アルミン「クリスタ・レンズ……?」


1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/26(日) 19:22:09 ID:/RD/HeCg

※本編とは関係なし
ジャンはまだ嫌なやつ

過去のSS

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/26(日) 19:23:11 ID:/RD/HeCg

エレン達が訓練兵になって十数日たったある日...

―夜・男子寮―

アルミン「女の子の名前?」

エレン「なんだアルミン、知らないのか」

ライナー「もの知りなのに彼女を知らないなんてな」

ベルトルト「男子の訓練兵なら知っておくべき名前だと思うよ」

アルミン「え、ベルトルトまで」

アルミン「一体どんな子なの...?」

エレン「・・・」

ライナー「・・・」

ベルトルト「・・・」



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/26(日) 19:24:01 ID:/RD/HeCg


アルミン「??」

エレン「天使」

ライナー「天使」

ベルトルト「天使」

アルミン「え!?」

アルミン「天使って...あの天使?」

ライナー「正確には天使のような存在ってところか」


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/26(日) 19:25:42 ID:/RD/HeCg


アルミン(自分では理解力のあるほうだと思ってたけど...わからない)

アルミン(みんな冗談で言ってるのかな...)

アルミン(でもエレンはあんまり女の子に関心なさそうだし)

アルミン(ライナーとベルトルトは冗談言うような性格じゃなさそうだしな...)

アルミン(よっぽどのことなんだろうか)


7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/26(日) 19:58:54 ID:/RD/HeCg


アルミン「えっと、どういうことかな?」

ベルトルト「性格や容姿の良さから男子訓練兵の注目の的になってる女の子だよ」

エレン「一部の女子からは神様とか女神って呼ばれてるらしいぜ」

ライナー「そして結婚したい女子第一位だ!」

アルミン「そ、そうなんだ...」

エレン「なんだアルミン、嬉しそうじゃねえな。」

アルミン「いや、頭が困惑して」

ライナー「無理もない。俺たちも初めてクリスタに遭遇した時は固まったからな」

ベルトルト「目の前に天使がいたんじゃしょうがないね」


続きを読む