SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

許嫁「正直、どうでもいいです」

1:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:34:05 ID:vv4VQu6c

男「ただいまー」

男父「おう、おかえり!」
男母「来たわね色男っ!」

男「へ?」

男父「今日はお前に重大な話がある!!喜べ!!!」

男「な、なにさ・・・」

男父「お前の未来の嫁、許嫁を紹介する!!」

男「う、いな・・・づけ?ウィンナー漬け?」

男父「許嫁だ!!」

元スレ


許嫁「正直、どうでもいいです」

2:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:39:22 ID:vv4VQu6c

男「あ、あぁ許嫁ね なるほどなるほど・・・って許嫁?」

男父「すでに我が家に挨拶に来ているぞ!さあ早く居間に来い!」グイッ

男「ちょっ、待っッ!」

ーーーー居間

男父「待たせてすみません!」

許嫁父「お、来ましたね?」

男「よくわかんねーけど着替えさせろよ・・・」

男父「紹介する、お前の未来のお嫁さんの許嫁さんだ!」

許嫁「・・・」ペコリ

男「・・・ど、どうも」

3:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:48:01 ID:vv4VQu6c

男「・・・・・・」

普段と変わらない居間に似合わない華やかなオーラを放つ同い年くらいの女性
腰まではあるだろう艶のある髪の毛が光を浴びて一層映える
俺とは目を合わすことなく、無言で頭を下げて挨拶をする
透き通るほど整った顔は真顔・・・と、言うより無表情に近くただ目の前の虚空を見つめていた

男父「ま、座れ!ほら!!」

男「いやいやいや!色々と唐突すぎて何がなんだか!!」

言われるがままに彼女の向かい側に座る自分
チラッと彼女を見るがつまらなそうな表情で目を逸らしていた

許嫁父「はじめまして、男君」

男「はじめ・・・まして」

4:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:53:19 ID:vv4VQu6c

許嫁父「許嫁父です つまり・・・君の未来の義父だね」

男「すいませんがまったく意味が分からないです」

男父「無理もないな!許嫁さんが15歳の誕生日になった今にお前に伝えたんだからな!」

男「(15歳・・・?タメか)」

男父「フハハハ!にやけやがったてこのう!」ガシガシ!

男「にやけてねーよ 離せ」

許嫁父「理解には時間がかかるとは思うが、我々には時間がないんだ」

男父「うむ!その通り!」

5:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:58:19 ID:vv4VQu6c

男「時間?」

男父「大人の事情だ!」

許嫁父「簡潔に話をするとだね、我々は君たちに結婚してほしいんだ」

男父「勿論幸せにな!」

男「(駄目だもう意味わからん)」

許嫁父「でなければ・・・」

男父「我々一家は勿論、互いの社員までが路頭に迷う事になりかねんのだ・・・!!」

男「なるほど 大体理解できた」

男父「相変わらず察しがいいなお前ってやつは!」

男「親父も察しがいいなら返事くらいわかるんじゃ?」

許嫁父「悪いが選択肢はない」

男「なっ」

男父「男・・・また後日説明する」

続きを読む

関連のSS

ギャルゲ主人公「今日は休みだ! 誰に電話しようかな……」 [
6pt
メイド「私の嫌いな貴方様」
54pt
先輩「この会社、ブラックだな」後輩「今更ですよそれ」
43pt
裏切り者(♀)「……あんだけこっぴどく裏切ってやったっていうのに、どぉーしてお前はここにいるわけぇ…?」
10pt
男「路地裏、三日月の負け犬」
41pt
女店主「好きだよ、女ちゃん」女「私もです」
17pt
男「答えは沈黙」
54pt
部屋の主人(♀)「信じられないなら信じなくていい。でもね、もうキミに居場所なんてないんだよ。」
8pt
女「"You may word dream."」男「素敵だね」
73pt
5000円払って、彼女の1時間を買った話。
19pt
男「アタシアタシ詐欺?」
36pt
女「精◯を操る能力?」
30pt
男「彼氏に嫉妬されたい?」幼馴染「うん」
45pt
ヤンキー女「好きだ!付き合え!」キモオタ俺「嫌でござるw」
50pt
男「よく人に道を聞かれるんだけど」友「それってナメられてんだよ」男「マジで!?」
54pt
幼馴染「本日私は、フラれました」
29pt
幼馴染「どこにでもいるありふれた魔法使いですけど?」
12pt
男「チョコもらえなかったから、自分で自分にチョコあげよっと!」
98pt
OLお姉さん(♀)「……そろそろ、お姉さんのものになる心の準備は出来たのかな。」
11pt
女「私は...名前がわからない...」男「なら安価だな」