大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 09:56:03.83 ID:xve0yfvY0

大臣「南の勇者が魔王の城目前で魔物の群れに倒れたんですよ」

勇者「あ、はい(なんで謁見が面接形式なんだよ......)」

大臣「北の勇者、西の勇者も既に魔王討伐の旅に出ている」

勇者「あ、はい」

大臣「この王国に生まれた四人勇者の内の一人としてあなたには期待したいのですが......」

勇者「あ、はい」

大臣「特技や長所など、何か自慢できることはありませんか?」

勇者「......あっ、しゅ、修行がんばりました!」

大臣「あー、そうですか」

※まだ未完結です

元スレ
大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「......あっ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360889763/


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:05:20.26 ID:xve0yfvY0

王様「そんなかたっ苦しい話ししないで良いじゃんさ大臣」

大臣「ですが王様、こちらの財も有限なのです。魔王討伐を見事成し遂げれば王国の名も上がりますが......」

大臣「それにはそれ相応の期待できる勇者に投資したいというもの。こうして面接をしそれを見極めなければ」

王様「他の勇者がいる王国は自分の国の手柄にするって血眼だけどさ、ここはそういうのよくない?」

大臣「期待できない勇者なら投資せずにその金を行政に使いますが、やはり魔王討伐の名声も大切ですよ」

王様「『俺の国の勇者が絶対魔王倒すんだ!』ってのが嫌なんだよ。普通に頑張ってって送り出そうよ」

勇者「......あっ、俺別に投資とかいらないんで、もう旅出ますんで」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:12:27.13 ID:xve0yfvY0

王様「めちゃくちゃ期待されても勇者もプレッシャーだよね」

勇者「あ、はい、はい」

王様「ほら大臣、こんな下らない面接してないで俺たちはこの国守っていようよ」

大臣「......。わかりました、勇者よ」

勇者「あっ、はいなんでしょうか?(まだ話しあんのかよ......)」

大臣「仲間が欲しいなら街の酒場に行くと良い、魔王を討てば城から報償が下ると言えば簡単に集まるぞ」

王様「だーかーらー」

勇者「あ、ま、覚えときます......。もう行っていいですか」

王様「......よし。では勇者よ!魔王を倒す旅にいざ参れ!」




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:19:19.24 ID:xve0yfvY0

ー酒場ー

勇者(旅に出る前からもう疲れた......。結果的にあんまり期待されない送迎は気楽で良いわ)

店主「いらっしゃあい」

勇者(そこはまあ、王様に感謝だなー。他の勇者はめっちゃ張り切ってるのかな王国ぐるみで)

店主「......あら、あなた?」

勇者「あっ、えっと勇者です、あの、なか、あっ」

店主「みんなー! 勇者よー勇者が来たわよー!」

「なにー!勇者!?」

「じゃあ魔王討伐の仲間集めか!」

「魔王討伐出来れば名も上がるし城から報償ももらえるだろ!多分!」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:26:33.43 ID:xve0yfvY0

勇者「うっわ、うっわ酒くっさ」

「俺戦士やってんだ、金は少しでいいから俺雇ってくれよ!」

「私はただで良いよ!私は盗賊、偵察や盗みはお手のもんよ!」

勇者「うっわ、うっわ」

「私は魔法使い、タダで雇って良いわよ!その代わり討伐した後の城からの分け前を......」

「あっ!てめえずりぃ! 俺もタダで良いぞ!なあ俺を旅の仲間にしてくれ!」

勇者「店主さんすいません帰ります!」

店主「あー、......なんかごめんね」




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:33:35.23 ID:xve0yfvY0

ー外ー

勇者「なんだこれ......、最初の街ですでにボロボロじゃないか」

???「本当にそんなんで魔王を倒す勇者なのかしら?」

勇者「え、どこ、どこにいるの」キョロキョロ

???「上よ上」

勇者「......上、うっわ女の子が酒場の屋根から俺を見降ろしてやがるうっわ」

女の子「酒場に来たのは旅の仲間集めのためでしょ? なんで一人で店出てるのよ」

勇者「......ちょっと、苦手なタイプだったから」

女の子「あ、そう。じゃあさ」ピョン

勇者「あ(せっかくパンツ見えてたのに......)」

女の子「私は苦手なタイプ?」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:40:48.71 ID:xve0yfvY0

勇者「......あっと、あ......酒場の人たちはみんな話しする気ないんだもん(顔近いよ......)」

女の子「みーんな城からの出るかもわからない褒美目当て、名声目当てだもんね」

勇者「褒美か......いやまあ俺も欲しいけども」

女の子「そればっかに目が眩んで旅の危険さを知りもしない馬鹿ばっかなんだもんね」

勇者「......あ、あ、はい(顔近いって)」

女の子「そんな馬鹿仲間にしたってたかが知れてるわよね?」

勇者「......えへえ、んまあ」

女の子「で、私はそいつらみたいに苦手なタイプ?」




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:46:28.05 ID:xve0yfvY0

勇者「......いやまあ、話しはできてるから......まあ(面と向かって苦手とか言えるわけねえだろう......)」

女の子「じゃあさ、私を旅の仲間に入れてよ!」

勇者「あー、......あっ、あ」

魔法使い「私は魔法使い、この平和な王国にいるボケた奴らよりは強い自信あるよ」

勇者「お、おお」

魔法使い「......仲間にしてくれる?」

勇者「......あ、オッケー(やった、思わず言っちまった)」

魔法使い「やった! よろしくね勇者!」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:54:43.53 ID:xve0yfvY0

魔法使い「酒場の連中が外出てくる前にここ離れよ」タッタッタ

勇者「はいわかりました」タッタッタ

......

勇者「あ、ちょっと」

魔法使い「おうどした?」

勇者「ちょっと家にさ、王様に謁見してきたってのと旅に出る報告をしたくて」

魔法使い「......そう、どこにあるの?」

勇者「この角曲がって真っ直ぐの街のはずれ」

魔法使い「由緒ある勇者の血縁にしては辺ぴな所に住んでるのね」

勇者「......」




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:58:46.52 ID:xve0yfvY0

勇者「......着いた」

魔法使い「辺ぴとは思ってたけど、本当に辺ぴね」

勇者「......。母さんに会ってくるわ」

魔法使い「......」

勇者「あいさつ程度ですぐ済むと思うけど魔法使いも会う?」

魔法使い「......私はいいや、ここで待ってる」

勇者「わかった、んじゃ」スタスタ

勇者「母さーん、ただいまー」ガチャ

魔法使い「......」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 11:03:02.25 ID:xve0yfvY0

勇者母「あらおかえり」

勇者「王様の謁見終わったよ」

勇者母「そう......じゃあ、旅に出るのね」

勇者「そうだね、まあ勇者だから仕方無い」

勇者母「お前が毎日頑張って修行してたのは私が知ってるんだから、自信持って行きなさい」

勇者「......ありがとう、じゃ、行ってきます」

勇者母「......あー、ちょっと待った! これ」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 11:09:36.86 ID:xve0yfvY0

勇者「......フライパン?」

勇者母「旅の途中は野宿することもあるでしょ? しっかりした料理食べれるようにそれ」

勇者「......フライパン?」

勇者母「フライパン!」

勇者「なんかさ、家に代々伝わる剣とか盾とかねえの?(そんなもの見たことないが)」

勇者母「そんなもの見たことないわよ」

勇者「親父の形見的なそれで、例えば伝説の剣とかは?」

勇者母「千年前の勇者の栄光なんて今も輝いてるわけないでしょ。そんなのあったら金にしてるわよ」

勇者「......あ、そっかー。じゃ、行ってきまーす」

勇者母「行ってらっしゃーい」




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 11:15:06.76 ID:xve0yfvY0

魔法使い「終わった?」

勇者「うん」

魔法使い「親との別れってそんなもんで良いの?」

勇者「少なからず俺の所はね......んじゃ行くか」

???「待って下さーい!」

魔法使い「ん? 誰ぞこの声は」

勇者「......あ」

???「ハア、ハア、ハア。なんでですか、勇者さん、......なんでですか!?」

勇者「......僧侶」

僧侶「なんで私に黙って旅に行っちゃうんですか!?」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 11:22:14.14 ID:xve0yfvY0

魔法使い「誰?彼女?」

勇者「......あ、違う(うっわ女の子二人になっちまったようっわ......)」

僧侶「いつも私言ってたじゃないですか魔王討伐の旅は私をつれていって下さいねって!」

勇者「......あ、うん、言ってた言ってた」

僧侶「なんで私に旅に出ること教えてくれないんですか!?」

勇者「あ、いや、だって......」

魔法使い「すっげー、勇者モッテモテー」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 11:28:26.43 ID:xve0yfvY0

ー街の門ー

勇者「......」

魔法使い「ではここに、魔王討伐に向かいし『東の勇者』とその仲間ァ!」

僧侶「僧侶!」

魔法使い「魔法使い!」

勇者「......」

魔法使い「ほら! 勇者勇者」

勇者「......あ、え?」

僧侶「ほら、勇者さん勇者さん」

勇者「あはい? えへ?」

僧侶・魔法使い「......」

僧侶・魔法使い「いざ、しゅっぱぁぁぁっぁぁつ!!」

勇者(一人旅が良かった一人旅が良かった一人旅が良かった)




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 11:38:40.27 ID:xve0yfvY0

魔法使い「ここから一番近い街は......西の方角にある『ドゥンゲオン』って街ね。変な名前」

僧侶「勇者さん怪我はないですか? 回復しましょうか?」

勇者「いやまだ魔物と戦ってないから......怪我も何も」

魔法使い「勇者と僧侶は何? どういう関係なの?」

勇者「......あ」

僧侶「ただの幼馴染です!」

魔法使い「え、ただの幼馴染なの?」

僧侶「はい、そうですけど......? どうしたんですか?」

魔法使い「えっ、ただの?」

勇者「......」

僧侶「はい。どうかしました?」キョトン

魔法使い(あっ、これだめだ)




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 11:46:40.08 ID:xve0yfvY0

魔法使い「......ごめんね勇者」

勇者「......謝らないで」

僧侶「?」

魔法使い「はあー、しっかし綺麗な野っ原ね。魔物の影一つもない」

僧侶「私たちの王国は比較的平和でしたからね」

勇者「......なんだかんだ王様の統治が良かったんだよ」

魔法使い「でもまあ、王国から離れれば魔物との戦闘は増えていくのは覚悟しなきゃね」

僧侶「......わ、わわたし、頑張りますよっ......」

魔法使い「おー、その意気だ! まあ前線で怪我するのは勇者に任せなさい」

僧侶「け、怪我なんてダメですー!!」

勇者「......。(だから置いて行きたかったんだよ......)」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 11:52:09.36 ID:xve0yfvY0

勇者「......日が落ちてきたね」

魔法使い「ふいー、歩いた歩いた」

僧侶「そこの木にテントを張って、今日は野宿しますか」

勇者「あ、うん。良いんじゃない?」

魔法使い「一日目は戦闘無しかぁー」

僧侶「物騒なこと言わないで下さいよっ!」

勇者「......あ、まあ取りあえず休もう、ね」




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 12:00:05.53 ID:xve0yfvY0

...夜...

僧侶「魔法使いさん寝ちゃいました......」

勇者「僧侶もテントの中で寝てなよ(うっわ僧侶ってか女の子と夜に二人きりとかうっわどうしよ)」

僧侶「勇者さんは寝ないんですか?」

勇者「俺も寝るよ、ここで」

僧侶「そんな、風邪引いちゃいますよ」

勇者「一人は外にいないと、いつ魔物が近づいてきても気付けるように」

僧侶「じゃあ私も」

勇者「僧侶は中で寝な!」

僧侶「......はっ、はひぃ。では、お休みなさいぃ」

勇者「......うん、お休み」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 12:10:25.14 ID:xve0yfvY0

...朝...

魔法使い「ふわぁーあ、おはよう勇者......」

勇者「お、おはよう(迂闊だった、ドキドキしすぎて眠れないだなんて)」

魔法使い「......どした、そのクマ」

勇者「......なんでもない(もっと女の子の耐性付けなきゃ死ぬ。魔王討伐とか果てしねえ)」

魔法使い「......そ、そう。もしかして外で見張りしてたの?」

勇者「......まあ、そうだな」

魔法使い「......それは、ありがとう。でも別にこんな平和な所だし中で一緒に寝ても良かったのに」

勇者「......あ、ええと」

魔法使い「勇者がやれる男に見えないし」

勇者「......(......なんだよちくしょう)」ズーーーン




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 12:16:05.50 ID:xve0yfvY0

魔法使い「僧侶起こして朝食にしましょ」

勇者「じゃあ俺支度してるわ」

魔法使い「そう? じゃ起こしてくるわね」

勇者「〜♪〜♪(うっひょー、外で料理すっげえワクワクするぅ!)」

僧侶「......おはよう、ございます」

勇者「お、おはよう」

魔法使い「なんで二人してお揃いのクマ作ってんのよ......ペアルックかよ」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 12:20:59.18 ID:xve0yfvY0

魔法使い「ごはんも食べたし出発しましょうかっと」

僧侶「とっても美味しかったですよ勇者さん!」

勇者「......あっ、ありがとう」

魔法使い「ご飯食べたら元気漲ってきたー!」

僧侶「私もです!!」

魔法使い「いよっしゃ! いっちょ景気付けにやりますか!?」

僧侶「そうしましょう!」

魔法使い「『東の勇者』PT......」

僧侶・魔法使い「出発!!!」キャッキャッキャ

勇者「なんでお前らそんな仲良いの......」




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 12:26:04.70 ID:xve0yfvY0

魔法使い「目指す街まであと半分くらいねー」

勇者「......ッ! 魔法使い、僧侶下がれ!」チャキン

僧侶「へっ! えっ!」

魔物のむれがあらわれた!▽

魔法使い「ほーらあんたは後衛でしょ邪魔にならないように下がってるの!」グイ

僧侶「あうー」

勇者「おりゃっ、とりゃっ、せいやっ」ズバババッ

魔物たち「うぎゃー!」

魔物のむれをたおした!▽




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 12:33:03.81 ID:xve0yfvY0

魔法使い「......ふーん、あの国の人間にしちゃあ戦闘慣れしてる風ね」

勇者「やってたのは修行と勉強だけだよ、魔物を殺したのはこれが初めてだ」

魔法使い「......へえ、祝ってあげようか? 勇者の初めて」

勇者「......祝うなんてめでたい行いじゃないことはわかったよ」

僧侶「あわわわわ、あわわわわ」

魔法使い「? どしたの僧侶(お、お、お?魔物の鮮血と死体にビビったか?)」

僧侶「ゆゆゆ、勇者さんお怪我はないですか!私回復しますよ!」

勇者「大丈夫だから!ノーダメージだから!」

魔法使い「......ふうん」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 12:49:29.04 ID:xve0yfvY0

魔物のむれがあらわれた!▽

勇者「せーい」ズバババ!

魔物のむれがあらわれた!▽

勇者「おりゃあ!」ズババババ!

魔物のむれがあらわれた!▽×10!

勇者「どっせーい!」ズバババ!×10!

魔法使い「『ドゥンゲオン』に近づくにつれて魔物が増えてきたわね......」

勇者「魔法使いも手伝えよー!」

魔法使い「えっ、たるい! それにこの綺麗な野原荒野にしたくないし、いや結構マジで」

勇者「こんの......仲間にしろっつったのお前だろー!」

魔法使い(それにしてもやけに多いわね......街の回りなのに)




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 12:57:13.18 ID:xve0yfvY0

勇者「大発見だよ......国の外には魔物がうじゃうじゃいるってね」ハアハア

僧侶「怪我してませんか!?回復しますか!」

勇者「ごめんね僧侶、大量の魔物と戦ったけどノーダメなんだ」ハアハア

僧侶「ふぅぅ......」ホッ

魔法使い「でもさすがに勇者も疲れてきてるわねー。早いとこ街に着いて休みましょう」

勇者「多い......魔物多いよ......」

魔法使い「やけに、ね」

勇者「魔法使いはおかしいと思ってるの?」

魔法使い「今夜......と明日は月が厚い雲に覆われそう、そんな日は魔物たちが湧くのよ。魔力と共に」

勇者「勉強したな、それ」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 13:04:29.89 ID:xve0yfvY0

魔物のむれがあらわれた!▽

魔法使い「それにしても、まあ雑魚ってのもあるかもしれないけど一撃で仕留めてるわね勇者」

勇者「本で読んだからなあ、魔物の特徴とか急所とかは頭に入ってる」ザクグサバサリ

魔物のむれをたおした!▽

僧侶「見えましたよ! あそこにあるのが目的の街です!」

魔法使い「ええっと......『観光と貿易の街』、か。中央にあるのはお城か、王国みたいねー」

勇者「なんでも良いから早く休もう、ホント疲れた」ハアハアハア

魔法使い「カジノに劇場、大きい市場もあるみたいね」

勇者「今は早く宿を探そう......」




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 13:10:22.76 ID:xve0yfvY0

ー街ー

門番「どちらさんですかい?」

勇者「......あっと、えっと、東の王国から来た勇者です」

門番「おお! あなたもですか! ようこそ観光と貿易の街ドゥンゲオンへ!」

僧侶「もって言いましたね」

魔法使い「もって言ったね。勇者のやつ門番にテンパって気付いてねえや」

門番「ここはとても平和な街で綺麗ですよ! 世界中から観光客がきています!」

勇者「あっ、はい」

門番「なんなら街の中を案内させましょう!」

魔法使い「いやー、大丈夫! それより安い宿教えて!」




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 13:14:50.90 ID:xve0yfvY0

ー宿ー

店主「......いらっしゃい」

勇者「......えーっと、そのあの」パクパク

魔法使い「三人一泊したいんですけどー」

店主「ふっへぇ、一部屋かい?」ニヤニヤ

勇者「二部屋で! 二部屋で!」

店主「値段張るよ?」

勇者「二部屋で! 二部屋で!」

僧侶「勇者さん必死ですね」

魔法使い「まあ、払うお金ほとんど勇者が稼いだようなもんだし、好きにさせよ......」




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 13:18:44.29 ID:xve0yfvY0

ー部屋ー

勇者「疲れた......」

勇者「旅がこんなに......疲れるものだなんて」

勇者(そのほとんどが気疲れだが)

勇者「今日はゆっくり寝よう、さっさと寝よう」

勇者「......」

勇者「ぐーぐー」




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 13:24:05.86 ID:xve0yfvY0

ー部屋ー

僧侶「魔法使いさんはどうしてこの旅に?」

魔法使い「どうしてって、魔王を倒す旅に着いてきたかって?」

僧侶「はい」

魔法使い「......決まってるじゃなーい、当然魔王を倒すためよ」

僧侶「そう......ですか、なんか魔法使いさんには何か目的があるのかなーって」ハハハ

魔法使い「その話しは別に今じゃなくて良いでしょう」

僧侶「は、はい、スミマセン......」




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 13:32:23.30 ID:xve0yfvY0

魔法使い「んじゃあ、僧侶は?」

僧侶「私は......その」

魔法使い「あんな頼りないやつに着いて行っても危険なだけよ?」

僧侶「そ、そんなことないっ、頼りなくなくないですよ!あれ?頼りなくない?あれ」

魔法使い「ぶはっ、ムキになっちゃってかっわいいー」ハッハッハ

僧侶「優しくて、頑張り屋さんで、とっても頼りです!」

魔法使い「ほーん、で? なんで一緒に旅に?」

僧侶「......それでも心配だったんですよ。怪我して欲しくないし、いなくなって欲しくないから」

魔法使い「......。じゃ、寝ましょうか」ニヤニヤ

僧侶「なにニヤついてるんですか!」

魔法使い「はーい、もうお休みなさーい」

僧侶「......お休みなさい!」

......





