小町「雪乃さん!結衣さん!実はお兄ちゃんって抱き枕がないと寝れないんですよ!」

1: ◆3OJihx450c:2014/08/21(木) 10:28:38.98 ID:ER2jOfmz0

雪乃・結衣「!?」

八幡「おい、いきなり部室に来たと思ったらいきなり何言ってくれてんだこの愚妹」

小町「だって本当のことでしょ?」

結衣「ヒッキー...本当なの?」

八幡「ほら、引かれちまったじゃねえか、このことは小町以外には誰にも知られたくなかったのに...」

小町「まあまあお兄ちゃん、最近お二人との仲も縮まってきたし、ここいらでお兄ちゃんの秘密を知ってもらうのもありかなーって。」

八幡「嫌でもこれだけは無いって。普段クールキャラなのに抱き枕とか俺のイメージが崩壊しまくりじゃねーか。」

雪乃「黙りなさい抱き谷くん。あなたにクールさなど微塵も無いわ。

それにあなたに対する印象なんて最悪なのだから、今更こんなことが分かっても好感度は少ししか下がらないわ。

むしろ私たちにその秘密を共有できたことに感謝するべきね」

八幡「最悪からも少し下がるのかよ...あーやべぇ、中学のときにこのことがばれてあだ名がキモタニになったこと思い出しちまった」

結衣「やーでもそういうのもか、可愛いと思わないでもないかなーなんて、あはは」

2: ◆3OJihx450c:2014/08/21(木) 10:46:18.62 ID:ER2jOfmz0

八幡「おいやめろ由比ヶ浜、そういう中途半端なフォローが一番傷つくんだ」

結衣「でも抱き枕ってどんなの?まさか女の子の体が書いてあるやつじゃ...」

八幡「勝手に想像して勝手に引くなよ。違う、普通の無地のやつだ」

結衣「へー。あれ?でもヒッキー授業中抱き枕なしでも寝てたりしてるじゃん」

八幡「いや、別に抱くものはなんでもいいんだよ。小さいころから何かしら抱いて寝るのが癖だったらしくてな。

それで今も何か抱いてないと寝れなくなっちまったんだ。

授業中は筆箱を抱いてる。あれちっちゃくて固いから寝つきは悪くなるけどな」

雪乃・結衣「っ!」

結衣「や、やばい、マジでヒッキーが可愛く見えてきちゃった!あーもうそういうことなら普段からもっとしっかり見ておけば良かったよー!」

八幡「おい、落ち着け由比ヶ浜、俺の事可愛いとかありえないだろ。冷静になって考えてみろ」

雪乃「そうよ、落ち着きなさい、由比ヶ浜さん」

結衣「う、うん、ゆきのん...」

雪乃「私もよ」

八幡「おめーもかよ!」

続きを読む