ごした一人の青い目の少女を。 

今でも忘れることができず、筆を取り、絵を描き続ける――――そんな、『女性』になっていた。