ほむら「これだけ居ればなんとかなる気がしてきた」


1: ◆USZbC4nXcg 2012/06/09(土) 16:01:39 ID:QKHTT0AA

ループ起点


ほむら「ソウルジェムが数珠みたいになってる......」

「どういうことなのかしら......」

「あら?周りの風景が...結界かしら?困ったわね。まだ丸腰なのに......」

2: ◆USZbC4nXcg 2012/06/09(土) 16:06:31 ID:QKHTT0AA

ほむら「森......なんか鬱蒼としてるわね......出口はどこかしら?」

「あ、あったわ。ご丁寧にEXITって魔女文字で書いてあるのね」

「......植物が邪魔で出れないじゃない」

「他にめぼしいものは......あら」

「家が一軒建っているわ。この結界の中心部かしら? 」

3: ◆USZbC4nXcg 2012/06/09(土) 16:15:16 ID:QKHTT0AA

ほむら「でも呪いのエネルギーが全く感じられないわ」

「この際だから中を見てみましょうか。」


盾をスタンバイした状態で、私が恐る恐る扉を開けるとその中には


何人もの私が居た

4: ◆USZbC4nXcg 2012/06/09(土) 16:23:23 ID:QKHTT0AA

二周ほむ「やっぱりちゃんとやり直せなかったのかな......」

三周ほむ「やっぱり二回目は上手くいかないのかな......」

四周ほむ「まどかを殺したから罰が当たったのかな......」

ほむほむ「まどかのパンツを盗んだから罰が当たったのかしら......」ホムゥ

ヶ原ほむ「さやかで遊びすぎた罰が当たったのかしら......」

リボほむ「導かれたのかしら......」

黒衣の老婆「......」


ほむら「」

5: ◆USZbC4nXcg 2012/06/09(土) 16:32:21 ID:QKHTT0AA

ほむら「え......どういうことかしら?」

二周ほむ「私はキュゥべえと契約して時間を巻き戻したらここに......」

三周ほむ「私も巻き戻したら...」

四周ほむ「同じく...」

リボほむ「......私は戦いの最中に思い切り頭を打ち付けて気がついたらここに」

ほむほむ「...このイレギュラーからして持ってきたまどパンがあることを期待したけど淡い期待だったわ」

ヶ原ほむ「...もしかして私達、みんな同じ時間軸に飛んできてしまったんじゃないかしら?」

黒衣の老婆「......」

タグ:
続きを読む