50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 13:40:27.96 ID:xve0yfvY0

...朝...

勇者「はあよく寝た......」

魔法使い「お、勇者おはよー」

僧侶「おはようございます!」

勇者「おはよう......君たち早いね」

魔法使い「あんたが遅いのよ、待つのも癪だから先に朝食頂いてるわよ」

僧侶「疲れは取れましたかぁ? ご飯美味しいですよ、勇者さんも早く食べましょう」

勇者「......そうするわ」

魔法使い「今日はどうするの?」

勇者「......そうだな、まあ、店で食料と道具と装備を見てさっさと出発するよ」

魔法使い「観光はしないの?」

勇者「いやあ......勇者の手前そういうのはな......」




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 13:46:21.18 ID:xve0yfvY0

店主「あんたらも勇者さんだったのか」

僧侶「そうですよー、魔王を倒すために旅してます!」

魔法使い「そうそう、この街他にも勇者がいるの?」

店主「ああ、『西の勇者』が一週間前から滞在してる」

僧侶「一週間前......」

勇者「......え?あれ? 俺の考えが間違ってるの?」

魔法使い「大丈夫、見習うべきはあんたの方だから」

僧侶「......一週間前」

魔法使い「随分楽しく魔王討伐の旅してるみたいね」




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 13:54:44.94 ID:xve0yfvY0

店主『せっかく来たんだ、中央に建ってるお城に行って王様にあいさつしてきなよ。城自体も観光名所なんだよ』

ー市場ー

勇者「......まあ、よくよく考えれば訪れたのにあいさつの一つもしない勇者ってのも無愛想か」

魔法使い「そりゃそうよね。あんたホント、コミュニケーションに礼儀の一つもなってないのね」

勇者「......だってそんな人と喋ったことないんだもん。王様とかついこの前初めて会ったよ」

僧侶「私が教えておけば良かったです......スミマセン」

魔法使い「いや......アンタ謝る立場じゃ」

勇者「......」ズーーーン

魔法使い「ほら......いらん罪悪感じてる」




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 14:05:03.19 ID:xve0yfvY0

勇者「......いやでもまあ、俺なんかが王様んとこ行ったって別に」ブツブツ

魔法使い「ほ、ほらほら勇者! 武器屋だよ!その隣には防具屋もある! 入ろ入ろ!」

僧侶「そ、そうですよ勇者さん! 勇者さんが集めたお金でたくさん買い物しましょー!」

勇者「......うん、そうだな。そうだな! よし武器屋行くぞ!」ドンッ

男「おっとスマン」

勇者「こ、っこちらこそぶつかってシュミマセン(やっべ背の高い兄ちゃんにぶつかちゃった殺される!)」

魔法使い「ビビりすぎだっつの」

僧侶「回復しますかっ!」

男「一週間前から勇者がここらで遊んでるからそれで殺気立ってる連中もいる。そいつらにぶつからんよう気ィつけな」

勇者「......あ、はい、スミマセンわざわざ」

男「んじゃな」




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 14:12:15.28 ID:xve0yfvY0

ー武器屋ー

店主「いらっしゃーい」

僧侶「うっわー! いっぱいありますね!武器が!」

魔法使い「そりゃあ武器屋なんだもん当然でしょ」

勇者「......すっごいなー、さすがは貿易の街と謳うだけはあるな。いろんな剣が揃ってる」

店主「何かお探し物ですか」スススッ

勇者「......ッ!?!? ひぃっ!(うっわこれ一番嫌なやつうっわうっわ!)」

魔法使い「て、店主さーん! 魔法使い用の杖で良いのなんかないー?」

店主「おお、それでしたらあちらに......」クルッ

勇者(たたた、助かった......)ゼハーゼハー




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 14:19:10.38 ID:xve0yfvY0

ガチャッ

???「ここがこの街一番の武器屋かァ!」

店主「......おや、はっ! いやいや『西の勇者』様御一行ではありませんか!いらっしゃいませ!」

西の勇者「おいおい店の主ィ、その言い方止めてくれよ! 他にも勇者がいるみてえじゃねえか!」

勇者「......(あ、ダメなタイプだ)」

魔法使い「このローブ丈夫そうね」

僧侶「この帽子可愛いですよ!」

西の勇者「俺が、俺こそが『勇者』だっ! 他の偽物はみんな雑魚、俺のことは変な方角つけねえで勇者と呼べ!」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 14:27:05.02 ID:xve0yfvY0

魔法使い♀「ねえ勇者様ー、さっさと買って遊びにいこーよー」

僧侶♀「カジノ行きてえ......」

西の勇者「ふっふっふまあ待ってろお前たち、店主、勇者と魔法使いと僧侶の......」

店主「......ッ!」ゴクリ

西の勇者「勇者と魔法使いと僧侶の装備一式、全部一番高いやつをくれ!」

店主「はっ!はいいいい! おい防具屋ああああ!!」

防具屋店主「わかってらあ、まいどぉぉぉ!」

勇者「......(はっはっは、これが大臣の言ってた『投資』ってやつなのかね)」

西の勇者「......ん? お前は誰だ?」

勇者「うっわ最悪。目付けられた」ボソッ




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 14:35:23.35 ID:xve0yfvY0

勇者「ええっと......あれです、向かいの酒場に奉公してる丁稚です」

魔法使い「ねえ勇者、私これ欲しいー」

僧侶「勇者様! 見てくださいこの帽子可愛くないですかっ!」

勇者「......」

西の勇者「......お前」

勇者「丁稚です!!!」

西の勇者「嘘つけーい!!!」

魔法使い♀「なに、そこにいる男も勇者? あーそういやそういう話し聞いたかも」

僧侶♀「カジノ」

魔法使い♀「でもなんか貧しそうねっフフっ!」

西の勇者「ハッハッハ! 雑魚で貧乏な勇者かっ! こいつは傑作だ!」




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 14:50:45.82 ID:xve0yfvY0

魔法使い「誰この人たち? 勇者なんか悪いことしたのすっごい罵倒されてるけど......」

勇者「自分の肩書嘘つきました」

僧侶「見て見てー勇者さーん、帽子ー!」

僧侶♀「......カジノ」

魔法使い♀「何?そこの二人が貧乏勇者の連れなの? っフフフ、これまた貧相な」

魔法使い「......あ?」イラ

僧侶「貧相じゃないですよー! 勇者さんが魔物からいっぱいお金取ったんですよ!」

勇者「......あ、そうそ」ゾクゥ!

西の勇者「ハッハッハ、どうせ魔物数体分の金だろう!俺のPTに入りなかわい子ちゃんたちっ!贅沢させてやるよ!」




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 14:59:38.41 ID:xve0yfvY0

魔法使い「ふざけんな、んな糞つまんねえ旅願い下げだ」

僧侶「......あっ、私は遠慮します」

西の勇者「なんて謙虚な子たちだ! 貧乏勇者の教育か!? やるじゃないか!」

魔法使い♀「いーよいーよ、こんなガキ連れてったって邪魔なだけだしさ」

魔法使い「ずっとこの街で遊んでるのが身のためよババア。それでぶくぶく太っちゃ身のためじゃないけどね」

魔法使い♀「......この糞ガキ」

店主「勇者さんお待たせしました! これが三人の装備一式です!!」




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 15:08:04.10 ID:xve0yfvY0

勇者「......あっ、はんっ、ふんっ」ダラダラダラ

西の勇者「ふん! さすがだ店の主! 俺が魔王を倒したあかつきには『この店の協力のお陰』と宣伝してやろう!」

店主「ありがたき幸せー!!!」

勇者「......やっべえ」ダラダラダラ

魔法使い♀「勇者様さっさと遊びに行こう」

僧侶♀「カジノ」

西の勇者「はんっ! せっかくだ貧乏勇者の買い物を見物してやろうじゃないか!」

魔法使い「......まあどうでも良いけどさ、こいつうっさいし私たちもさっさと買って店出よ」

僧侶「勇者さんの財力見せつけちゃって下さい!」

勇者(やばいやばいやばいやばいやばい)ダラダラダラ




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 15:13:25.76 ID:xve0yfvY0

魔法使い「......えっ、何その尋常ならざる汗」

僧侶「回復ですかっ! 回復しますか!」

勇者「......イ...ク...シタ」ダラダラ

魔法使い「んっ? 何聞こえない」

僧侶「帽子っ帽子っ」

勇者「......サイフナクシタ」ダラダラダラ

僧侶「ぼうっ、え......?」

魔法使い「あんた......」

勇者「......財布失くしましたごめんなさいごめんなさいごめんなさい」ダラダラダラ




77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 15:22:35.69 ID:xve0yfvY0

僧侶♀「......くっ」プルプル

西の勇者・魔法使い♀「ぎゃーはっはははははははは!」

西の勇者「貧乏な上に大切な大切な小銭の入った財布を失くしたってか!?」ハハハ

魔法使い♀「とんだ間抜け勇者と一緒に旅してるのねあんたたち!」ハハハ

魔法使い「......」ブルブルブル

僧侶「私帽子いらないですし! 全然気にいってませんでしたし!」

勇者「ほんとごめんほんとごめんほんとごめん」ゴンゴンゴン

西の勇者「ずいぶん笑わしてくれるな貧乏勇者! また俺たちのPTに笑いが足りなくなった時」

西の勇者「俺の所へ笑わしに来てくれ!!! じゃあな!」

店主「ありがとうございましたあああ!」




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 15:30:26.98 ID:xve0yfvY0

ー店の外(再び市場)ー

勇者「ごめんなさい、今から一日魔物と戦ってきます......」

僧侶「私も着いて行きます!」

魔法使い「んなことすんな、負けを認めることになるだろうが」イライラ

勇者「負けって......誰に? 西の勇者たち?」

魔法使い「あんな小物ども戦う気にもならねえよ」イライラ

勇者「じゃ、じゃあ誰に」

魔法使い「......ああああ! 腹立つ! 『スリ』だよ! 勇者はスラれたの!」イライラ

僧侶「えええ! スリって現実にあるんですか!?」

勇者「な、なんと! 空想上の生物かと思ってた!!」

魔法使い(平和ボケがこんな所で邪魔しやがってぇ......)イライライラ




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 15:39:11.45 ID:xve0yfvY0

ー闇市ー

露天商「お前......まだこんな所をうろついてんのかよ」

男「へっへっへ、こっちのが気楽で良いんだよ」

露天商「......なあ『戦士』、お前は今はそうなんだろう? こんな所をうろついてちゃいけねえよ」

戦士「......ちゃんと戦士ギルドの仕事してんだから文句ねえだろー」

露天商「......ったく、おい、今この街に勇者がいるらしいじゃねえか。しかも二人」

戦士「ははっ、勇者ねえ......」

露天商「どうせならその勇者の仲間に加わってみろよ、お前の探してる物も見つかるかも知れねえぜ?」

戦士「そーの勇者の片っぽから盗ったんだよ。この財布、ナリの割に貯め込んでやがった『質の良い金』だ」

露天商「......ったくお前は」




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 15:47:53.07 ID:xve0yfvY0

勇者「あっ、見つけた」

戦士「......は?」

勇者「さっきぶつかったお兄さん! 探したよ!」

戦士「......おいおいマジか偶然か!?」

勇者「闇市に偏見持ってるわけじゃないけど、怪しい人っていえば闇市かなーって」

戦士「......ッ!(俺としたことがこいつを甘く見てた)」

勇者「そんでもって来たら見覚えのあるお兄さん!」

戦士「......(見覚えっつったってぶつかっただけだろ!)」

勇者「パーソナルエリアに踏み込む人は少ないからね、印象強いよ。普段絶対入れないし」




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 15:55:54.99 ID:xve0yfvY0

露天商「あきらめやがれよ戦士......」ボソ

戦士「うっせえよ」ボソ

勇者「?」

戦士「やあやあ、ついさっきの人か! 怪我とかは大丈夫だった?」

勇者「......えっと(聞いてねえよなんだこれ!魔法使いの考えてくれたセリフもうねえよ!)」

戦士「ん? どうしたんだい?(さっきまで饒舌だったじゃねえかコイツ)」

勇者「......あっと、えっと、財布を」モゴモゴ

戦士「......ははーん(なるほど、一人頭のキレそうなねーちゃんいたなそういや。『台本』か)」

勇者「......しゃっ、シャイフトッタダローカエセー!」パクパク




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 16:03:46.77 ID:xve0yfvY0

戦士「......えっ! 財布失くしたの!?」

勇者「へあ! へへえ」

戦士「それは気の毒だ、でも俺は心当たりないな」

勇者「あ、あー、ソッスカ、ウィッス」

戦士「俺だから許したけど、人のせいにするのは......」

魔法使い「人のせい? さっき自慢げにそこの露天商に見せてたその財布はなんなのかしら!?」

戦士「は、上か!」

勇者「あいつ上から現れるの好きだな」

魔法使い「その後ろにぶら下がってる財布自慢げに見せてたわよね?」

戦士「ああっ、これは」ワタワタ

魔法使い「自分のなら慌てて隠す必要なくない?」

戦士「......」




96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 16:12:10.78 ID:xve0yfvY0

露天商「もう止めだ! そうだ、こいつがスッたのさ」

戦士「あっ、てめえ裏切りやがったな!」

露天商「元から信じあうような薄ら寒い関係でもないだろうがよ」

魔法使い「てっきりグルだと思ってたわ」

露天商「仲間と思われちゃ心外だ」

戦士「てめえ......」

露天商「俺はしがない闇市の商人だ、日陰で物を売ってるだけ」

魔法使い「私たちに真実を教えてくれたのはなんの気まぐれ? 商品買えって?」

露天商「買わんで良い、貰ってくれ、こいつを」




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 16:20:14.03 ID:xve0yfvY0

勇者「......(もう喋んなくて良いかなー)」ボケー

戦士「ええっと、はああああ!? 俺のことか!ふざけんなよてめえ!」

露天商「友達がいねえからっていっつもここ来るんじゃねえっつうの」

戦士「んなっ......てめえ」

魔法使い「どうでも良いけどこれ返してもらうわね」

戦士「あれその財布、あっ、てめえいつの間に!」

魔法使い「ナメんじゃねえよコソ泥が。おめえに出来て私にできねえと思ったか?調子乗んな糞野郎」

戦士「くっそ俺がこんな女のスリ如きに......」

魔法使い「その如きでいらん恥かいたんだよ!!わかるか!?いらん恥だ!てめえマジでこの街ごと火葬にすんぞ!?」

勇者「それはやめたけで(結局喋っちゃったよ)」




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 16:27:48.43 ID:xve0yfvY0

露天商「おーおー、すっげえ恨まれちゃってること、この色男が」

戦士「いや殺意しか感じねえよ」

勇者「......ええっと。露天商さん?(だめだ今のこの二人じゃ話しになんねえ)」

露天商「どうした......勇者さん?」

勇者「は、まあ、はい。この人をもらうってのはどういった了見で?」

露天商「単純に、目障りだからさ。商売の邪魔だから引き取って欲しい」

戦士「ってんめえこの野郎」

魔法使い「引き取ったあとの命の保証は?」

露天商「命ごと引き取ってくれよ」

魔法使い「引き取った!」

勇者・戦士「待て待て待て」




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 16:38:09.22 ID:xve0yfvY0

戦士「俺は絶対嫌だからな! 露天商の馬鹿!死ね!大っ嫌いだ!」タッタッタ

勇者「あらら行っちゃった」

魔法使い「......金も取り返したし、さっさと買い物再開してこの街からおさらばしましょ」

露天商「......」

魔法使い「しっかり引き取った方が良かった?」

露天商「いや、最後は自分の意志じゃねえと意味ねえよな。仕方ねえ」

魔法使い「良かった、さっきの恩をネタにしっかり引き取れって言われると思った」

露天商「そうしたいのもやまやまなんだがな。......あいつにはもっと世界を見て欲しかった」

魔法使い「ふーん」

勇者「......(盗賊が物陰から様子うかがってるの言うべきだろうか......いいやめんどくせ)」

ー物陰ー
盗賊(何喋ってんだ露天商のヤロー......)




106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 16:45:40.56 ID:xve0yfvY0

ー市街ー

僧侶「あ、おかえりなさーい!待ちくたびれましたよー!」

魔法使い「ただいまただいまー」

僧侶「お財布見つかりました?」

魔法使い「おう、これこれ」

僧侶「わー、良かったですね勇者さん!」

魔法使い「ほっれ勇者パス」ポイッ

勇者「わった、わっと」パシッ

僧侶「大切なお金なんだから投げちゃだめですよー!」

勇者「......(あれ? 財布軽くね?)」ダラダラダラ

ー路地裏ー

戦士「転んでもただじゃ起きねえっつーの。へっへっへ」ジャラジャラ




107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 16:51:57.28 ID:xve0yfvY0

魔法使い「んじゃあ! 買い物再開しま」

勇者「待って!!!!」

魔法使い「どぅわっ! ビックリしたいきなり大声出さないでよ!」

勇者「......その前に、王様にあいさつをしよう!(明らかに少ない!俺が持ってた時よりも!)」

僧侶「そうですねー! やっぱり早めに王様にあいさつ行った方が良いですよー!」

魔法使い「......? まあ、勇者がそんな剣幕で言うなら行くけどさ」

勇者「うん!行こう行こう!」

魔法使い「買い物が嫌なわけじゃないよね?」

勇者「......あっ、ちが、そ、し! 違うし!違うよー!」

魔法使い「......はあ、僧侶、王様の所行きましょ」

僧侶「そうしましょー!」

勇者(良かったバレてねえ......)




108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 17:02:48.89 ID:xve0yfvY0

ーお城の門ー

魔法使い「いっやー、観光の街って謳うだけあって中心街は無駄に豪華絢爛だったわね」

僧侶「教会もすっごい大きかったですねー......」

魔法使い「なんかガワだけって感じだったけどね。無駄にデカくて......」

門番「......君たちは?」

勇者「ええっと、勇者です、はい。一応」

魔法使い「この素晴らしい王国を統治する王様に一度お目にかかりたく参りました」

門番「おお、勇者様御一行でしたか! 王様も喜ばれますよ、ささ中へお入りください」

勇者「ありがとう魔法使い」

魔法使い「こういうのもあんたが出来るようにしてよね」

僧侶「お城もおっきいー!」




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 17:11:20.30 ID:xve0yfvY0

案内役「こちらを右に、三番目の階段を下へ降りて」

僧侶「中も綺麗ですね! お城って凄いですね!」

案内役「ありがとうございます。左へ曲がり右へ行って突きあたりの階段を昇ると王の間です」

魔法使い「やけに入り組んだお城ね」

案内役「外敵の侵入を阻むための作りです」

魔法使い(外敵? こんな観光プッシュの平和ボケした国で?こんなに凝った迷路みたいなお城?)

