1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 16:36:33.98 ID:utTBsIt60


純一「そういえば、七咲ってラーメン好きだよね。」

七咲「はい。好きですけど、それがどうかしました?」

純一「好きなのはわかるよ。僕だって、お宝...いや、なんでもないよ。」

七咲「動作が挙動不審ですよ。先輩。」

純一「そ、それにしても、このお湯...」

七咲「最高ですよね。あそこの温泉に入浴剤が売っていたんです。」

純一「そ、そうなんだ......」

七咲「も、もしかして、嫌いでした?」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:38:55.75 ID:utTBsIt60


純一「ううん、全然問題ないよ。むしろ七咲と入れるなんて最高だよ!」

七咲「ふふっ 先輩、大好きです。」

純一「僕もだよ七咲。」

七咲「先輩...」

純一「七咲...」

ガララララ


美也「にぃに、ここにいるの~...って、何これ、バター臭い!!」

七咲「キャッ!」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:39:38.17 ID:utTBsIt60


純一「きゅ、急に入ってくるなよ!!」

美也「逢ちゃんとお風呂...ずっるーい!美也も入る―!!」

七咲「み、美也ちゃん?」

美也「って言いたいけど、美也はまんま肉マンを食べなければいけないのでーす!」

美也「てなわけで、2人とも、あんまり変なことしちゃダメだよ?」

純一「へ、変なことって何だよ。」

美也「んんーっと、ラーメン風呂に入るとか?」

七咲「美也ちゃん!」

純一「美也!」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/25(水) 16:41:41.73 ID:utTBsIt60


美也「はにゃ!?」

七咲「ラーメン風呂は変じゃないよ!」

純一「そうだ、ラーメン風呂は最高だ!!」

美也「絶対変だって!」

純一「美少女がつかったお風呂...最高の出汁じゃないか!」

純一「様々な美少女がつかったお湯...それでラーメンを作るなんて、一杯1万円はとれるよ!!」

七咲「先輩?」

純一「しかもこれは七咲スープ、ほのかに残る水着痕...健康的な肩甲骨...凄く舐めつくしたい、最後まで味わいたいよ!!」

美也「にぃに......」

七咲「先輩ってば///」