御坂妹「お姉様の口調は完璧にマスターしたわよ…フフ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/16 00:44:19 ID:5pqOoUZbQ
御坂妹「ターゲットを確認しました、とミサカは任務直前に元の口調を封印する決意を確認します」


御坂妹「..................」ザッ

上条「...ん? おうビリビリ。それとも妹の方か?」

御坂妹「...ちょ、ちょろっとー」

上条「ああビリビリの方か。何か用か?」

御坂妹「はい、いえ、そうよ。アンタにちょっと付き合ってもらいたいのよ、とミサ――」

上条「ん? 何か様子がおかしいぞビリビリ」

御坂妹「えっ、あ、そんなことないわよ。今時間があるならちょっと付き合ってちょうだい」

上条「う~ん、あんまり遅くならないなら大丈夫だけど」

御坂妹「それは好都合です――好都合ね。そんなに時間は取らせないわ」

御坂妹(もう後戻りできません、とミサカは決心を新たにします)

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/16 00:57:32 ID:zM7DYYgt0
御坂妹は可愛い
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/16 01:19:35 ID:5pqOoUZbQ
上条「で、どんな用事なのか聞かせて欲しいんだが」

御坂妹(しまった...口調の矯正で手一杯で彼との予定を何も考えていませんでした、とミサカはいきなり後悔します)

御坂妹「そ、そうね...一緒に食事とかどう?」

上条「食事か...家にインデックス待たせてるからなぁ。インデックスを呼んでもいいか?」

御坂妹「異性の食事の誘いに対してわざわざコブをつけようとするあなたの言動に......」

上条「えっ?」

御坂妹「あ、いや、その二人っきりで話がしたいから...できればあの子には内緒にしてほしいの」

上条「アイツ後でうるさいからな......」

御坂妹「あの子には別の食事に招待するわ。それでどう?」

上条「ああそれなら多分喜んで行くだろうな。そこまでされると悪いな御坂」
続きを読む