勇者「なあ魔法使い......さっきの壁の一部さ......」ヒソヒソ

魔法使い「勇者も感じた? 弱いけどきな臭い『魔力』」ヒソヒソ

僧侶「わあー、王様に会うの緊張するなー!」

魔法使い「......今夜は月の隠れる日、せいぜい気をつけましょう」ヒソヒソ

勇者「......はい」




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 17:20:24.48 ID:xve0yfvY0

王様「おお! よくぞ参った『東の勇者』よ!」

勇者「ど、どどどうも......」

僧侶「こんにちは!」

魔法使い「とても綺麗で素敵な王国ですね」

王様「そうじゃろう! 我が財力をもってここまで発展させたのじゃ!」

魔法使い「このお城の入り組んだ設計も王様のアイデアですか?」

大臣「......貴様っ!」

王様「よせ大臣。そうじゃよ! 予が考えたのじゃ!」

勇者「俺の王国と違って随分警戒心の強い王様だなあ......」

魔法使い「王様に会うまでにとても歩きましたよ。とても良くできた『お城』で」

王様「......。そうかそうか! これ大臣、勇者様たちが疲れておる! 魔王討伐の長旅なのだ手厚くもてなせ」




114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 17:29:00.87 ID:xve0yfvY0

王様「どうじゃ我が国の料理は」

勇者「......う、うめえ」

僧侶「美味しいですよ! 当たり前ですよ! ......あ、スミマセンつい」

王様「はっはっは、よいよい! ......魔法使い殿は?」

魔法使い「ええ、美味しいです。すっごく」ニコッ

王様「そうかそうか! ......時に勇者様」

勇者「......ん、は、はい!なんでしょう!」

王様「我が王国には伝説の勇者の血縁は生まれなんだ......そのなんだ」

僧侶「美味しい美味しい」

魔法使い「......この国を勇者第二の故郷にして欲しいってところかしら?」

王様「......まあ、そんな所じゃ。東の王国と言えば隣国も隣国。同じようなものじゃろう?」

魔法使い「それ、もしかして『西の勇者』にも言ったんじゃないんですか? 王様?」




116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 17:37:37.85 ID:xve0yfvY0

王様「......うぐぅ、いや、言っておらんぞ?」

魔法使い(......言ったな)

勇者(......言ったな)

僧侶(......美味しい)

王様「予も自分の王国から魔王を討伐した勇者を出したいのじゃ!」

魔法使い「でも、こればっかりは仕方の無いことですよ」

勇者「魔王の脅威無き時代は勇者は避けられる......」

僧侶「......勇者さん」

勇者「俺みたいなば......俺みたいなやつ、保有するだけで苦労しかありませんよ」

王様「......うぐぅ。そう言えば『西の勇者』も同じようなことを言ってたのう......」

魔法使い(あの小物もなんだかんだ大変だったのかもね。......ってか)

僧侶「やっぱり言ってたんですね王様!」

王様「あ、しまった!」

魔法使い「こら僧侶! あんたは料理押美味しく食べてるだけで良いの!」




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 17:45:15.00 ID:xve0yfvY0

...夜...ー宿ー

店主「なんだ今日もここで泊まりか?」

魔法使い「良いじゃない別に? 魔王倒したらこの街でお世話になった宿屋さんって宣伝するわよ?」

店主「いらねえよんなの。忙しくなるなんざごめんだね。しかもちょっと馴れ馴れしくなりやがって」

勇者「......あ、えっと、三人一泊、二部屋貸して下さい」

店主「......あいよ、今日はお城見てきたのかい?」

僧侶「見てきました! とっても綺麗なお城でした!」

店主「そうかそうか、で、王様と食事をしたのか」

魔法使い「とっても美味しい料理だったわよ? ここよりも」

店主「うるせえよ。さっさと部屋行けよ勇者ども」

勇者「俺一回も煽ってねえよ!」




119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 17:52:56.55 ID:xve0yfvY0

店主「どうせなら城に泊まっちまえば良かったものの」

魔法使い「あのお城なんか居心地悪いのよ」

僧侶「......それ私も思ってました」

店主「あー、まー、そんなとこよりはマシな俺の宿ってか?」

魔法使い「物分かり良いわねー、そマシな。......ん?」

勇者「おい魔法使い! なんか街中に魔力が集まってきてないか!?」

魔法使い「月が隠れる日! 何かあるってまんまと当てちゃった、私って天才!」

店主「どうしたお前ら、険しい顔して」

勇者「店主さんは店から一歩も外に出ないで下さい! 僧侶!魔法使い!」

僧侶「は、はいっ!」

魔法使い「うーんいっちょやるか!」

勇者「行くぞ! 戦闘だ!」ダダッ




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 17:59:26.23 ID:xve0yfvY0

ー外ー

魔物のむれ「ギィィィ!! ウガァァァ!!」

勇者「おいおいおい魔物ばっかじゃねえか!?」

魔法使い「こいつら多分この前の街の回りにいた魔物たちよ!」

僧侶「なんでこんなにいっぱいいるんですか!?」

魔法使い「通りで外にあんな大量の魔物の群れがいたわけよ!」

勇者「く、せいや!」ズバッ

魔物「うぎゃあああああ!」

勇者「どういうことだ魔法使い!」

魔法使い「然るべき時のために戦力を集めてたのよ!」

僧侶「然るべき時!?」

魔法使い「月の隠れるこの日のために!」




125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 18:05:41.76 ID:xve0yfvY0

兵士1「くうっ、この!」ズバッ

魔物「うぎゃ」

兵士1「ふう......やっと一匹」

兵士2「馬鹿ッ!まだ生きてるぞ!」

魔物「シャアアアアア!!」

兵士1「えっ?」

勇者「僧侶は負傷者の回復を頼む! 俺と魔法使いのことは気にするな!」ズバッ!

魔物「が......あ......」

僧侶「で、でも勇者さん」

勇者「気にするなっ!!!」ズバババブシュウ!

僧侶「はっ、はひい!」

兵士1「あ、ありがとうございます!」

勇者「......あ、えっとその、えっと、頑張ってくだしゃい!」

兵士1「!? はっ、はい!?」




126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 18:13:09.61 ID:xve0yfvY0

魔法使い「おーら!炎熱魔法! 炭になりやがれ!」ゴオオオオオ!

魔物のむれ「......ア......アア」ボオオオオ!

勇者「魔法使い!」ズバッ!

魔物「うがあああ!」ザシュッ

魔法使い「あら私に援護は必要ないわよ?」

勇者「魔力が......!」

魔法使い「......うん、どんどんどんどん集まってきてるわね!」

勇者「集まってる、というよりも」

魔法使い「『膨れ上がってる』って方が正しいかしら?」

勇者「お城だ!」

魔法使い「どうする勇者? ちなみに私は行きたくない」

勇者「......俺が行く!!」




129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 18:22:57.80 ID:xve0yfvY0

ー中心街ー

魔法使い♀「勇者様後ろ! 閃熱魔法!」グオオオオ!

魔物のむれ「ぐわああああ!」

西の勇者「後ろだと!?そんなこと言わずともいい! 背中はとうの昔にお前に預けたはずだ!」ズババババ!

魔物のむれ「ぎやああああああああああああ!」

魔法使い♀「......くっ! それにしても数が多いわね!」

西の勇者「魔力が城に集結していってるな!! 魔物たちが城を攻め落とそうとしているぞ!」

魔法使い♀「でもこの数! 三人この場で戦うのが精いっぱいよ!」

僧侶♀「......回復」パアア......

魔法使い♀「ありがとう僧侶!」

西の勇者「魔物が多すぎて一歩もうごけーーーーーん!!」




133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 18:46:00.81 ID:xve0yfvY0

ー闇市ー

戦士「なんだこれなんだこれなんだこれ!」タッタッタッタッタ!

魔物の群れ「ウッガアアアアアアアアアア!!」グワア

戦士「お、っと! あぶねっ! あらよっと!」ヒョイヒョイヒョイ

魔物の群れ「シャアアアアアアアアア!」

戦士「待ってやっかよウスノロどもが!」

戦士「しっかしなんでまた魔物が一気に街に攻め込んできたんだ!?」

戦士(そんなことより露天商の馬鹿野郎っ! あいつずっと外だろうが! ......ここを右!)

戦士「おい馬鹿野郎! ......っ!」

魔物「? グゲ?」ポタポタ......

露天商「......て、めえ、馬鹿やろ、う。めざわりだ、っつたろうが」フーフー

戦士「ッ!!! この野郎ォォォォォォ!!!」ダダッ




137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 18:59:15.57 ID:xve0yfvY0

魔法使い「勇者のやつちゃんとお城に辿り着けてるでしょうね!」ゴオオオオ!

魔物の群れ「ぐおおおおおおおおおおお!!!」ボオオオオオ!!

魔法使い「喰らえ爆裂魔法!」ボボボン!!

魔物の群れ「ぐばっ!」ドパパパン!!

魔法使い「あーもうじれったいこの街火の海にしてえ! 疾風魔法! ......っ!!」ズババババ!

魔物の群れ「ぐぎゃあああああ! ......」ズババババ!

魔物の群れ「? グゲ? グゲゲ?」キョトン

魔法使い「......ちったあ骨のあるやつが出てきたみたいじゃん?(城行った方が正解だったなこりゃ)」




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:06:20.73 ID:xve0yfvY0

魔物「......グ......ゲ」ゼーゼー

戦士「はあ、はあ、......ぐぅっ! はあ、盗賊上がりの戦士ナメんじゃねえよ」ハアハア

魔物「グゲ......グゲ!」グワァ

戦士「はあ、くっそ、もう!」サッ

魔物「グゲッ!?」スカッ

戦士「さっさと」グワァ!

魔物「グゲー!!」

戦士「死にやがれェ!!!」ズバァァン!!

魔物「......」

戦士「大発見だね、はあ、はあ、斧は重い!」ゼエゼエ

魔物「......グゲ?グゲゲ?」




141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:07:55.06 ID:3pXZB/FB0

戦士みたいなキャラいいな




142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:11:51.02 ID:xve0yfvY0

ーお城の門ー

勇者「そこ開けてええええ!!!」タタタ!

門番「あの姿は......勇者様!」

勇者「早く開けてええええ!!!」タタタ!

門番「なりません! 魔物を中に入れることになります!」

勇者「くっそ! 仕方ないか!」チャキン

門番「えっ? うっそ!? え、ちょ、待って待って開け」

勇者「お邪魔しまあああああああああす!!!」ズバンズバンズバン!

門番「あ......あ......」パクパク

勇者「魔物を中に『入れる』? 違う、門を閉めたままじゃ『閉じ込めちゃう』んだよ!」




143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:13:37.01 ID:p3RwcMC60

やだ、コミュ障勇者かっこいい




147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:18:12.61 ID:xve0yfvY0

門番「門が......門が......」

門 ガラガラガラガラ......ドシャァァァァァン......

勇者「時間がない、これ以上の街の破壊はさせない!」

門番「......私の......職が」パクパク

勇者「......ごめんなさい」

門番「いや......大丈夫です、それよりも、まだ中に王様と大臣が」

勇者「王様と大臣」

門番「城が一番安全だからということで......二人と数人の兵士を残し、あとは街の防衛へ」

勇者「......うっし! いっちょ城の攻略してきます!!!」タッタッタ




150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:32:17.33 ID:xve0yfvY0

ー闇市ー

戦士「んなっ!?(もう一体出てきやがった!? くっそこっちは)」フラフラ

魔物「......グゲ」ニヤア

戦士「やっべえ慣れない武器で戦うんじゃなかった!」ヨロ

魔物「グゲー」グワァ

戦士「ぐはぁ!(腹パンとかやめろよちくしょう)」ミシミシ......

魔物「グゲゲ!」ダダッ

戦士「......ッ!(やっべ死んだ! ......でもまあ、良いか、どうせ碌でもない人生だ)」

戦士「いや、......んっ!?(体の痛みも傷も治ってく!?)」スウゥ

僧侶「あの時勇者さんにぶつかった人! 怪我してませんか!?今回復魔法やったんですけど!成功しました!?」

戦士「あの時勇者と一緒にいた子か!? すっげえ運!」スタッ、サッ!

魔物「グゲー! ......ゲ!?」スカッ

戦士「てめえとは一回勝ってんだよ! 快適な空の旅でもしやがれってんだ!」

魔物「グゲッ!」スパーン......

戦士「......首だけな」




152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:38:10.29 ID:xve0yfvY0

ー城内 F3ー

勇者「......」イライライラ タッタッタ!

ー城内 F1ー

勇者「......」イライライラ タッタッタ!

ー城内 F4ー

勇者「う、おお......」イライライラ タッタッタ!

ー城内 F2ー

勇者「うおおおおおおおお!!! 迷ったあああああ!!!!!!」




154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:43:59.18 ID:xve0yfvY0

ー城内 F1ー

王様「なんかここもヤバくない!? お城もヤバくない!?」

大臣「いつでも逃げられるように一階にいましょう!」

勇者「......おおおおおおおおおおお!!!!!」イライライラ タッタッタ!

王様・大臣「ひいいいいいいいいいいいいいいいい!!」

勇者「おおおおおお......お?」タッタッタ

王様「勇者様......」ハアハア

勇者「王様無事でしたか!?」

王様「は、はいぃ......なんとか」

勇者「王様!大臣!早くこの城から離れて下さい!」

大臣「王様!」

王様「......うう、嫌じゃ! 我の城から離れたくはない! 街の方がどうせもっと危険なんじゃろ!?」




155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:51:53.97 ID:xve0yfvY0

勇者「......王様」

王様「街に行くのは絶対に嫌じゃ! 魔物がたくさんおるのだろう!?」

勇者「......」

王様「予の城が一番安全じゃ! ここにいれば勇者が守ってくれる!」

勇者「......こいつ(......ッ!? 魔力の膨らみが収束していく!?)」

ゴゴゴゴゴゴゴ......

勇者「ここが城だって......ふざけんなっ!?(見つけたぜぇ......ようやく)」

王様「ひっ!?」

勇者「外敵からの侵入を阻むための入り組んだ作りだぁ?(やっべえ、震えてきた)」ブルブル

ゴゴゴゴゴゴゴゴ......

勇者「じゃあなんでっ! 『ダンジョン』の『秘宝』を守る『ゴーレム』がこんなとこから出てくるんだよォォォォ!!!」

ゴーレム「ウ、ウ、ウ、ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!」




156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 19:54:32.88 ID:YkZSzc0F0

やべぇ盛り上がってきたぞ!




246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:16:58.32 ID:xve0yfvY0

ー市場ー

魔法使い「......あー、きっつぅ」ハアハア

魔物の群れ「......」

魔法使い「なーにがきついって、街壊さないように魔物殺すのがキツイんだよ......」

???「......魔法使い、おい魔法使い」

魔法使い「うっわうっざ、出てくるんじゃねえよ糞犬が......」

???「久しぶりに目を覚ましたら罵倒のモーニングコールたあ、俺の趣味分かってるじゃねえか魔法使い」

魔法使い「喋んな、私の名前を呼ぶな糞犬が」

???「わかるか? この魔力」

魔法使い「......最初からあの『ハリボテ城』は臭いと思ってたよ」

???「『ゴーレム』が復活したな。どうする?」

魔法使い「どうって......決まってるでしょ? 見物しに行くわよ」ニヤニヤ

???「......片方の角が出現してるぜ、魔法使い」




249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:30:44.55 ID:xve0yfvY0

ー闇市ー

僧侶「勇者さんとぶつかった人凄い! 強いです!」

戦士「あー......その長ったらしい呼び方よしてくれ、一応『戦士』って名前があるんだ」

僧侶「え、えー!? 戦士ぃ!?」

戦士「んな驚かなくったって良いだろ......」

僧侶「戦い方とか、なんとなく盗賊っぽいなって思っちゃってました!」

戦士「......っ」ギク

僧侶「ま、どうでも良いんですけどね! 強いことに変わりはない!」

戦士「ノーテンキなやつ。っと、さっきは回復ありがとよ、お陰で魔物を一匹多く殺すことができた」

僧侶「生き延びたことに感謝してくださいよっ!」

戦士「......それともう一つ(こいつらに借りは作りたくねえんだけどな)」

僧侶「なんでしょう?」

戦士「悪いんだが、この奥にいる露天商を一人助けてやってくれねえか(頭も下げてやる、金もくれてやる)」

戦士「......頼む、友達なんだ」




252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:39:34.83 ID:xve0yfvY0

僧侶「わかりましたっ! っていうか頼まれなくても助けますよ!」

戦士「......おお、そうか(んだよ頼んで損した)」

僧侶「勇者さんに任せられたんです! 街の人の回復を!」

戦士「お前一人でかよ? 回復っつうのは単純に魔物と戦ってるよりハードなんだぞ? 自分だって魔物に襲われかねねえのに」

僧侶「片っ端から回復してやりまくりくりましたよ!!」

戦士「へ、へえ、そう(なんだコイツ、化け物かよ)」

僧侶「で、お友達はどこですか!」

戦士「おお、こっちだ! 来てくれ」




255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:50:35.11 ID:xve0yfvY0

戦士「おい糞野郎生きてるか!?」

露天商「......そ、の、声は......戦士か」カヒューカヒュー

僧侶「お友達さん! 待ってて下さい今すぐに回ふ......く」フラッ、ドテン

戦士「お、おい嬢ちゃん大丈夫か!?」

僧侶「ハア、ハア、ハア、ちょっとフラついただけなので、大丈夫です!」

戦士「......そう、か」

僧侶「うっし! ほらこの通り!元通り!元気いっぱい!」

戦士「無理はしなくて、良いからな」

僧侶「それっ! 回復魔法!」パアアアア!

露天商「お......おお、おお!」シュゥゥゥゥゥ......

戦士「って、おいおいおい(致命傷がんな一瞬で治るもんなんかよ!?)」

僧侶「......っふう! ざっとこんなもんですかね!」

露天商「あ、ああ......お嬢さん、ッ!?」

僧侶「? どうかしましたか?」

露天商「いや、なんでもない。ありがとうお嬢さん」




257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 02:59:26.89 ID:xve0yfvY0

僧侶「では私はこのままお城の方へ向かいます! 何か大きな力を感じるので!」タッタッタ

戦士「......行っちまった」

露天商「あのお嬢さんはどこの子だ?」

戦士「ここに来た勇者と魔法使いの仲間だとさ」

露天商「......お前も城へ向かえ」

戦士「は!? なんで俺がお前の指図受けなきゃ」

露天商「俺の指図じゃねえだろ? 命の恩人への恩返しだろうが馬鹿野郎」

戦士「くっ!」

露天商「てめえも城にざわつく巨大な魔物の気配感じるだろ? 女の子一人に行かせるのはよお」

戦士「てめえの指図聞いたんじゃねえからな! 俺が自分の意志で行くんだからな!馬鹿野郎!死ね!」タッタッタ

露天商(さっきの瞳。あのお嬢ちゃん......間違いねえ、回復を自分の寿命を使ってやってやがった)




259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:12:10.49 ID:xve0yfvY0

ー中心街ー

僧侶♀「......回復、回復」ハアハア

西の勇者「僧侶♀よもう俺に回復はいらん、群がる魔物どもの動きは完全に見切った」

魔法使い♀「ぐげぐげうっさいわよあんたたち!電撃魔法!」ピシャアア!

