やはり俺の幼馴染みが彼女なのは間違っている。雪乃「何を言っているのかしら?」

1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 09:49:54.54 ID:wgRUDw0Y0

雪乃「馬鹿なこと言ってないで早くそのみっともない顔を洗ってきなさい」バタンッ

八幡「...あい」


雪乃「遅いわよ。早く食べなさい」

八幡「悪いな...毎日。面倒だったらこなくていいんだぞ」ガタッ

雪乃「...別に。問題ないわ。幼馴染みですもの」


八幡「...そうだな」モグモグ

2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 09:52:03.14 ID:wgRUDw0Y0

雪乃「早くしてくれないかしら?」

八幡「もっとゆっくりいこうぜ」

雪乃「嫌よ」

八幡「やれやれ」ガチャガチャ

雪乃「......」テクテク

八幡「鍵よし...と」

八幡「...よし。行くか」

八幡「いや無視かよ」クルッ

八幡「......」

八幡「...あれー?」

3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 09:53:30.23 ID:wgRUDw0Y0

八幡「うーす」ガチャ

雪乃「...」ペラペラ

八幡「...今日も誰も来ないのかね」ペラペラ

雪乃「それならそれで良いと思うのだけど」

八幡「違いない」

結衣「こ...こんにちは」ガラガラ

八幡「きたな...見事に」

雪乃「ようこそ。奉仕部へ」

4:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 09:54:33.77 ID:wgRUDw0Y0

八幡「クッキーねぇ」

結衣「うん」

雪乃「...そういえば小学生の時に貴方焦げたクッキーを作ってボロボロに貶されてたわね」

八幡「おい。やめろ。今まさに思い出してブルーになってたんだから」

結衣「...なんか、仲良いね」

八幡「...腐れ縁だしな」

雪乃「誠に遺憾ながらね...こんな腐った縁さっさと腐敗しきって切れないかしら」

八幡「腐りすぎだろ...」

結衣「あ、あはは」

続きを読む