QB「僕と契約……。」アミバ「ほくと経絡ぅ?」

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/22(木) 22:39:26.72 ID:buVQ0r6M0
まどか「あ、アミバさん!」

アミバ「なんだ、秘孔を試してほしいのかぁ?んん?」

QB「その手は何だい?僕はまどかと契約を......!」

アミバ「なに、恐れることはない......俺は天才だぁ!」ブスッ

QB「きゅぷっ!?」

まどか「は!秘孔を!」

アミバ「フフ......珍しい生き物だ。この秘孔が成功すれば、貴様はいい木偶になる」グリグリ

QB「きゅきゃ、きゅぷっ......!」ピブー

まどか「様子がおかしいよ、アミバさん!」

QB「きゅべれい!」ボチュン!

アミバ「ん?間違えたかな......。」

まどか「あ、あぁ......!」

以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/22(木) 22:50:22.50 ID:buVQ0r6M0
まどか「おはよ......。」

知久「おはようまどか、顔色が悪いけど......大丈夫?」

まどか「うん......。」

詢子「またアミバに何かされたのか?」

アミバ「姉貴!何でもかんでも俺のせいにするんじゃない!」

知久「ああ、アミバ君、ママを起こしてきてくれたのか。ありがとう」

アミバ「なに、気にすることはない。天才の俺に不可能はないのだ」

詢子「不可能がないなら、その調子ではやく職を見つけて来て欲しいもんだけど......!」

アミバ「うるさい!俺に合った仕事がないだけなのだ!」

タツヤ「う......うぇぇぇぇぇん!」

知久「あぁ、タっくんが......。」

続きを読む