西の勇者「あの魔物が、一先ずはこの魔物のるつぼで一番強いみたいだな、っと!」サッ

魔物「グゲッ!?」スカッ

西の勇者「後ろから攻撃とは卑怯だなァ! しかしっ! それでも勝っちゃう俺が最強なのだ!」ズババババ!

魔物「グゲー!」スパアーン

西の勇者「市民だ! 僧侶♀! 市民を回復しろ! 俺カッコいい―!!!」

僧侶♀「......勇者、勇者」

西の勇者「カッコいい―!!! ......ん、どした? 僧侶♀」

僧侶♀「......中心街の傷ついてた市民、ほとんど東の勇者の僧侶が一人で回復してた」




260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:17:35.08 ID:xve0yfvY0

西の勇者「......っは、そんなまさか」

僧侶♀「......ね」

西の勇者「確かに見える範囲に怪我人はいないなでも、まっさかー」ハハハ

僧侶♀「......」

西の勇者「魔法使い♀! 僧侶♀!」

魔法使い♀「はいはい! どうしたの勇者様!?」

西の勇者「このまま我ら勇者部隊は全力で市街の魔物の殲滅を行いながら!」

魔法使い♀「......行いながら!?」

僧侶♀「......ながら」

西の勇者「全力で逃げるぞ! この街から!!!」




265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:41:09.78 ID:xve0yfvY0

―城内・F1―

ゴーレム「ウオオオオオオオオオオオオオ!!!」ビリビリビリ

勇者「......魔王の発する魔力の、とりわけ大きな魔力で駆動するゴーレム」

勇者「1000年前、初代勇者によって倒された魔王はその発する魔力も消え失せ」

勇者「とあるダンジョンの守護神であったゴーレムはただの石の塊になり......」

勇者「脅威のいなくなったそのダンジョンを人間たちが財宝・秘宝と共に乗っ取り」

勇者「ダンジョン内の微小な魔力だけでも動ける魔物たちは外へと追い出された」

勇者「それが街の周りの魔物だらけの理由と、この王国の成り立ちの真実」

勇者「......差し詰めこんな所か」チャキ、シュタッ!

王様「ななな、なんでも良いからこの魔物をやっつけてくれええええ!」

ゴーレム「ウオオオオオオオオ!!!」

勇者(魔王の存在、魔力の増幅する日、それに合わせた大量の魔物たちの襲撃。ゴーレム復活には条件が揃ってるな)

勇者「......強いのか、お前。強いのか!?お前え!?」ブンッ!ガキン!

ゴーレム「ウオオオオオオオオオオオ!!!」

勇者「......あ、剣折れちゃった(門突破する時にヒビ入ってたんだ!)」




267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:50:15.92 ID:xve0yfvY0

勇者「王様! 剣ありませんか!?」

王様「予は持ってないぞ!」

勇者「......ですよね」

ゴーレム「ウオオオオオオオオオオオオ!!!」ブンッ!

勇者「うおっと! 意外と速い!」ザッ

ゴオオオオオオン!ガラガラガラ!

王様「うわあー! 予の城が破壊されるー!!!」

勇者(あんなパンチ一発でも喰らったらアウトだろ......)

ゴーレム「ウオオオオオオオオ!」ブンッ!

勇者「くっそ! 剣が無いとっ! ......剣が無いと?」ザザッ!

ゴガゴオオオン!!!ガラガラガラ

勇者「剣が無いとじゃねえよ! 勇者が剣に頼ってんじゃねえ!」

ゴーレム「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」ビリビリビリ

勇者「来いよゴーレム! 拳でお前を叩き潰してやる!」




268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:50:51.10 ID:it+rltOg0

勇者かっけー




270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 03:59:49.78 ID:xve0yfvY0

―中心街・城へと続く道―

僧侶「ハア、ハア、ハア。疲れた、疲れました」ゼエゼエゼエ

戦士「おーい! お嬢ちゃーん!」タッタッタッタッタ

僧侶「ああ、戦士さんも来てくれたんですか!」ゼエゼエゼエ

戦士「足おっせえよお嬢ちゃん!」タッタッタッタ

僧侶「ごめんなさい!」ゼエゼエゼエ

戦士「しかしすげえな、城の周りの中心街は一番魔物の密度高かったのに......」タッタッタ

魔物の群れ「......」

戦士「あるのは大量の魔物の死体だけだ」

僧侶「西の勇者さんたちが頑張ってくれてたんですよ!」

戦士「あー、ちらっとだけあのアホ見たけど、なんだかんだあいつらもしっかりやるんだな......」




273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:07:37.44 ID:xve0yfvY0

ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!

僧侶「あっ! 城からなんか変な叫び声が!」ゼエゼエゼエ

戦士「......城がヤバいってのはビンゴらしいな」タッタッタッタ

僧侶「い、ハア、いそ、ハア、いぞぎまじょう!」ゼエゼエゼエ

戦士「あー、もう! ほら!」チョイチョイ

僧侶「......え? なんですか? それ」ゼエゼエゼエ

戦士「お・ぶ・さ・れっつってんだよ! お嬢ちゃんの足に合わせるとこっちも疲れるんだよ!」

僧侶「ふ......え、えっ」ゼエゼエゼエ

戦士「早く乗れって!」

僧侶「えっちぃー!!!」バシバシバシ!

戦士「いっててて! 今んなこと考えてる場合かぁー!!!」




274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:16:54.16 ID:xve0yfvY0

タッタッタッタッタ!

僧侶「ははははは速いぃー」ガクガクガク

戦士「そういやあの勇者、ひっでえオンボロな剣持ってたな」タッタッタッタ

僧侶「はははは、はいぃー」ガクガクガク

戦士「この街で武器は買ったのか!?」タッタッタッタッタ

僧侶「かかかかか、買ってななないですぅー」ガクガクガク

兵士3「ふう、ここら辺の魔物は西の勇者様たちのお陰で片付いたな!」

戦士「そうかい」スリッ

僧侶「あわわわわ、酔うー、酔ーうー」

兵士3「よし、今度は市場の方を見に行こう! ......あれ? 俺、今まで剣持ってなかったけ?」

戦士「賭けても良い、ぜってー折れてる、んでもって素手で戦ってる! 当たったら大馬鹿勇者に認定してやるぜ」チャキ

兵士3「どっかに置き忘れでもしたっけか?」




278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:31:30.01 ID:xve0yfvY0

―城内・F1―

勇者「ほっれ!」ドゴォ

ゴーレム「ウオオオッ!?」ヨロッ

勇者「くっそ硬いな! 当たり前か」ジンジン

ゴーレム「ウオオッ!? ウオオオオッ!?」ズズズン

勇者「でも確実に喰らってる! しっかし痛いな......」ジンジン

ゴーレム「ウオオオオオオオオオ!」ブンッ

勇者「いっやー良い根性してるわ、まだ拳打ってきやが、え」ピタッ

ゴーレム「ウオオオオオオオオオオ!」ブオン!

勇者(パンチフェイント!?あいつフェイントできんのかよ!? しかもそこからの蹴り!?)

王様「うわああああああああああ!勇者様あああああああ!」

勇者「くっそかわせねえ!、こうなりゃヤケクソだァ!」ドゴォ!

勇者「っつぅぅぅぅっぐぅぅぅぅ!いっでえー!」

ゴーレム「ウ、ウオオオオオオオオオ!」ズズズン

勇者「お前の蹴り! ......真正面から殴り飛ばしてやったぜ!」ゼエハアゼエ




280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:46:21.95 ID:xve0yfvY0

勇者「王様! 左手ありませんか!?」

王様「あるけど! ......え、あったらどうすんのそれ!?」

勇者「左手潰れちゃって動かないんです!」プランプラン

王様「やめてええええ!気持ち悪いいいいいい」

勇者(......さっきの蹴りでバランス崩して倒れたか。起き上がる前に倒したいが......)

ゴーレム「ウオオオオオオオ!」ズシンズシン

勇者(正直もう無理です! 手すっごい痛いの! もう殴る気力無いの!)

???「受け取れー大馬鹿勇者ー!」ブンッ

勇者「んなっ! おっ、剣だ!」パシ

戦士「俺大正解! 西の勇者がアホなら東の勇者は大馬鹿でした!」

勇者「あんた、昼間の!」

戦士「さっさと仕留めろ大馬鹿野郎!」

勇者「お、おう!」ダダダ!

ゴーレム「ウオオオオオオオオ!」ズズズ

勇者「拳で叩き潰すって言ったけど、あれ撤回する。......だってお前痛いんだもん」ズバァッ!




281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 04:58:35.32 ID:xve0yfvY0

ゴーレム「......」

王様「た、倒した......」ヘナヘナ

勇者「ハア、ハア、ハア」

戦士「お前マゾなのかよ? ゴーレムに拳で挑むって聞いたことねえよ!?」

勇者「......えっと、その、あ、だって剣が折れたから」

戦士「......はあー、ったくお前らは変態奇行集団かよ」ボリボリ

勇者「あ、っと、そのおんぶしてるのは?」

戦士「ああ、お前んとこのお嬢ちゃんだよ、足おっせえから背負って来たんだ」

勇者「......僧侶も頑張ったんだろうな、凄く疲れてる」

戦士「僧侶っていうのか、おら、僧侶ちゃん勇者を回復できるか?」

僧侶「はっ、ぶぅっ、オロロロロロロロロロロロロロロ」ビチャビチャビチャ

戦士「......。っう、ぎゃああああああああああああ!ゲロひっかけられたああああああ!!」ビチャビチャビチャ

勇者「うわっ! やめてっこっち来ないで!臭いから」




283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 05:11:34.61 ID:xve0yfvY0

...翌日...―宿屋―

店主「外はひどかったらしいなー」

僧侶「魔物は建物ではなく人間を標的にしていたようです。だから街への直接的な被害は無いとのことですね」

魔法使い「外にいた人間が片っ端から襲われてたのね。道具屋と回復魔法覚えてるやつらが稼ぐわねきっと」

勇者「......お、っと、おい魔法使い」

魔法使い「ん? どしたの勇者?」

勇者「お前、俺がゴーレムと戦ってるのずっと影で見物してたろ!」

魔法使い「あっは! やっぱ気づいてたぁ?」

勇者「......ッ! やっぱそうだったのか!」

魔法使い「だってー、立ち入る隙も無い?って感じだったんだもーん」

勇者「お前が少しでも協力してくれてれば、あんな痛い目せずにすんだんだぞ!」

店主「ガチギレだな」

僧侶「......はい」




284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 05:27:03.38 ID:xve0yfvY0

勇者「くっそー魔法使いめえー!」

魔法使い「まあまあまあ、これでチャラにーとは言わないがね?」

勇者「......なんだよう」

魔法使い「私の機転と話術でこのPT大金持ちにしてやったんだから良いじゃないか!」

勇者「......え、っと、大金持ち?どういうことそれ」

魔法使い「ゴーレムの発生条件、その一番重要なのは何かわかる?」

勇者「魔力?」

魔法使い「違う違う! ゴーレムは財宝・秘宝を守る魔物なのよ」

勇者「......ということは、ああ!」

魔法使い「......そう、あの国王相当貯め込んでたのよ。ゴーレムが守ろうとする程の財をね」




286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 05:40:58.94 ID:xve0yfvY0

魔法使い「『観光と貿易の街』、人間の文化と文明の証明のような街。だから国王たちは必死で」

勇者「......隠した。そこが」

僧侶「そこが一つのダンジョンから出来あがった国だと知れ渡ると評判が悪くなると思ったから」

魔法使い「まあ、それを人間の勝利と取るか忌まわしい魔物の跡地と取るかは人それぞれだけど」

勇者「少なからずここの王はそれを隠ぺいすることにしたんだな」

魔法使い「臭いものには蓋とも言うし、それが正しいのかもね。そこに漬け込んだワケだけどさ」ニヒヒ

勇者「......吹っ掛けたのか」

魔法使い「そゆこと! 細かい商談はエグイから省くわよ!」

店主「俺ァ聞いてねえ......聞いてねえからなー」




288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 05:56:45.92 ID:xve0yfvY0

―宿屋・外―

店主「もう行くかい」

勇者「......ああ、ええと」

魔法使い「勇者の目的は魔王討伐よ? こんな所でダラダラしてるわけにはいかないの」

僧侶「魔物襲撃の時にまたお金も貯まりましたし、それで装備や道具もしっかり買えました!」

勇者「......あ、うん、だからもう先を急ぎます」

店主「......そうか、またこの街に来たら寄ってってくれよな」

魔法使い「その時はもっと良いホテルにでも泊まるわよ」ケラケラ

店主「このっ! ......達者でな、勇者御一行」

勇者「......はい、お世話になりました!」ザッ




291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 07:01:31.58 ID:xve0yfvY0

―街の門―

戦士「......」ソワソワソワ

戦士「......」ソワソワソワ

戦士(あいつらここ通るかなああああ?)ソワソワソワ

戦士「いやでも通ったとしてだ、通ったとして俺どうやって話しかける」ブツブツ

戦士「偶然を装って会うか? 門の前で仁王立ちして待ってるか?」ブツブツブツ

戦士「うああああああ! どうやって話しかけよううううううう!」

勇者「......あ、何やってんの、えっと、こんなとこで」

戦士「......」

魔法使い「見ちゃだめよ、コソ泥根性が移るから」

僧侶「昨日はごめんなさい吐いちゃって!」

戦士「ちょっと待ていお前ら!!!」




330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 12:43:02.39 ID:xve0yfvY0

魔法使い「......何?」ギロ

戦士「いや、その(違うそんなノリじゃない!)」

魔法使い「用がないならどっか行ってよ、私たち先を急いでんだから」

僧侶「あわわ、魔法使いさん冷たいですよー」

戦士(......爽やかに、言うしかねえよなもう!)

戦士「お、俺を仲間にしてくれ下さい!(やっべえちょっとミスったあ!)」

魔法使い「......はあ?」ジト

僧侶「勇者さーん、勇者さーん」オロオロ

勇者「......あ、俺は全然、その良いよ。心強いし」




333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 12:55:54.48 ID:xve0yfvY0

戦士「ほ、ほんとうか!?(うおお、嫌われないようにしよう!)」

魔法使い「ちょっと勇者、正気?」

勇者「戦闘手伝ってくれないどっかの誰かさんよりはマシでしょう」

魔法使い「......あ、あんたも言うようになったじゃない。っていうか城の隠し財宝で仕事したじゃない」

勇者「勇者たちの仕事ではねえよ......」

僧侶「よろしくお願いしますね!」

勇者「あ、よろしく!」

魔法使い「......っち」

戦士「よろしくな!」

僧侶「四人目の仲間ですね! 勇者さん!」

勇者「うん、ようやく勇者のPTっぽくなってきたのかな」




335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 13:08:53.03 ID:xve0yfvY0

戦士「改めて、俺は......『戦士』だ」

勇者「あ、勇者」

僧侶「僧侶です!」

魔法使い「......」

勇者「こっちは魔法使い」

戦士「すっげえ睨まれてら......」

勇者「でもどうして? 前まで凄く嫌がってたのに」

戦士「そういう性分なんだよ」

魔法使い「立派な性分ねー」

戦士「というかまあ、その、俺もまた外を旅しても良いかなーって」

勇者「うん。あ、じゃあ出発しようか?」

戦士「ああ、そうしようぜ」

僧侶「しゅっぱーつ!」




339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 13:26:04.44 ID:xve0yfvY0

―街の外―

魔法使い「思えば最初の街なのよね、まだ」

僧侶「なんかすっごい長く感じましたね......」

戦士「ここから魔王の城までどのくらいなの」

魔法使い「ずーーーっと向こうよ、逃げ出しても良いんだからね?」

戦士「んなことしねえって......」

勇者「露天商さんにはあいさつしたの?」

戦士「......はあ!? 別にあんなやつにあいさつなんていらねえし! 黙って来たんだよ!」

僧侶「えー、友達って言ってたじゃないですかー?」

戦士「うぐっ」

魔法使い「野郎のツンデレとかやめなさいよ気持ち悪い」

戦士「ちっげえよ、もうあの街に飽きたからお前らについて行こうと思っただけだ!」

勇者「まあ何はともあれ、次の街に進もうか」




341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 13:42:04.47 ID:xve0yfvY0

魔法使い「ここから魔王の城目指すなら、次は村を目指すのが最短ルートね」

勇者「最短ルートで良いかな?」

僧侶「私は良いですよ! 村行ってみたいです!」

戦士「......」

...
露天商『対象者の寿命のほんの少しを大幅に拡張させて治癒、再生、蘇生させるのが本来回復魔法っつわれてるんだ』

戦士『だとしたらよ、僧侶ちゃんってどうなってんだ? 自分の寿命使ってるんだろ?』

露天商『そういう体質のやつは数は少ないがいる。だが当然早死にするかそもそも僧侶になんてならねえ』

戦士『その体質自体少ない上に、そんなんで僧侶になるやつなんざほぼいねえってわけか。ますますもって謎だなあの子』

露天商『あの勇者、思った以上にワケあり物件抱え込んでそうだぜ? お前もその仲間に加われよ?』ニヤ

戦士『......うっせーよ馬鹿、死ね』
...

僧侶「なに考えごとしてるんですかー?」

戦士「......ん! いや、ぼーっとしてただけだ、なんでもねえなんでもねえ!」




345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 13:50:31.40 ID:xve0yfvY0

...夜...

勇者「森に入る前にここらで野宿するか」

戦士「テント張っといたぜ」

魔法使い「手際良いわねずいぶん」

戦士「見直したか!?」

魔法使い「......あと一兆回ぐらいやってくれれば見直すかもねー」

戦士「よっしゃ! テント崩してあと一兆回だ!」

魔法使い「今しなくて良いのよバカ!」

ギャーギャー

勇者「ふんふんふーん」ジュージュー

僧侶「料理作ってるんですか!?」

勇者「......ああ、お城の料理には見劣りするけどね、母さんが野宿でもしっかりした物食べなさいって」

僧侶「私勇者さんの料理好きですよ! 食べたらすっごい力が湧いてくるんです!」

勇者「ハハハ、ありがとう」




347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 13:57:59.86 ID:xve0yfvY0

戦士「うめえうめえ」モグモグ

僧侶「美味しいです!」

勇者「ありがとう」

魔法使い「もういっそのこと料理担当勇者にさせる?」

勇者「それは勘弁してくれよー、俺は魔法使いの作った料理も食べてみたいのに」

魔法使い「......」

戦士「あれ、お前顔赤くねえ?」

魔法使い「うるせえ」グサ

戦士「グオオオオオオ! フォークで刺すなよバカ!」

勇者「......食事が終わったら寝ようか。俺、外見張ってるから」

戦士「俺も交代で見張るぜ」

勇者「......あ、ありがとう。助かるよ!」




349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 14:08:05.00 ID:xve0yfvY0

...深夜...

