521: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 19:40:18.29 ID:MU80edIR0
前スレ:



平塚「キミたち、何をしている?」


雪乃「平塚先生!」


結衣「あの…実はですね…」


この騒ぎにようやく気づいたのか、

これまで室内の隅で寛いでいた平塚先生が私たちの前に駆けつけてくれた。

これでとりあえず事態は収拾するものかと思われたのだけど…

522: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 19:40:46.13 ID:MU80edIR0

少女A「平塚先生お聞きします。
奉仕部の三人…八幡とこちらの二人ですが…
先生は三人が2年前の事故の被害者と加害者の関係だと知っていましたか!?」


平塚「あぁ、知っていたぞ。
私は生徒指導を受け持っているから生徒の事情は大体把握している。」


少女A「それなら何でこのことを事前に注意しないんです?
この二人…八幡が傷ついた事故について有耶無耶にして終わらせて…
八幡をなんだと思っているんですか!?」


この女は平塚先生の配慮の足りなさを指摘してきた。

当初、私も事故については比企谷くんがあの時の被害者だとは知らなかった。

けどそれを平塚先生が事前に知っていたということは…?

541: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/05(火) 20:26:41.52 ID:MU80edIR0

平塚「私は生徒の自主性を重んじている。
あの三人に成長を促すため、
そして自分たちで気づいてもらいたかったから敢えて何も言わなかったんだ。」


少女A「それでも配慮が足りないと思います…」


平塚「それはどういう意味だね?」


少女A「確かに平塚先生の意見も一理あると思います。
けれど車の事故ですよ。先生も車に乗られるならわかりますよね。
一歩間違っていたら八幡は死んでいたかもしれないんですよ?
それなのにその当事者たちを同じ部に入れるなんてトラブルが起きると思いませんか!」


平塚「愚問だな。それこそ彼らが乗り越えるべき壁だ。
私はあの三人が必ずその壁を乗り越えて真にわかりあえると思っていたよ。」


さすがは国語教師というべきか。

平塚先生はあの女の質疑を次々と論破してみせた。

確かに放任主義ではあるけれど…

次スレ:
タグ: