許嫁「正直、どうでもいいです」


1:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:34:05 ID:vv4VQu6c

男「ただいまー」

男父「おう、おかえり!」
男母「来たわね色男っ!」

男「へ?」

男父「今日はお前に重大な話がある!!喜べ!!!」

男「な、なにさ・・・」

男父「お前の未来の嫁、許嫁を紹介する!!」

男「う、いな・・・づけ?ウィンナー漬け?」

男父「許嫁だ!!」





元スレ
許嫁「正直、どうでもいいです」



2:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:39:22 ID:vv4VQu6c

男「あ、あぁ許嫁ね なるほどなるほど・・・って許嫁?」

男父「すでに我が家に挨拶に来ているぞ!さあ早く居間に来い!」グイッ

男「ちょっ、待っッ!」

ーーーー居間

男父「待たせてすみません!」

許嫁父「お、来ましたね?」

男「よくわかんねーけど着替えさせろよ・・・」

男父「紹介する、お前の未来のお嫁さんの許嫁さんだ!」

許嫁「・・・」ペコリ

男「・・・ど、どうも」





3:じゅんじゅわー& ◆V1Q/cBK.X6:2013/11/16(土) 17:48:01 ID:vv4VQu6c

男「・・・・・・」

普段と変わらない居間に似合わない華やかなオーラを放つ同い年くらいの女性
腰まではあるだろう艶のある髪の毛が光を浴びて一層映える
俺とは目を合わすことなく、無言で頭を下げて挨拶をする
透き通るほど整った顔は真顔・・・と、言うより無表情に近くただ目の前の虚空を見つめていた

男父「ま、座れ!ほら!!」

男「いやいやいや!色々と唐突すぎて何がなんだか!!」

言われるがままに彼女の向かい側に座る自分
チラッと彼女を見るがつまらなそうな表情で目を逸らしていた

許嫁父「はじめまして、男君」

男「はじめ・・・まして」





4:
続きを読む