勇者「......」

戦士「よっ、見張り交代しようぜ。中で寝てこい」

勇者「うーん、そう、しようかな」スク

戦士「......なあ、『勇者』ってどういう気分なんだ?」

勇者「......少なからず俺は、良い気分じゃないな」

戦士「っは、やっぱそうなのか。それあ『勇者』本人になってみねえとわからねえんだろうな」

勇者「でも、まあ、俺にしかできないことが最初から決められてるってのも気楽なのかもね」

戦士「お前も結構ノーテンキなやつなんだな」

勇者「......そうでもしないと生きていけなかっただけだよ」

戦士「......」

勇者「とりあえずは、頑張って魔王討伐を目指すつもり」




351:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 14:16:11.56 ID:xve0yfvY0

『ねえおかーさんこれなーに? この丸の絵なーに?』

『......この絵の端っこに立ちなさい』

『うん! わかった!』

『......そこから、絵を見ながら、お母さんの言うことを真似して?』

『うん! マネする!』

『......私の力になりなさい』

『わたしのちからになりなさい』

『......私の魂を奪いなさい』

『わたしのたましいをうばいなさい』

『......私の名前は』

『わたしのなまえは――』

???「魔法使い!」




352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 14:22:53.79 ID:xve0yfvY0

魔法使い「ハアッ、ハアッ、ハアッ」

勇者「......えと、どうした? 凄くうなされてたぞ(やっぱ女の子二人と寝るの緊張するわ!)」

魔法使い「......ハア、はあ。いや、なんでもない、大丈夫」

勇者「そう、か。なら良いんだけど(寝れっかなー、寝れっかなー俺)」

魔法使い「見張りは別に男の仕事ってワケじゃないんだからね? 私も僧侶も手伝うわよ?」

勇者「誰よりも速くテント入っていったくせに......」

魔法使い「......勇者」

勇者「ん?」

魔法使い「魔王、絶対倒そう」

勇者「んお、......おお!」




358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 14:51:57.60 ID:xve0yfvY0

...翌朝...―森の中―

魔法使い「この森抜ければすぐに村があるはず......」

僧侶「回復大丈夫ですか?」

勇者「相変わらずだな......」

戦士「......」

ザザザ!

戦士「おっと!」

魔物のむれがあらわれた!▽

戦士「そうすんなり通してはくれねえか!」ブオン

魔物「があっ!」ズバッ

魔法使い「頑張れー!」

勇者「うおりゃっと!」ズババ!

魔物のむれをたおした!▽




359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 14:57:33.16 ID:xve0yfvY0

勇者「......あの、戦士?」

戦士「なんだ?」

勇者「戦士ってさ、なんか職業の割に軽装じゃない?」

魔法使い「あ、それ私も思った」

僧侶「兜とか鎧とかいらないんですか?」

戦士「......いやあ、だってそんなの装備したら重いじゃねえか」

魔法使い「あんたそれでも戦士かよ......」

勇者「ま、まあ、ね、うん。戦士がそれで良いなら俺もそれで良いんだけどさ」

戦士「なら問題ねえな。さっさとこの森出ようぜ」




362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 15:13:39.12 ID:xve0yfvY0

―森の外―

僧侶「やっと抜けられましたねー!」

戦士「魔物も大したことなくて良かった良かった」

魔法使い「......にしてもここら辺はやけに霧が濃くて、不気味ね」

僧侶「お化けとか出そうな雰囲気ですね!」

戦士「何少しワクワクしてんだよ......」

勇者「......ん、あれは」

魔法使い「どうしたの?」

勇者「霧が邪魔だけど、遠くの方にうっすらと村の影が見える......」

戦士「あー、ホントだ。村の名前書かれた立て札と柵もあるし間違いねえよ」

魔法使い「目良いわねあんた......」

戦士「人の影が何人か少し離れた所にも見えるな」




364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 15:25:50.83 ID:xve0yfvY0

―霧の中の村―

勇者「おお、結構大きいよ! 武器屋も防具屋もありそう!」

魔法使い「私先に宿行って休んでいーい?」

僧侶「勇者さん......教会にあいさつに行ってきても良いでしょうか?」

勇者「ああ、良いよ。ええっと、じゃあ、その、みんな自由行動で!」

戦士「遠足みたいだな......。勇者はどうするんだ?」

勇者「一応先に、この村の村長さんにあいさつしに行こうかと思う」

魔法使い「おお! ちゃんと礼儀を学んでいるのねビックリした」

勇者「驚くなよ......」

戦士「じゃあ、俺も勇者について行こうかなーっと」




366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 15:33:42.30 ID:xve0yfvY0

勇者「あ、あの、えへへ、その、村長さんの家ってどっこですか?」

村人「村長の邸はあっちです」ピシッ

勇者「あ、あっと、ずっ、ありがとうございます(うおお!一人で村人に話しかけられた!)」

勇者「......こっち」テクテク

勇者「うっわー、やっぱり村長ともなるとそれなりに大きいお家住んでるんだなー」

勇者「......あれ?」キョロキョロ

勇者「戦士のやついつの間に消えてんだ......」

勇者「はあー、二人だと思って気楽だったのに、一人で中入るの緊張するじゃんかよ......」




368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 15:47:04.68 ID:xve0yfvY0

―村長邸―

村長「おお! 勇者様、ようこそ霧の村へ! 私が村長でございます」

勇者「......ぅお、おふ、どもッス。勇者ウィっす」ペコペコ

村長「魔王討伐の旅の途中でさぞお疲れでしょう......ゆっくり休んでいってください」

勇者「......は、はい。そそうします(宿行きてえ......)」

村長「この村は森を隔てた向こうの貿易の街と違い、霧が濃いせいかなかなか旅人が訪れませんで」

勇者「......あ、はい。そうなんですか」

村長「久しぶりの旅の方が、その上勇者だったなんて! いやあ、とても嬉しい」ワッハッハ

勇者「あの、そろそろ」

村長「せっかくなのでお茶でも飲んでいって下さい」

勇者「......」




373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 15:56:07.44 ID:xve0yfvY0

勇者(......それにしても、中も広いなー)キョロキョロ

村長「ここは、村の歴史資料館、図書館、役所、そして私の家を兼ねているんです」

勇者「あ、へえー、それで大きいんですね」

村長「まあ、施設を複合してるから大きいといっても、所詮は田舎の建物ですがね」ハッハッハ

勇者「あ、そうなんですかねー、あはは」

村長「王国のお城には勝てませんよ」ハハハ

勇者「あ、はははー」

村長「......勇者様、その、一つ頼みたいことがあるのですが」




375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 16:03:30.67 ID:xve0yfvY0

―宿―

勇者「......」ガチャ

店主「いらっしゃ、あっ、もしかしてあちらのお客さんのお仲間ですか?」

勇者「あ、あちら?」チラッ

魔法使い「おっ、勇者おかえりー! こっちきて一緒にお菓子食べよー!」

勇者「あ、はいそうです」

店主「もう三人分のお代は貰っているので、どうぞごゆっくり休んで下さい」

勇者「あ、ありがとうございます」テクテク

魔法使い「村長の所には行ってきたの?」

勇者「......うん、途中で戦士のやつが消えたから、一人で行ってきたよ」

魔法使い「っふえー、良くできたねぇえらいねぇ」

勇者「......」




376:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 16:10:55.14 ID:xve0yfvY0

僧侶「......うーん」ガチャ

店主「いらっしゃいませ」チラッ

魔法使い「うん」コクン

店主「お代はあちらのお客さんからすでに頂いているのでゆっくりお休みください」

僧侶「......はい、ありがとうございますぅ」テクテク

魔法使い「おかえりー」

僧侶「ただいまです......」

魔法使い「どうしたの? 難しい顔して、お菓子食べな?」ポリポリ

僧侶「うーん、教会にあいさつに行こうと思ったのに、この村のどこにもないんですよ」ポリポリ

魔法使い「えっと、ないってもしかして......」

僧侶「......教会が」




379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 16:19:44.35 ID:xve0yfvY0

魔法使い「ふーん、まあ、小さい村ならなくてもおかしくないんじゃない?」

僧侶「でも、ここの村は......」

魔法使い「それなりに大きい村よねー」

僧侶「どこにあるか聞いても、教会そのものに『?』の人もいるぐらいですよ」

魔法使い「えー、1000年前からずっと世界に唯一の完全無欠の宗教が?」

僧侶「言いすぎですよー」

魔法使い「ごめん、どうでもいいから適当に盛っちゃった」

僧侶「どうしたんでしょうか......」

魔法使い「ま、聖職者じゃない私が僧侶にいっても仕方ないけど気にしなくて良いんじゃなーい?」

勇者「......ね、ねえ二人とも」

魔法使い「お、なに? 久しぶりに喋ったね」




380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 16:25:44.36 ID:xve0yfvY0

魔法使い「村長から魔物討伐のお願いされた?」

勇者「う、うん、ごめん断れなかった......」

魔法使い「いやあー、別に引き受けるのは良いんだけどさぁ」

勇者「......」

魔法使い「で、報酬とかは何か言われた?」

勇者「1000Gとはがねの剣くれるって......」

魔法使い「それも全部、『あ、はい。あ、はい』で勝手に決まったこと?」

勇者「......あ、はい」

魔法使い(私も行けば良かったわね......)




383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 16:32:33.15 ID:xve0yfvY0

戦士「......」ガチャ

勇者「......あっ、戦士お前どこ行ってたんだよ!」

戦士「......ん、おお、勇者。俺も一応村長邸には行ったんだぜ」

勇者「え、そうなのか」

店主「この人たちの仲間ですか?」

戦士「ああ、そうだ」

店主「50Gになります」

戦士「えっ?」

魔法使い「......勇者の財布から少し引き抜いてたお金あるんでしょー? それで払え」

戦士(バレてたのかよ)

勇者(バレてたのかよ)




386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 16:45:52.61 ID:xve0yfvY0

...翌朝...―村の外―

勇者「ここから出てまっすぐ進むと、魔物のいる洞窟らしい」

戦士「......」

魔法使い「ちゃちゃっと済ませてもっと天気の良い街に行きましょう」

僧侶「いざしゅっぱーつ!」テクテク

戦士「昨日よ......勇者が村長と話してる時に邸に忍び込んだんだよ」

魔法使い「だからあんたは本当に戦士かっての」

勇者「忍び込むのは良くないだろ......」

僧侶「いけませんよ戦士さん!」

戦士「何も盗ってねえって! ただ、村長の部屋見たんだがヤベエ本が山ほどあってさ......」

僧侶「やべえ本......はっ!」

勇者「顔赤くするな僧侶」

戦士「悪魔召喚なんたらかんたらって、おっかなくね?ここの村」

魔法使い「......悪魔」ピク




388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 16:53:13.42 ID:xve0yfvY0

スタスタスタ

戦士「う、っわぁー」ビクビク

僧侶「ひぃー!怖いー!」ワクワク

魔法使い「ねえ勇者、真っ直ぐ行けば洞窟につくって言ってもさ......」

勇者「......(っつ)」フラ

勇者(おかしいな、さっきから体の調子が変だ)フラ

戦士「早いとこ抜けだそうぜここー!」

僧侶「お化け!お化け!」ワクワク

魔法使い「墓場突っ切らなくても良かったんじゃない?」




390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 17:02:25.00 ID:xve0yfvY0

―墓地―

勇者「......あ、でもさ、早くお願い済ませた方が良いじゃん?」フラ

魔法使い「そーだけどさー」

僧侶「それにしても、見渡す限り荒れ果てた墓地ですね......」

戦士「けっこー前から使われなくなったって感じだな。あの村の連中の墓地ではねえみてえだ」

僧侶「教会も墓地もないなんて......」

戦士「うう、怖い。......でもまあ、どうせ障害はこの不気味さだけだろうし大じょ」ガシッ

戦士「ん? おいおい誰だ俺の足掴んでるやつ......」

くさった死体「......ヴァー」

戦士「ッッッッ!?!?!? ひやあああああああああ!!!」




392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 17:07:42.68 ID:F6LrcuGA0

戦士かわいいなおい




393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 17:11:05.82 ID:xve0yfvY0

ボコッボコッボコッ

勇者「......くっ、こんな魔物もいるのか!?」フラ

僧侶「いやあああああ! ゾンビぃぃぃ!」

魔法使い「土葬かよ!? センスねえな!」

戦士「わあああああ! 取ってこれ誰か取ってえええええ!」

魔物のむれがおおぜいあらわれた!▽

勇者「そりゃ!」ズバッ

くさった死体「ヴァー」

戦士「っとと、悪いな勇者! 助かった」

勇者「......みんな気を引き締めて!」フラ

魔法使い「地中ごと火葬してやるよ」ゴオオオオオオオ

戦士(......あんまり怒らせない方が良いんだな、あいつは)




394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 17:21:35.05 ID:xve0yfvY0

勇者「くっそ! 数が多い、どんどん増える!」ザシュドシュ

魔法使い「もー! 焼いても焼いても出てくるんだけど!」ゴオオオオオオ

戦士「ほんともうこっち来んな! 来んなって!」ズバッズバッ

くさった死体「ヴァー」

勇者「......っく」フラ

戦士「ッ! 勇者あぶねえ!」ズバン!

勇者「ありがとう!」

魔法使い「ちょっと勇者、やけに不調じゃない!?」ゴオオオオオ

僧侶「回復します!」パアアア

勇者「......く」フラ

僧侶「大丈夫ですか!」

勇者「あ、ああ、大丈夫、お陰で楽になった(怪我とかの類ではないから治らないなあ......)」フラ




396:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 17:29:39.74 ID:xve0yfvY0

魔法使い「このまま同じ場所で戦ってたらいずれ囲まれるわ!」

戦士「つっても増える一方だぞこいつら!」

勇者「......よし、みんな攻撃を一方向に集中させてそこから突破しよう!」

戦士「わかった!」ダダダッ

魔法使い「私の前に立ったら炭になるわよ!炎熱魔法!」ゴオッ!

戦士「そんな魔法が俺に当たると思ってんのかよ!オラァ!」ズバッ

魔法使い「ぜってえ炭にする!」ゴオオオッ!

勇者「今は喧嘩しないでー!」フラ




398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 17:39:31.91 ID:xve0yfvY0

僧侶「はあっはあっはあっ」スタタタタ

戦士「またおんぶするか? 僧侶ちゃん!」タッタッタ

僧侶「またぶちまけても良いんですか!」スタタタタタ

戦士「嫌だっ!」ズバッ!

魔法使い「あんたホントにフラフラね、大丈夫!?」

勇者「生まれてから一度も風邪になったことなんてなかったのに......」フラフラ

魔法使い「さっきの戦士の話しもそうだけど、このお願いをした村長っての怪しいわね」

勇者「えー、良い人っぽかったけどなあ......」

魔法使い「もしかしたらそのお茶の時に一服盛られたのかもね」

勇者「いやー、勇者にそんなことすっかなー」

魔法使い「あんたはもっと人のこと疑え! 何もかも臭すぎるのよこの村!」ゴオオオッ!




403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 18:08:36.42 ID:xve0yfvY0

―洞窟―

戦士「やっとここまで来たなー」

僧侶「ぜ、せ、戦士さん、速、すぎ」ゼエゼエ

魔法使い「なんであんたは息切れ一つ、して、ないのよ」ゼエゼエ

勇者(思いのほか凄いフラフラの状態でみんなについてきた俺も褒めて欲しい......)ハアハア

戦士「まあ、ここまで来りゃああいつらももう追ってこねえだろ!」

魔法使い「あーあ、本命の前座が長すぎるっつうの......」

僧侶「そ、そういえば、私たちはこの洞窟の中の魔物を倒すんでしたね......」

魔法使い「疲れたわよもう、なんでって走ったからよ」ハアハア

戦士「もう一仕事終わらした気分だよなー......」




406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 18:18:41.02 ID:xve0yfvY0

―洞窟内―

魔法使い「......」

戦士「おいおいおい!? なんだよこれは!?」

僧侶「死体の......山?」ガクガクガク

勇者「......洞窟の魔物に殺された人たちか!? それにしても、数が尋常じゃないな」

戦士「魔物はこの奥にいるのか、つっても死体だらけで前に進めやしねえ」

魔法使い「......違う」

勇者「え? 何が違うんだ魔法使い」

魔法使い「私たちはさっきまで、何と戦ってきたの?」

僧侶「そ、そんな、まさか」

くさった死体「......ヴァー」ズル......ズル

魔法使い「魔物は目の前にいる、この死体どもよ」




413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 18:28:11.38 ID:xve0yfvY0

戦士「うっそだろおおおお!もうやめてくれええええ! 見たくないよおおおおお!」

魔法使い「みっともない声出すなバカ!」

くさった死体「ヴァー、ヴァー」ズルズル

魔法使い「死体どもは大きい音の方に集まるみたいねー」ニヤニヤ

戦士「......(こないでええええええええええええええええ!!!)」

勇者「んにしてもっ、なんでこんな大量の死体が」ズバッ!

