SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

許嫁「正直、どうでもいいです」

1:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:34:05 ID:vv4VQu6c

男「ただいまー」

男父「おう、おかえり!」
男母「来たわね色男っ!」

男「へ?」

男父「今日はお前に重大な話がある!!喜べ!!!」

男「な、なにさ・・・」

男父「お前の未来の嫁、許嫁を紹介する!!」

男「う、いな・・・づけ?ウィンナー漬け?」

男父「許嫁だ!!」

元スレ


許嫁「正直、どうでもいいです」

2:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:39:22 ID:vv4VQu6c

男「あ、あぁ許嫁ね なるほどなるほど・・・って許嫁?」

男父「すでに我が家に挨拶に来ているぞ!さあ早く居間に来い!」グイッ

男「ちょっ、待っッ!」

ーーーー居間

男父「待たせてすみません!」

許嫁父「お、来ましたね?」

男「よくわかんねーけど着替えさせろよ・・・」

男父「紹介する、お前の未来のお嫁さんの許嫁さんだ!」

許嫁「・・・」ペコリ

男「・・・ど、どうも」

3:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:48:01 ID:vv4VQu6c

男「・・・・・・」

普段と変わらない居間に似合わない華やかなオーラを放つ同い年くらいの女性
腰まではあるだろう艶のある髪の毛が光を浴びて一層映える
俺とは目を合わすことなく、無言で頭を下げて挨拶をする
透き通るほど整った顔は真顔・・・と、言うより無表情に近くただ目の前の虚空を見つめていた

男父「ま、座れ!ほら!!」

男「いやいやいや!色々と唐突すぎて何がなんだか!!」

言われるがままに彼女の向かい側に座る自分
チラッと彼女を見るがつまらなそうな表情で目を逸らしていた

許嫁父「はじめまして、男君」

男「はじめ・・・まして」

4:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:53:19 ID:vv4VQu6c

許嫁父「許嫁父です つまり・・・君の未来の義父だね」

男「すいませんがまったく意味が分からないです」

男父「無理もないな!許嫁さんが15歳の誕生日になった今にお前に伝えたんだからな!」

男「(15歳・・・?タメか)」

男父「フハハハ!にやけやがったてこのう!」ガシガシ!

男「にやけてねーよ 離せ」

許嫁父「理解には時間がかかるとは思うが、我々には時間がないんだ」

男父「うむ!その通り!」

5:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:58:19 ID:vv4VQu6c

男「時間?」

男父「大人の事情だ!」

許嫁父「簡潔に話をするとだね、我々は君たちに結婚してほしいんだ」

男父「勿論幸せにな!」

男「(駄目だもう意味わからん)」

許嫁父「でなければ・・・」

男父「我々一家は勿論、互いの社員までが路頭に迷う事になりかねんのだ・・・!!」

男「なるほど 大体理解できた」

男父「相変わらず察しがいいなお前ってやつは!」

男「親父も察しがいいなら返事くらいわかるんじゃ?」

許嫁父「悪いが選択肢はない」

男「なっ」

男父「男・・・また後日説明する」

続きを読む

関連のSS

66pt
妻(♀)「あら、おかえりなさい。ずいぶん遅かったのね。」
8pt
センター試験を受ける若者には、優しくしてあげましょう!
53pt
男「妹達のいる前でおっぱい触りたいって言ったらどうなるだろう」
46pt
男「女と付き合っているがお互いに許嫁がいるらしい」
40pt
男「入社五年目、無遅刻無欠勤の俺が有給休暇を取ることにした」
38pt
女「私さ…」男「そっか」
46pt
終わらない物語が嫌いな僕と余命が短い女の子の話
15pt
男「ただいま」 友♂「おかえり」
31pt
男「あ、おはよう」女「いちいち“あ”をつけるのやめてよ!」
54pt
幼馴染「男が寝てるから悪戯しよーっと」ウキウキ
37pt
女「酔ってもいいんだよ?」友「は?」
25pt
女「寒いなぁ…」男「そっか」
52pt
幼馴染「セッ◯ス?したことあるよ」
18pt
男「右手の恋人」
58pt
女「人様のお墓に立ちションですか」
41pt
女「理由なんてさ…」男「そっか」
22pt
友人「お前未だにガラケーなのかよwww」男「ちくしょう……!」
84pt
男「うちのクラスの女さんが可愛すぎてしかたないwwwwwww」
33pt
【男・幼馴染】一年遅れの願い事【初詣】
52pt
女「多分…好き」男「そっか」