魔法使い「あの村には教会がなかった、そして村外れの荒れ果てた墓地」

僧侶「......ううっ、嫌だ」

魔法使い「恐らく村人たちは、死人......だけなら良いけど、をここに捨てに来てるんでしょうね」

戦士「なんっつうやつらだ(森から抜けた時に見た人影は、確かにこっちの方向へ行ってたな)」

勇者「じゃあ、こいつらを全部倒せば良いのか!?」ズバッ




416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 18:36:47.72 ID:xve0yfvY0

魔法使い「あんた、まだこれが村長の依頼だと思ってるの!?」

勇者「えっ、ちがーの?」フラ

魔法使い「っはー、戦士の言葉借りるのは癪だけど。ホント『大馬鹿勇者』ね」

勇者「......えっ、えと、あっ、なんだとこらあ!」フラフラ

魔法使い「私たちは罠に嵌められたのよ、村長に!」

勇者「どういうことどういうこと?」

戦士「っち、もう仕方ねえよ! この洞窟から出ることだけ考えんぞ!」

僧侶「うっ、うう」

戦士「ほら泣くんじゃねえ僧侶ちゃん! そんなことしてたら死体に躓くぞ!」

勇者「よ、よしっ! 脱出だ! それから考えよう!」




422:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 18:47:52.99 ID:xve0yfvY0

魔法使い「......」イライライラ

勇者「っわー、うっわー」

戦士「もう......勘弁して......」

くさった死体「ヴァー、ヴァー」
くさった死体「ヴァー、ヴァー」

勇者「あの墓地のやつら、普通に追ってきたんだね。めちゃくちゃいる......」

魔法使い「全員集合ってか! ふざけんな馬鹿!」イライライラ

戦士「だからって洞窟戻っても、死体の大群だぞ......」

勇者「認めよう! うん! 挟み撃ちされちゃったんだよこれ!」

魔法使い(洞窟の方向だけゾンビの壁が薄くなってたのは、挟み撃ちに誘い込むためだったのか)イライライラ

勇者「やるしかないのかよくっそ!」

魔法使い「おい、いるんだろ!出てこいよ根暗野郎! それとも肩書で呼ばれてえのか!?村長さんよ!」




428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 19:02:33.19 ID:xve0yfvY0

???「はっはっは、どうだい私の下僕たちのお味は」

勇者「......村長(くっそ、目がかすんできた)」フラフラ

魔法使い「......勇者が飲んだクソ不味いお茶よりは上品な味なんじゃない?」イライライラ

村長「いやあ誤算だったよ、本来ならばすでに死んでもおかしくない毒なのに今もこうして立っている」

勇者「くっ」フラフラ

村長「化け物だね」

勇者「ッ!」

魔法使い「あんたは心配ないだろうけど、そんな安い挑発に乗るんじゃねえぞ」

戦士「ってめえコラ! 勇者は人間だオラ!ぶっ殺すぞてめえ!」

僧侶「毒......解毒魔法!」キァリー

勇者「おお、ありがとう僧侶!(通りで回復魔法じゃ治らなかったんだ)」




434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 19:16:18.84 ID:xve0yfvY0

勇者「もう完全に治った!」

僧侶「良かったです!」

勇者「......フラストレーション爆発させんぞ」チャキ

魔法使い「あんたの部屋、やらしい本がたくさんあるみたいね?」

村長「......ふっ、ここまで来てしまっては隠す必要もないか」

戦士「あの部屋にあった本は趣味じゃなくて全部実用書だったのかよ......」

村長「そう、私は『ネクロマンサー』。死者を使役する者さ」

魔法使い「たくさん愉快な肩書を持ってるのね(まーだありそうね)」

村長「『東の勇者』たちはこの洞窟の中で私に殺される!」

魔法使い(『東の勇者』......私に殺される......)

勇者「来るぞ!」

村長「やれ!死体たち!」




438:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 19:27:25.95 ID:xve0yfvY0

くさった死体「ヴァー!!!」

勇者「おっらああああああ!」ズバズバズバ!

戦士「......んー全然慣れねえ」ザクザクザク!

魔法使い「炭だ、灰だ、なんにも残さず燃えて消えろ」ボオオオオオオ!

村長「進め進めお前たち、死体の山を乗り越えて勇者どもにどんどん近づいて行くんだ」

魔法使い「くっそ! 地面が死体だらけで足場悪い!」ゴオオオオオ!

戦士「こんな足場ぐらい普通だろ!」ピョンピョン

魔法使い「お前と一緒にすんな! あっと」コテン

くさった死体「ヴァー!」

戦士「気をつけろよ魔法使い!」ズバア!

魔法使い「んんー!!この......く、あ、り、が、と、う!」




443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 19:35:15.25 ID:xve0yfvY0

ズバア!ザシュ!ゴオオオオ!

村長「......」

ザシュ!ゴオオオオ!ズバッ!

村長「......馬鹿な、たった四人だぞ、こちらは千を越す死体の軍団なんだぞ!?」

勇者「はー、はー、はー」

魔法使い「......ゾンビ片づけるだけなら、走るより楽だわ」

戦士「こんなに倒してるのにゾンビ慣れねええええええええええ!!!」

僧侶「みなさんもっと私に回復させて下さいよ! 私活躍できないじゃないですか!」

くさった死体「......」

勇者「......よお、残るはあんただけだぜ、根暗?マンサーだっけ」

村長「ぜ、全滅、だとおおおお!」




454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 19:53:50.97 ID:xve0yfvY0

村長「くっ、死体の軍だけでは殺せなかったか......さすがは勇者と言ったところか」

魔法使い「だけでは? めんどくせー、奥の手ありそうなの匂わせてるんじゃねえよ......」

村長「お前ら......この死体の山で気付かなかったんだろうなあ」

魔法使い「......?」

戦士「あーあ、地面が死体の海だよ、山で海だよ」

魔法使い「......地面、あいつまさか!」

村長「ははは! そうだこの死体の下にはな、ある図形が描かれているんだよ!」

コオオオオオ......

戦士「なんだなんだこの光!」

魔法使い「戦士......あんた、村長の部屋で何の本見たって言った?(でも、この光の図形の形は)」

戦士「......え?」

村長「両腕は生贄に消えるがいたしかたない、王国から貰える金に比べれば安い物さ!」

魔法使い(......こいつはヤバいかもしれない)

魔法使い「あいつ......『悪魔』を召喚するつもりだ!!!」




569:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 02:37:57.47 ID:xve0yfvY0

―墓地―

テクテクテク......

???「うわー、あちこち死体だらけだぁ」

???「......って、それを言うなら死体の死体だらけかな? あっはっは」ケラケラ

???「ネクロマンサーか」

???「それに、そっこらじゅうにあるコゲ痕」

???「火炎魔法が得意な魔法使いかな、それも最上級の魔法使い」

???「あと......一つだけやたらうっすらしか見えない足跡があるな」

???「痕跡を残さないような移動をする......盗賊もいるのかな?」

???「ネクロマンサーはともかく、この二人は相当な実力者っぽいね。うっわ楽しくなってきた!」

???「......それになんだろう? この感じたことのないとても強い光の反応は」

???「はっは、こっち来て良かった!」




573:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 02:54:02.89 ID:xve0yfvY0

―洞窟内―

戦士「なっ、悪魔!? 悪魔っつったらベビーサタンとかインプみてえなのか!?」

魔法使い「んな下等なもんじゃないわよ! あいつらは魔王が発する魔力で生まれた、言わば魔王の子供」

魔法使い「でも、わざわざ魔法陣と生贄を使って召喚される悪魔はそんなのとは全然違う!」

村長「あははは! やけに詳しいじゃないか!? なら分かるだろ、ここで自分たちが死ぬことも!」

魔法使い「......元から魔の生命を持つ者。つまり、魔王と同等ってこと!」

戦士「魔王と同等ってなんじゃそりゃ!? 勝てんのかそんなんに!」

勇者「魔法陣を消して阻止することとかできないのか!?」

魔法使い「見りゃわかるように死体の海! いちいちどかして消すなんてできない!」

村長「そうだよ、全て私の計画通りさ! 北の国王から報酬を貰うのは私だッ!!」

魔法使い「......来る!」

村長「出でよ!悪魔ァ!」




581:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 03:06:18.29 ID:EDVbKUWvO

魔王と同等はちょっとインフレしてないか




583:>>581のび太とジャイアンと出木杉が同級生って感じの意味での同等:2013/02/17(日) 03:11:34.23 ID:xve0yfvY0

魔法使い「......うぐぅっ(何これ!?引っ張られる!)」グイッ シュンッ

僧侶「えっ!? 魔法使いさんが消えちゃった!」

魔法使い「うげっ!」パッ

僧侶「わっ!? 魔法使いさんがちょっと離れた所に現れた!」

シーーーン

戦士「おいおい! こんな時になに瞬間移動してんだよ! えっ? 瞬間移動すげええええ!」

魔法使い「......ああ、悪い予感が当たっちゃったのか。いや、こんな状況だし幸運なのかな」

村長「なぜだっ!? なぜ出てこない悪魔よ! 狼の姿をし七色の火を吹く悪魔侯爵よ! 出でよ!」

シーーーン

魔法使い「悪魔の特徴も完全一致か。......ねえあんた、私の真下が魔法陣の中心でしょ?」

村長「っ!」

勇者「......どういうことなんだ? 魔法使い」

魔法使い「いやー、あはは。こいつが召喚しようとした悪魔って、私のことなんだ」テヘッ




584:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 03:12:54.04 ID:AoGaTIfn0

なーんだそうだったのかw




587:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 03:13:46.16 ID:cimjSbeA0

お前かよwww




594:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 03:32:46.57 ID:xve0yfvY0

勇者「は!?」

戦士「んなっ!」

僧侶「げっ!」

村長「お前が悪魔!? どういう意味だ!?」

魔法使い「『召喚』と生贄のショボさから見ても、まだその上は知らんのかね?」

村長「その上? なんだその上とは!?」

魔法使い「『融合』だよ。あんたのお求めの悪魔は13年前に品切れちゃったの」

村長「ふざけるなぁっ! 私は全てをこの研究に捧げたんだぞ! 全てだ!」

魔法使い「その研究成果試すの13年だけ遅かったわね、残念!」

村長「そ、それを、融合だと!? 意味のわからない事を!」

魔法使い「てめえが知らねえだけだ、バーカ」




602:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 03:44:55.76 ID:xve0yfvY0

勇者「......魔法使い」

魔法使い「引くよねー、そりゃ引きますよねー、だって私、悪魔なんだもん」

戦士「......お前」

魔法使い「......嫌いになっちゃった? あ、元から好かれるタイプの人間でもないか私」ハハハ

魔法使い「......そうだよね、みんな、そうだよね。私が悪魔だってわかるとさ、怖がるの、私のこと」

僧侶「......」

魔法使い「良いよ、嫌って。良いよ、怖がって。そっちの方が、ホントは気楽だから」グスン

村長「ひっ、ひいいいい! 殺されるー!」ダダダッ

魔法使い「あれで良いの。みんながああするから。あれが正解なの」

僧侶「......魔法使いさん」

魔法使い「私はここでみんなとバイ」

僧侶「魔法使いさん!!!」




607:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 03:58:25.25 ID:xve0yfvY0

魔法使い「はっ、はい!?」

僧侶「......え? 何か言ってたみたいですけど、何喋ってたんですか?」

魔法使い「へ? へ?」

僧侶「ちょうど、虫が両耳に入っちゃってて聞こえてませんでしたよ」

魔法使い「そ、僧侶ぉ」グスン

戦士「お、俺も俺も! ちょうど鼓膜が破れてて聞こえてなかったぜ! 鼓膜は今再生した!」

魔法使い「戦士ぃ......」グスン、ヒッグ

勇者「みんな、魔法使いと別れるのが嫌なんだよ」

魔法使い「ううっ」グスン

勇者「......魔法使い、前はお前からだったけどさ、今度は俺から言わせてくれよ」

魔法使い「......勇者」グスン

勇者「これからも、魔王を倒す旅についてきてくれ」

魔法使い「......うん!」




611:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 04:14:02.57 ID:xve0yfvY0

戦士「大丈夫だ! さっきの泣き事は全然聞いてなかったから! 安心しろ!」

魔法使い「それ言っちゃダメでしょ!」

ギャーギャーギャー

僧侶「戦士さんのばか......」

勇者「あ、ああ。ごもっとも」

魔法使い「で、さっきは少し変な空気にしちゃったけど、勇者はホントの所良いの? こんな私で」

勇者「旅しようって言ってるでしょ。俺が苦手なタイプじゃなけりゃ良いよ、悪魔なんて関係ない」

魔法使い「......ありがとう」

勇者「どういたしまして」

戦士「おい勇者、これから俺たちはどうすんだ?」

勇者「一旦村に戻ろう、村人が襲ってくるってのは考えにくいから大丈夫だと思う」

戦士「逃げだすレベルで向こうの手も潰したし、心配はねえか」




616:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 04:30:47.65 ID:xve0yfvY0

―洞窟出口付近―

戦士「魔法使い、この村の次はどこなんだ?」

魔法使い「南へ真っ直ぐ行けば、王国に着くわ。世界有数の巨大都市で別名『商人の街』」

勇者「デカイのか......(人ごみとか多そうだな......嫌だなぁ)」

戦士「巨大都市か......人も多いんだろうな。スリのしがいが」

僧侶「ダメですよ!」

戦士「うぐっ、へいへい」

魔法使い「......もうすぐで洞窟から出られるわ」テクテク

戦士「やっと外の空気が吸えるー!」

僧侶「洞窟の中息苦しかったですもんねー。......きゃあ!」

勇者「これは!」

魔法使い「さっきのネクロマンサーの、首!?」

???「やあ、初めまして。......『東の勇者』」




622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 04:48:15.77 ID:xve0yfvY0

勇者「......ッ!」ゾクッ

勇者「えっと、あの、あはい、初めまして(うっわさっむ!あいつと目合わせたら背中がゾクっとした!)」

僧侶「......あなたが、殺したんですか!?」

???「そうだよ。でも安心しなよ、ちゃんと理由があって殺したんだから」

戦士「なんだ、あの兄ちゃん」

魔法使い「私も知らわよ」

???「他の勇者の暗殺だなんてさ......」

???「魔王討伐の名声を得たいからって、僕の国の王もひどいことをすると思わない?」

勇者「さっき言ってた、報酬とかはそういうことだったのか」

???「そうそう、僕が王からの投資を断っちゃったからね。浮いた金で他の勇者の妨害を始めたみたい」

???「だから殺すんだ。魔王も倒すけど、他の勇者を倒すのも僕。それを邪魔されたくないから殺す」

魔法使い「と、言うことは......あいつが」

???「どうも、僕が噂の『北の勇者』です。よろしくね『東の勇者』」




625:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 05:08:07.57 ID:xve0yfvY0

魔法使い「『北の勇者』!? こんな所で出てくんなよ!」

戦士「っつうか、あいつさらっと物騒なこと言ってなかったか!?」

北の勇者「他の勇者を倒すのも僕」

戦士「そうそこ!」

北の勇者「ふんふんふん、魔法使いに盗賊、僕の思った通りだな。良かったー、当たった当たった」

戦士「お、おお俺は戦士だ!(なぜバレた)」

北の勇者「見ただけでわかる、すっごい愉快なPTだ。『東の勇者』、君は訳あり物件と出会う天才かよ」ケラケラ

魔法使い「......っく!」

戦士「......」

北の勇者「面白い魔法使いに面白い盗賊、それでもって『化け物』も飼ってるとは。羨ましいよその才能」




627:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 05:17:44.20 ID:xve0yfvY0

戦士「っだ、か、ら! 勇者は違う!」

北の勇者「待って待って! 『東の勇者』に化け物なんていうわけないでしょ失礼だな!」

戦士「この死体の野郎も勇者を......そういう風に言いやがったんだよ!」

北の勇者「それは、勇者でない弱い人間が陰で囁く、儚い自尊心を証明するための懸命な言葉だろ」

戦士「......?」

北の勇者「僕はそこの奴に言っているんだ」

僧侶「......」

魔法使い「......そ、僧侶?」

北の勇者「君たちの目にはどう映っているんだ? どこからどう見たって勇者である僕すら滝汗もんの『化け物』じゃないか」

勇者「......ぐうっ!(『北の勇者』さんがお喋りすぎて全然話しに参加できねえ!)」




629:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 05:29:46.84 ID:xve0yfvY0

北の勇者「凄いなー、感動だなー、嬉しいなー、楽しいなー」

僧侶「......止めてください、それ以上何も、言わないでください」

北の勇者「今めちゃくちゃ興奮してるよ、まさかこの広い世界で『成功個体』に出会えるなんて!」

僧侶「や......めて」フルフル

北の勇者「それを『それ』だと認識して出会うとなると、魔王に会うより確立低いんじゃない!」

僧侶「......ううっ、う」

北の勇者「あっ、はは。『成功個体』ってのは500年前の名前だっけ?」

僧侶「......やめ、て」

北の勇者「1000年前は確か......ああ、そうそう!『失敗作』って名前だったんだよね!」

ガキイン!

北の勇者「......人が丁寧に『化け物』の説明してんのに、何すんのさ」ギリギリギリ

勇者「......お前もう喋んな。俺が喋れねえだろ」ギリギリギリ




632:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 05:50:34.48 ID:xve0yfvY0

北の勇者「はっはは、あいにく僕はお喋りなんだよ! 強い男は寡黙というがそんなの知らん!」ガキン!

勇者「良いよなお喋りなやつ。俺なんか、他人を楽しませようとあれこれ喋る内容考えてる内に次の話題になっちゃうんだ」ブツブツ

北の勇者「お喋り最高じゃん! お喋り凄い楽しいじゃん! それで強さが決まるなら、僕は雑魚でも良いよ!」ガキイーン!

勇者「次の日にみんなと話す話題や笑わし所を前日に考えてノートに書いとくんだ。でも無駄なんだ、会話が下手だからそこまで持ってけない」ブツブツ

ガキィン!ギンッ!ザシュッ!ガギンッ!ズバッ!

魔法使い「......なに、あの戦い」

戦士「......闇と光が戦っているようだ」

魔法使い「私たちの勇者は、思いのほか闇が濃そうね」

戦士「まあ、そうだな......そんなことよりも、僧侶」

僧侶「......はい、なんでしょう」

戦士「......その(......ダメだ。聞くのが怖い、知るのが怖い)」




636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 06:10:46.49 ID:xve0yfvY0

勇者「くっそ!(コイツ、普通に強いわ)」ドクンドクン

北の勇者「これだよ! 僕はこれがあるから、勇者に生まれて本当に良かったと思ってる!」ドクンドクン

勇者「っぐ、らぁ!(これが本気なのかな、本気じゃないとしたら、もっと強くなんのかな)」ガキン!

北の勇者「魔王を倒せる人間!? 人類の希望!? 違う!そんなんじゃない!」キンッ!

勇者「うおっと、せい!(少しでも気を抜けば腕が飛ぶ!目を潰される!首が切られる!)」ドクンドクン

北の勇者「強者と出会い、そして更なる強者と出会いそれを一生続ける宿命の血!」ドクンドクン

勇者「はっ、ハア!(楽しい楽しい楽しい楽しい!)」

北の勇者「......そしてその宿命を喜び受け入れ楽しむことができる!」

勇者「うおおおおお! っらあ!」ブンッ!

北の勇者「はっはは! そりゃあ!」ブンッ!

ガキィィィン!

北の勇者「だから『勇者』は......お、も、し、ろ、い!!!」




638:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 06:29:58.18 ID:xve0yfvY0

勇者「......あっ(剣また折れちゃった!)」

北の勇者「うーん、ここに来る前に感じた強い光の反応、もしかして『あの剣』があるかもって期待したけど」

勇者「......(また拳でいくか、いっちゃうか!?)」

北の勇者「君の持ってるそれはただの剣みたいだね。じゃあ気のせいだったのかな?」

勇者「くっそ......(魔法、使おうかな......)」

北の勇者「剣が折れた今、君はさらに不利な状況になっているんだよ?」

勇者(MPが消費されるあの感覚嫌いなんだよな......でも使うしかないか)

北の勇者「元々の不利は、このネクロマンサーと戦って疲れてるってのね......うお!」

勇者「閃熱魔法(あーあー嫌だ嫌だ、この感覚)」ゴゴゴゴゴゴ!

北の勇者「あっちちち! 魔法も相当の腕なのか『東の勇者』!? 良いね!」

勇者「爆炎魔法!」ドッッッ!

北の勇者「ははは! 爆炎魔法!」カァァァァ!




639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 06:43:27.36 ID:xve0yfvY0

戦士「......その」

僧侶「知りたければ、そう言って下さい。全て教えますから、全て」

戦士「......」

僧侶「でも、私からは喋りません。話して気分の良いものではないので......」

魔法使い「......」

僧侶「......お二人が知りたいのであれば、いっそのこと『北の勇者』さんにでも話してもらいますか」

僧侶「そうすれば、私も嫌な思いをして喋ることもないですし......」

ズザザザザ!

勇者「ぐえっ! くっそ、洞窟崩すの怖くて魔法手加減しちまった! 押し負けた!」

北の勇者「起きる前に留めといくよ!」ブン!

勇者「うっ、やっべ(だから速いっつーの!)」

ズバッ!




642:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 06:58:45.25 ID:xve0yfvY0

勇者「くっ、はあ!(うっわ喉元やられたうっわ)」カヒューカヒュー

北の勇者「はっはっは! 初戦は僕の勝ちだな!」

僧侶「勇者さん!」

戦士「くそっ、あいつ負けちまったのか!?」

魔法使い「......僧侶!」

僧侶「は、はい!」

北の勇者「『東の勇者』を殺すつもりはないからさ、思う存分回復してやってくれよ『化け物』」

魔法使い「っち、あいつ!」イラッ

戦士「......(回復、か)」

北の勇者「魔王討伐は僕たち勇者の立派な仕事だ! 仕事は必ず成功させるもの!」

北の勇者「勇者を殺して魔王に挑む者が減ったら、当然、仕事が成功する確率も減ってしまう!」

北の勇者「それはナンセンスだ! 僕はちゃんと、仕事と趣味の分別はついている!」

北の勇者「そう、だから『化け物』よ、その無尽蔵の寿命を使って、勇者を思う存分回復させるんだ」




644:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 07:22:16.85 ID:xve0yfvY0

戦士「......無尽蔵の寿命(自分の寿命を使って回復させる......あの露天商の馬鹿野郎が言ってことまんまじゃねえか!?)」

魔法使い「えっ、っと、え!? 回復魔法って本来は......」

北の勇者「自分の寿命を使わなきゃ回復できない体質の人間なんて世界中探してもそうそういないんだよ」

北の勇者「ましてやそいつらが回復魔法を使うと、ショボい傷でも数回の回復で術者は死ぬしそもそもそんな自殺行為をする奴がいない」

北の勇者「だから、そんな体質が世の中に存在するなんて知ってる方が変なのさ。大丈夫、その無知は全然恥ずかしくないから!」

魔法使い「うっざ」イラッ

僧侶「勇者さんっ! 今すぐ回復しますね!」

北の勇者「回復させる時、瞳をみんなに見せてあげな」

僧侶「ッ!」

北の勇者「拒否したら『東の勇者』を殺すよ。さっきは仕事だからと言ったけど、別に殺しちゃっても良いんだ」

僧侶「くっ、回復魔法」パアアア!

北の勇者「さあさあ、この『化け物』の瞳をご覧あれ!」

魔法使い「瞳が......」

戦士「赤くなった......」




646:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 07:40:35.61 ID:xve0yfvY0

勇者「あ、ありがとう、僧侶」スウウウウ......

僧侶「勇者さん、あの、私」

勇者「......自分の寿命を使うって、それは俺も聞いてなかったぞ」

僧侶「......」

北の勇者「君たちは『吸血鬼』を知ってるかい、1000年前、初代勇者の時にいた恐ろしい魔物だよ」

北の勇者「でも今ではそんなもの、おとぎ話の世界のキャラクター、子供たちが遊びで仮装するそんな扱いだ」

北の勇者「魔物の中でも特に人に近しい姿だったからか、1000年前のその当時、人間を吸血鬼にさせるという研究がされていた」

北の勇者「自分から名乗り出る者、強制的に研究材料にされる者、様々な人間がその研究に集まった」

北の勇者「......結果的に出来あがったのは、並みの人間より体力のない非力なだけのただの『不死身の人間』だった」

北の勇者「吸血鬼の『力』を欲した人間たちは、そのただの『不死身の人間』をこう呼んだのさ」

北の勇者「......『失敗作』とね」




651:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:01:15.71 ID:xve0yfvY0

北の勇者「多くの、魔王の脅威よりも戦争よりも多くの血を流しわかったことは」

北の勇者「『失敗作』になれる人間は極々限られているということだった」

北の勇者「人間はそれを才能という漠然とした言葉で定義付けた」

北の勇者「その、幸か不幸か才能を持った一握りの『失敗作』たちは、研究所の解体と共に世界へ散らばって言った」

北の勇者「『失敗作』の一部は、まるでこの世の地獄のような暮らしを強いられることとなった」

北の勇者「非力な『失敗作』たちは簡単に捉えられ......その不死身の体を、おぞましい性癖を持つ人間どもに利用されたのさ」

北の勇者「その上、神への冒涜の体現である『失敗作』たちは、教会へも近づけない体だということがわかってしまったんだ」

北の勇者「人間に利用され、『失敗作』と呼ばれ、死ねず、更に人間に利用され、神にも見放された」

北の勇者「ほとんどの『失敗作』が、教会に無理矢理近づき皮肉か地獄の苦しみの中消滅していった」

北の勇者「......そこで始ったのが、500年前の研究さ」




655:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:24:23.90 ID:xve0yfvY0

北の勇者「傲慢だと思うよ。500年前にようやく人間たちは『失敗作』に対する罪の意識を持った」

北の勇者「やがてその罪の意識は、新たなる研究への意欲へと成り果てるんだけどね」

北の勇者「神から見放された『失敗作』たちが再び神のご加護を頂けるようになるという研究さ」

北の勇者「世界中に散らばった『失敗作』たちが、今度は全員強制的に集められた」

北の勇者「そして研究は始まった。また多くの血が流れ、苦しみが生まれ、叫びが鳴った」

北の勇者「結果的に、研究は成功したんだよ。神のご加護を賜る『失敗作』たちが誕生した」

北の勇者「......それもまた、一握りの才能により生まれた『失敗作』たちの、生き残りの、更に才能を持った一握りの『失敗作』たちだった」

北の勇者「そしてこの時代、全く別の場所である『体質』を持った人間の存在が確認される」

北の勇者「世界中を探しても数えるほどしかいない超希少なその『体質』。自らの寿命を使い回復魔法を行う体質の者」

北の勇者「......そしてその体質の者が、神のご加護を賜った『失敗作』の中でも発見された」

北の勇者「......そいつらは、いくら回復魔法を使おうが死ぬことのない『成功個体』と名付けられた」




657:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:40:58.34 ID:xve0yfvY0

魔法使い「......」

戦士「......」

僧侶「......はい、言っちゃえばもっともっといろいろあるんですけど、大体の流れはそうです。よくお調べで」

北の勇者「それは僕じゃなくて僕のおじいちゃんに言って欲しいな。文献を集めたのはおじいちゃんだから」

僧侶「......機会があったら、伝えておきますね」ニコッ

北の勇者「あっはっは、おじいちゃんもう死んじゃったから一生会えないよ」ケラケラケラ

勇者「......(よく噛まずに喋れたな)」

北の勇者「いやー、楽しめた楽しめた!」

戦士「おっ、おいお前どこ行くんだ!」

北の勇者「どこって、僕も勇者だよ? 魔王を倒す旅に行くに決まってるじゃないか」スタスタスタ

北の勇者「またね、『東の勇者』。楽しかったよ、今度はもっと強くなって戦おう」

魔法使い「......おい、化け物勇者、待てよ」

北の勇者「......」ピク




663:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 08:57:39.51 ID:xve0yfvY0

戦士「ちょっちょちょ、おい魔法使い!」

魔法使い「......一発ぶっ飛ばさなきゃ気が済まねえ」

戦士(完全にスイッチ入ってる)

北の勇者「えー? 化け物って誰のこと言ってるのかなー?」

魔法使い「自分が化け物だってわからない化け物ほど無様なもんはねえな、てめえのことだよ糞勇者」

北の勇者「......別に大した挑発にはなってないけど、その言葉言われるのは僕も好きじゃないんだよねぇ」

魔法使い「お前、強い相手と戦うのが好きなんだよな? 戦おうぜ『俺』と」

北の勇者「え? 楽しませてくれるの? じゃあせっかくだし戦おうよ!」チャキン

魔法使い「言っとくが、いつでも逃げて良いんだからな? ......恥ずかしがることはないぞ」ニヤ

北の勇者「うっわすっげー言うねー、どうでもいいけど早く始めようよ」

魔法使い「......おい起きろ『悪魔』。食事の時間だ」ブワァァァァ!




667:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:14:26.32 ID:xve0yfvY0

グオォォォォッ!

北の勇者「おお! おおおお!」キラキラ

戦士「......あれぜってーヤバい奴だろ、ぜってーヤバいって」

???「......おい魔法使い、おい魔法使い」

魔法使い「あ? んだよコラ」

???「ついこないだも起こされたのに、また俺は起こされるのか」

魔法使い「三度寝できて良いじゃねえかよ」

???「やれやれ、色男は辛いねえ......女が寝かしちゃくれねえよ。そう思うよな兄ちゃん」

戦士「お、俺!? ああ、お前オスなのか!」

???「いや、オスかメスかは知らねえけど。悪魔だぜ、よろしゅうな」

戦士(てめえが自分で男っつったんじゃねえかよぉぉ!)

悪魔「......腹が減った魔法使い、朝飯はできてるのか?」

魔法使い「......まだだよ。たまには二人仲良くキッチン立とうぜ」




672:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:28:16.58 ID:xve0yfvY0

魔法使い「『完全融合』だ」

悪魔「のっけから盛んだな、魔法使い」

魔法使い「さっさとやれよ糞犬」

スゥゥゥ......

戦士「......え」

北の勇者「おー! おー!」キラキラ

僧侶「......」

魔法使い「......ッチ、服が邪魔なんだよくそが!」ヌギヌギ

ピョコン、バサッ

勇者「......(魔法使いに狼の耳とグリフォンの翼が生えてるううううう!)」

......ニョロッ

勇者「......(尻尾も生えてるしかも蛇いいいいいいいい!)」




675:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:43:23.91 ID:xve0yfvY0

ゴキッゴキッ

魔法使い「......誰だ、ああ、確かそこのお前だったっけ。名前なんだっけ」

北の勇者「ふおー! すっげえ初めて見た! ホントにいるんだな『融合者』って!」キラキラキラ

魔法使い「えーと、ああ、思い出した『北の勇者』だ、おい『北の勇者』」

北の勇者「一度会ってみたかったんだよ! 今日はすげえ良い日だなー!」

魔法使い「おい『北の勇者』、『北の勇者』......さっさと来いよ」

北の勇者「言われなくてもわかってるよ!」ヒュンッ

勇者(うっわ俺の時より断然スピード上がってやがる)

魔法使い「はは、おい『北の勇者』、遅ぇよ。もっと速く来てくんなきゃ」ヒュッ

北の勇者「......はっや(回り込まれたのが全然見えなかった)」

魔法使い「待ちくたびれてどっか遊びに行っちゃうぜ?」




680:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 09:56:07.38 ID:xve0yfvY0

北の勇者「く、ぶおっ!」ボッゴォォォォン!

魔法使い「おい兄ちゃん、おい兄ちゃん」

戦士「あっ、俺か、なんだ!?(速過ぎて目で追うのが精いっぱいだぞ!)」

魔法使い「俺は今、『北の勇者』の顔面をブン殴って洞窟の奥まで吹っ飛ばしたんだ」

戦士「おお、おう」

魔法使い「俺が遊びながら状況も説明してやるから、兄ちゃんは瞑想でもしてろや」

戦士「......」

魔法使い「洞窟の奥へ行ってくる」ヒュッ

戦士「......」

シーーーン

戦士「......お前一人で奥行ったらここにいる俺聞こえねえよ」




683:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:09:59.54 ID:xve0yfvY0

―洞窟・最深部―

北の勇者「ぐっへー、いつつつ」ガラガラ

魔法使い「まだ倒れてたのか、速く起き上れよ」

北の勇者「......っく!」チャキン

魔法使い「竜のウロコで作った剣か、良い物持ってるな『北の勇者』」

北の勇者「うおおおおおお!」ブオン!

魔法使い「それ食わせてくれよ」ゴォォォォォォォ!

北の勇者「んなっ!(緑色の炎を口から吐き出した!?)」

ピシッ、ピシピキィ

北の勇者(竜の剣が......石化していく!?)

魔法使い「......あー『北の勇者』、『北の勇者』。どうせだったら俺は竜が食いたかったよ、生のな」

北の勇者「うっおおおお! ホントすげえ!」

魔法使い「......タイムリミットだ、何がって俺と魔法使いの融合がだ」

......ボンッ!




684:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:19:46.84 ID:xve0yfvY0

戦士「......僧侶ちゃん」

勇者「......」

僧侶「あ、あのっ、私は全然大丈夫ですからね! 全然気にしてませんし!」

勇者「......そっか」

僧侶「は、はい! そうです!」

戦士「......強いな、ずいぶんと」

僧侶「あはは、伊達に1000年生きてませんよ!」

戦士「あ、ははは......はは(笑って良い所だったのかここ)」

「おーい! 僧侶ぉー!」

僧侶「あ、魔法使いさんの声だ!」

「私の服持ってきてくれるー!」

僧侶「そういえば、あの時豪快に脱ぎ捨ててたんでしたっけ!」

戦士「ということはあいつ今上半身裸なんだな」ボソ

「死ねえええええ! 戦士いいいいいいいい!」

戦士「なんで聞こえてんだよ!!!」




689:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:34:54.02 ID:xve0yfvY0

―洞窟出口―

魔法使い「お待たせー!」ツヤツヤ

戦士「......いや、むしろ用事済ませるの速過ぎなんだよ」

勇者「うん、ほんとね」

僧侶「なんでそんなにツヤツヤしてるんですか?」

魔法使い「んー、適度なストレス発散と良質な食事ってとこかしらー」ツヤツヤ

戦士(......使ったな。『北の勇者』をストレス発散の道具に)

魔法使い「勇者ってのは頑丈で良いわねー」チラ

勇者「無理無理無理無理無理!」ブンブン!

魔法使い「冗談よ冗談! あっはっは」




693:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 10:55:43.74 ID:xve0yfvY0

―霧の村・宿屋―

魔法使い「襲ってくる死体がいないだけでこんなに道中が楽だとわ......」

戦士「全員ヘトヘトだったし、助かったな......」

僧侶「怪我は回復できても、疲労までは取り除けないんですよ回復魔法は」

勇者「そこまで出来たら宿屋が儲からなくなるからね」

僧侶「そういえば、『北の勇者』さんってどうしたんですか?」

魔法使い「今凄く幸せだからこの場で寝たいって言って洞窟の奥で寝始めちゃった。あいつ変態よ」

勇者「俺は変態じゃないからな」

戦士「次の街、確か『商人の街』だっけか?」

魔法使い「そそ、巨大都市」

勇者「知らない人いっぱい......(今から憂鬱だ)」

戦士「巨大っ都市っ!」ウキウキ

僧侶「巨大っ都市っ!」ワクワク

魔法使い「何はともあれ、もうみんな寝ましょう。明日に備えて、ね」

勇者「......ああ、みんな、お休み」




744:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:17:35.33 ID:xve0yfvY0

...勇者の夜...

勇者(よくもまあ、あんなべらべら喋れるもんだ)

勇者(どうすれば『北の勇者』のように噛まずに気持ち良く喋れるんだろうなー)

勇者「......」

勇者「......って今考えるべきはそこじゃないだろー!」

勇者「......」

勇者「ふふふ、やっちゃったよ一人ツッコミ。ふふふ、ふふ」

勇者(悪魔と一緒に生きる魔法使い......)

勇者(あいつがどういう生活をおくってきたかなんて、想像に難くない)

勇者(魔法使いは一緒にいて楽しいから大好きだし、旅も一緒に続けて行きたいけど)

勇者(......そのことを心の底から信じてもらえるようになるのは、誰でもない、あいつの気持ち次第なんだよな)

勇者(だてに人の顔うかがいまくって会話してねえよ、わかる、まだあいつは俺たちに引け目感じてる)

勇者「......難しいなー」




747:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:35:22.08 ID:xve0yfvY0

勇者「......僧侶」

勇者(1000年前からずっと生きているってのは、昔本人から直接言われたから知っていた)

勇者(俺が物心ついたガキの時から、僧侶はずっとあの姿のまま、あの僧侶のままだった)

勇者(誰にでも優しく、可愛らしい僧侶のままで。いろんな人と仲が良くていろんな人から慕われていた)

勇者(......深くは考えないようにしていたけど、不死身の人間なのにそんなことが出来るっていうのは)

勇者(きっとそれ相応に、そうなる時間を過ごしてきたのだろう)

勇者(......化け物と呼ばれて友達のいなかった俺にも優しくしてくれたのは、母さんと僧侶ぐらいだったな)

勇者(でも、『北の勇者』の言うとおりなんだ。勇者だけの感覚なのかもしれないけど、たまに僧侶を恐ろしく感じる)

勇者(その気持ちをどうにかしようとは思わないけど、これだけは言える)

勇者「......僧侶は、『化け物』なんかじゃない! 大切な友達、幼馴染だ」

勇者(......寝よう、寝坊したら魔法使いに怒られるし)




753:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:48:48.79 ID:xve0yfvY0

...魔法使いの夜...

魔法使い(黙っておきたかったのに......みんなにバレちゃった)

魔法使い(勇者のやつ、ホントに私と旅して良いのかな)

魔法使い(戦士のやつ私のこと嫌ってるんじゃないかな、私は大っ嫌いだけど)

魔法使い「......」

魔法使い「......僧侶」

魔法使い(『北の勇者』の話しを聞くに、私なんかの想像じゃ到底及ばないほどの辛い日を過ごしたんだろう)

魔法使い(......でも、優しくてドジだけど、きっと僧侶も私のこと)

魔法使い「......う」イラ

魔法使い「うっがああああああああああ!!!」イライライラ

魔法使い「ちっがうだろうが私! 何シケてんだっつうんだよ糞私ィ!」

魔法使い(私が変わらなきゃ、ダメなんだ)

魔法使い「ぜってえみんなのこと心の底から信じてやる!」




756:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:59:08.43 ID:xve0yfvY0

―僧侶の夜―

――『あんた、あの研究でできた人間なんだって?』

――『......』

――『怖いって怖いって! そんな睨むなよ別に取って食ったりしねえから』

――『......あっち行けよ』

――『不死身になっちゃったんだろ? じゃあさ、もう仕方ねえじゃん』

――『......お前に私の地獄が』

――『はっはっは、わかるわけねえじゃん! でもさ、なんであれ楽しく生きた方が絶対良いって!』ケラケラケラ

――『......お前は?』

――『俺、今から魔王倒しに行くんだよ! 一人じゃつまんねえからお前も一緒についてきてくんね?』

僧侶「......」

僧侶「......勇者様」




758:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:02:21.92 ID:OxHn4XvC0

ご先祖様チャラいな




759:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:07:25.87 ID:xve0yfvY0

...戦士の夜...

戦士「俺、ちゃんとあいつらと仲良くやれてんのかなぁ」

戦士「......と、トモダチヅキアイ、ちゃんとできてんのかな」ドキドキ

戦士「今まで一緒にいたのは手下ばっかだったしな......」

戦士「友達っつったら......露天商の馬鹿野郎ぐら」

戦士「っは!」

戦士「違う違うあいつは友達なんかじゃねえし!」

戦士「......」

戦士「うー、難しいな......でも、もっとあいつらとは仲良くなりてえな」

戦士(......それに)

戦士(親父の遺産も探さねえと......)




765:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:21:03.46 ID:xve0yfvY0

...翌朝...―村の外―

魔法使い「よっし、旅支度は済んだわね!」

戦士「勇者、お前そういや剣また折れたんだよな」

勇者「......うん。だからほら」スッ

戦士「おお、新しい剣か! 村で買ったんだな」

勇者「......そうそう、剣はこれとやたら高価な剣の二本しかなくて、仕方ないから安い方買った!それでも値段張ったけど」

戦士「......お、おお。それっておま」

魔法使い「ちょっとその剣見せて」

勇者「良いよ! あはは、これからはこの剣で頑張って戦うぞ!」

魔法使い「......(武器屋に剣が二本だけなんて、んなの普通ありえないだろ)」ボロッ

勇者「どう! カッコイイだろ!」

魔法使い「......これからは私、勇者の買い物に同行するわ」

勇者「っうえ!? なんで!?(うっわ俺女の子と買い物なんて行ったことねえよ!)」




770:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:37:54.77 ID:xve0yfvY0

魔法使い「もう少し歩いたら、『商人の街』へ続く街道が見えてくるはずよ」テクテク

僧侶「霧もすっかり晴れました。やっぱり歩きやすさが全然違いますね、ずっと先まで見えますし」テクテク

勇者「......前の村の時はひどかったよ」

戦士「大発見だな! 太陽は気持ち良いんだぜ!」

勇者「......お」

魔物「グルルルル!」

魔物のむれがあらわれた!▽

戦士「さっそくお出ましか! さっさと倒しちまおうぜ」タッタッタ

戦士「おらぁっ! っとおお!?あっぶね!」ブン! ゴオオオオオオ!

魔法使い「戦士! それ私が焼こうと思ったんだから他の行ってよ!」

戦士「んだと俺が先に狙ったんだ!」

魔法使い「私が先よ! 閃熱魔法!」ゴオオオオオ!

戦士「うっわあっぶねええええ!」

勇者「......もっとチームワークを良くしよう」

僧侶「......そうですね」




773:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:48:28.66 ID:xve0yfvY0

魔物のむれをたおした!▽

勇者「......(もっと強くなりてえなー)」

魔法使い「ねえー勇者ー」

勇者「ん? なに?」

魔法使い「あんた魔法も使えるんでしょ? 『北の勇者』との戦いで見たけど」

勇者「......あー、あ、うんまあ、一通りは」

魔法使い「魔法使いの私が言うのもなんだけど、魔法って凄い便利よ。もっと使ってった方が良くない?」

勇者「えっと、まー、そうなんだよねえ。魔法も戦いに組み込めば強くなるのはわかるんだけど」

魔法使い「そうすりゃ良いじゃない」

勇者「MPを使う時のあの感覚が嫌なんだよ......。あの全身の関節がミュンッてなる感じ」

魔法使い「......確かにそれわかるけどさぁ。あんたねえ」

勇者「......ハイ、頑張って苦手......コクフクシマス」ウルウル

魔法使い「そーして下さい」ハア




777:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:07:38.30 ID:xve0yfvY0

勇者「......うーん」テクテク

戦士「どーした、なんか考え事か?」

勇者「......そりゃあねえ」

魔法使い「この前のネクロマンサー?」

勇者「そうなんだよ」

戦士「『北の王国』からの刺客たちのことか」

勇者「手柄が欲しいからって他の国の勇者暗殺ってすげえなって思って」

僧侶「気持ちはわからなくもないですけど......人々が待ち望む平和を馬鹿にしてますよね」

魔法使い「『西の王国』は勇者に全投資、『北の王国』は暗殺者雇い......」

戦士「お前の国の王様はどうしたんだ?」

勇者「綺麗な両手を振って爽やかに見送られたよ、俺も投資はいらないって言ったんだけどさ」

戦士「なんだかんだそれが一番良いのかもしれねえな。期待されすぎるのも迷惑だろ」

勇者「......そうだね、今となって『東の王国』生まれで良かったと思ってるよ」




783:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:18:28.38 ID:xve0yfvY0

魔法使い「敵は魔王だけじゃないってことね......」

戦士「暗殺者が襲ってきたら、倒すしかねえよな」

勇者「......うん」

戦士「俺は別に構わねえが、勇者は人殺せんのか?」

勇者「......(できるわけねえよ......魔物と違うもん)」

魔法使い「私も邪魔するなら手加減しないけど、別に勇者は無理しなくて良いんだからね」

戦士「んな甘いこと言ってっと敵が増えてく一方だぞ?」

魔法使い「でもまあ、私たちのPT越える強さの人間なんてそうそういないだろうし少し痛い目見せるだけでも良いんじゃない?」

僧侶「私は絶対殺してほしくありません!」

魔法使い「僧侶もこう言ってるし」

戦士「んー......僧侶ちゃんに言われると弱いな。まあ大丈夫か」




786:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:29:55.17 ID:xve0yfvY0

僧侶「あっ! 街道見えてきましたよ!」テクテク

魔法使い「日が落ちる前に来れて良かったわね」

戦士「あとどれくらいなんだ? 街までは」

魔法使い「村からここまでで大体半分ぐらいだから、あと半日ってとこじゃない?」

戦士「街道に立てたし、もっと歩きやすくもなるか」

魔法使い「明日の内に着いちゃうわよ」

勇者「......じゃあ、街道の脇あたりで今日は野宿するか」

魔法使い「そうしましょう」

戦士「テントは張ったぜ!」ジャーン!

魔法使い「よくできました! あと999999999999回!」

戦士「うおっしゃー頑張るぞー!」




794:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:57:21.67 ID:xve0yfvY0

...夜...

ジュージュー

勇者「ふーんふんふんふーふんふん♪(うおおおお料理めっちゃ楽しいー!!!)」トントントン

勇者「ふーふふ、ふふーん、ふふふふふーん♪(すっげえ楽しいー!!!)」グツグツグツ

勇者「フライパンで肉を焼いてっと」ジュージュー

勇者「......よっし!」

勇者「みんな料理できたよー!」ジャーン

戦士「うおおおお! 美味そう!」

僧侶「運ぶの手伝います!」

勇者「ありがとう僧侶」

魔法使い「ご苦労様、私たちの専属コックさん! 今日も野宿とは思えない手の込んだ料理ね」

勇者「ははは、だろー! ......専属コックになった覚えねえよ!」




798:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:06:04.62 ID:xve0yfvY0

...深夜...

勇者「......(月明かりで遠くまで見えるから見張りが楽だな)」

僧侶「......勇者さん」トコトコ

勇者「あっ、僧侶......ごめんな、呼び出しちゃって」

僧侶「いえいえ、私も一緒に見張りさせて下さい」ニコ

勇者「......(うおお、やっぱ夜に女の子二人は緊張するわっ!)」ドキドキ

僧侶「......」ドキドキ

勇者「......(でも、大切なことなんだから聞かなきゃいけないよな)」ドキドキ

僧侶「......ゆっ、勇者さん?」

勇者「ふ、ヒャイッ!? どうした僧侶!?」

僧侶「あ、あの、どうして私を、その......呼んだのかなーって」




802:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:19:48.77 ID:xve0yfvY0

勇者「......あっと」

僧侶「......」

勇者「その......俺は、僧侶のこと知ってたわけじゃん」

僧侶「......はい、私も勇者さんが小さい頃からずっと知ってますよ」

勇者「えっと、死なないことも」

僧侶「そうですね、私が、自分から言ったんですもん」

勇者「......俺はさ、それだけしか知らなかった」

僧侶「......」

勇者「回復魔法で、自分の寿命を使ってしまう体質とか全然知らなかったよ」

僧侶「......それは、私も言わなかったですもん」

勇者「......使われる寿命は無尽蔵かも知れないけど、でも本当のとこさ、僧侶は......どう思って回復してくれてるんだ?」

僧侶「......」

勇者「正直に......答えてくれ」

僧侶「......。ずっと昔から今まで、ずっと、願っています。この回復で、私、死んじゃわないかなって」




807:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:37:32.25 ID:xve0yfvY0

勇者「......(予想はしていた......けど。キツイな、受け止めきれっかな)」

僧侶「少し昔は、自分から人間同士の戦争の中へ入っていって、ひたすら兵士さんたちを回復させていました」

勇者「......」

僧侶「回復しては戦い、また傷つき回復して、兵士さんたちはずっと戦い続けました」

勇者「......」

僧侶「ずーっと回復してたのに、それでも死なないんですよ私。凄いですよね、凄い......ばけ」

勇者「違う」

僧侶「勇者さん......」

勇者「僧侶は違う。俺が言うんだから、そういうことにして下さい」

僧侶「......ふふっ」

勇者「んなっ、なんで笑うの!?」

僧侶「どうせなら『俺が言うんだからそういうことにしろ!』ってビシッと言って欲しかったのにぃ、って思って」




812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:51:36.74 ID:xve0yfvY0

僧侶「勇者さんらしいな、って」

勇者「......う、うるさいな」

僧侶「......」

勇者「あ、その......その気持ちってのは、変わらないの?」

僧侶「......この姿と共に変わることのない、私のたった一つの願いです」

勇者「......そ、そっか(いやあ、ダメだろ。僧侶がそれで良くても俺が嫌だよ)」

僧侶「これからもずっと、私は死を夢見て回復魔法を使います」

勇者「......や、それさ、俺がやめてって言ったらやめる?」

僧侶「......」

勇者「俺が死んじゃった後までは責任持てないけどさ、その......」

僧侶「......」

勇者「俺が生きてる内は、俺のために、死のうなんて考えないで楽しく生きてくれよ」




815:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:02:05.42 ID:xve0yfvY0

僧侶「......」

...
――『はっはっは! 俺との旅楽しいか!?楽しいよな!』

――『......楽しくねえし』

――『いやいやいやそんなことねえって! お前が楽しくなかったら俺も楽しくないもん! 俺今めっちゃ楽しいもん!』

――『......うっせえよ、楽しくねえし』

――『はっはっはっは!!! すなわちお前も今すっげえ楽しんでる! 二人でハッピー!』

――『そんなわけ......ねえし』

――『あっはっはっは!! じゃあなんで顔がにやけてんだよ!? 変な笑い方!』

――『......え? 笑って?』ニヘラァ......
...

僧侶「勇者さん......自分勝手すぎますよ」

勇者「......それでも良いよ、僧侶に嫌われても良い。俺は絶対、僧侶を幸せにさせるから」




818:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:13:03.90 ID:xve0yfvY0

...朝...

魔法使い「おはよー」

戦士「おっす!」

僧侶「おはようございます」

勇者「......あっ、みんなおはよう。朝食できてるから、冷めないうちに食べちゃって」

戦士「うおお! これまた美味そうじゃねえか!」

魔法使い「なんというか、もう完全にお料理担当よね勇者」

勇者「そんなつもりねえし!」

魔法使い「なぜにそこだけムキになるのよ......」

僧侶「早く食べましょうよー!」

戦士「おっらお前ら早くしねえと俺と僧侶ちゃんで全部食っちまうぞ!」




819:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:15:39.54 ID:EDVbKUWvO

戦士には頑張って欲しい

つうかみんないいやつらだな




823:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:26:53.26 ID:xve0yfvY0

僧侶「美味しい美味しい」モグモグ

魔法使い「うん、相変わらずの味ね」モグモグ

勇者「その喜びづらい感想やめてよ!」

戦士「いやうっめーよ! 相変わらずうっめーよ!」モグモグ

勇者「良かった......みんな喜んでくれて」

戦士「はー、勇者の飯食ったら元気出てきたぜ」

僧侶「私もです!」

戦士「これならすぐにでも次の街に着けそうだな!」

魔法使い「......ホント、何かヤバいもんでも使ってんじゃないかってくらい調子良くなるのよね、あんたの料理」

勇者「いいいやいやいや! 薬なんて盛ってないからな!」

魔法使い「冗談よ、そんな激しく否定しないでよ......」




826:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:48:17.90 ID:xve0yfvY0

僧侶「よし! ご飯も食べたし出発しましょー!」

戦士「おー!」

勇者「......街道を歩くってのは、それだけで街へ辿りつけるから楽でいいな。大発見だ」

魔法使い「私もいちいち地図見なくてすむから、本当助かるわ」

勇者「何気に魔法使いはこのPTの地図係だよな」

魔法使い「あんたは方向音痴だし戦士には任せたくないし、私しかいないのよ」

勇者「......面目ない」

僧侶「あっ! 見てください見てください! 前にキャラバンが歩いてますよ!」

戦士「どうも俺たちと同じとこ目指す商人たちのキャラバンみてえだな」

魔法使い「へえー、まあ『商人の街』だけあって各地の商人がたくさん往来してるのね」

勇者「......(うっわっべー、面識ない人たちだぁ、やっぱあいさつぐらいはしないといけないよなー)」




831:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:59:53.48 ID:xve0yfvY0

旅の商人「よお、あんたらも都へ向かう旅人かい?」

勇者「......んあっ、まあ、はい、一応、そうです」

旅の商人「しっかし、都に行くわりにはやたら戦闘特化のPTだな。商売しに行くわけじゃねえのかい?」

勇者「あ、あのー、えっと、ソッスネー。あれなんス、俺、勇者なんス、ウィッス」

旅の商人「な、なにー!? 勇者御一行だって!? おいお前ら聞いたか!」

旅の商人の仲間たち「聞いた聞いた! マジか!? じゃあ魔王を倒す旅の真っ最中か!」

ワイワイガヤガヤ、スッゲーハジメテミタ、ワイワイガヤガヤ

勇者「ふっ、ふえー(やめてそんないっぺんに話しかけないでぇー!)」

戦士「勇者ってのも大変だなー、大人気で」

僧侶「それだけ希望を持たれてるってことですよ!」

魔法使い(頑張れ勇者、これは人慣れの試練だ!)




836:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 19:17:51.28 ID:xve0yfvY0

勇者「......あ、え? んと、引き返す途中?」

旅の商人「そーなんだよ」

勇者「あの、す、どこへ行こうとしてたんですか?」

旅の商人「『観光と貿易の街』って知ってるかい? そこ行こうとしてたんだ」

勇者「あ、はい。あ、知ってますよ。えと、あの、どうして引き返してるんだすか?」

旅の商人「それがよー数日前から、外部から来る行商人の入国を禁止されちまったみてえなのさ」

勇者「んっへ、へえー」

旅の商人「向かう途中で報せが来てよお、だからこうして引き返してんのさ。せっかくのお得意先だったのによー」

勇者「なんでなんしょーねー」

旅の商人「ただの噂だから真にはしねえが、お城の財源が少なくなっちまって街に金を回せねえらしいぜ」

勇者「......」

旅の商人「だから外から来る商人の商売は禁止されたみてえなんだ。んなことあっかよ、なー?」

勇者「......魔法使いさん?」ボソ

魔法使い「......それ私のせいだわ」ボソ




839:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 19:33:52.09 ID:xve0yfvY0

旅の商人「ここで会ったのも何かの縁だ、何か買ってくかい。安くしとくぜ」

勇者「あ、っと、そっすね、じゃじゃあ、薬草13枚下さい」

旅の商人「へいまいどー」

勇者「はい、戦士」ヒョイ

戦士「え? 俺に? まあ良いけど」ヒョイ

魔法使い「アイテム管理係になったらしいわねあんた」

戦士「あ、そうなのか? あーじゃあしっかりしねえとな」

旅の商人「俺みたいに引き返してるキャラバンはたくさんいるだろうな」

勇者「へ、そうですかー」

旅の商人「報せを聞いて、『貿易の街』に行けずに都に滞在してる商人たちもたくさんいると思うぜ」

勇者「......ふ、へー」

旅の商人「だから今はいつになく商人でごった返してるだろうから、良い掘り出し物とかも見つかるかもしれないな!」

勇者「......ッフ(ごった返さないでええええええ!!!人ごみ嫌いいいいい!!!)」




841:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 19:45:08.27 ID:xve0yfvY0

旅の商人「んじゃ、俺たちゃあ先急ぐんで。勇者様も気ぃつけて来てな」ガラガラ

勇者「あ、はーい」

旅の商人「もし都で会ったらまたよろしくなー」バイバーイ

勇者「あ、はーい(手を振るの止めるタイミングわからねえ)」バイバーイ

魔法使い「......もうバイバイしなくて良いわよ」

勇者「あ、そう?」

魔法使い「えらいえらい、よく一人でお話しできました」ナデナデ

勇者「おっ、おほうっ! ありがとう。......でも」

魔法使い「ん? でもどしたの?」

勇者「商人いっぱいなんだってぇー。人多いの怖いよぉー」ウルウル

魔法使い「......(人に慣れるのはまだまだ先が長そうね)」




849:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:06:15.54 ID:xve0yfvY0

僧侶「見えてきました! うっわー大きい、すっごい大きいですよ!」

勇者「この前の『観光と貿易の街』も魔物の財宝でとは言え、かなり大きい国だったが......」

魔法使い「そこですら比べものにならないほどの大きさね」

戦士「あんな場所で人がごった返すってのは、どんだけの人間が中にいることやら......(変だな、全然魔物の気配がねえ)」

僧侶「大きいだけあって、その周りにも魔物が全然出なくて平和ですね!」

魔法使い「そうねー、その平和がこの発展を支えてきたのかもねー」

戦士「......(なんだこの感じ? この街道の不気味な静けさ)」

ヒュウウウウ......

戦士(風も、草も、花も、空気も俺たちの邪魔をしないように息を潜めているようなこの静けさ)

勇者「じゃ、じゃあ、もうすでに憂鬱だけど、巨大都市『商人の街』に入るとしますか」

僧侶「いざっ! 都へ!」

戦士(これじゃあまるで......)

魔法使い「やっぱり中へ入ったらまずは宿探しねー」

戦士(これじゃあまるで、俺たちがこの都に『集められてる』みてえじゃねえか!?)




858:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:17:16.52 ID:xve0yfvY0

その、残りのレスじゃまず完結は無理だし、
どうせならそれなりにしっかりさせたいから
ここまでで前半終了ってことにして落としてもらって
ちょっと時間取ってから後半のスレ立てたいと思うんだけど




862:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:18:45.87 ID:et46DGzRO

>>1の好きなようにしてくれ




867:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:23:32.74 ID:xve0yfvY0

じゃあ、

ごめんね、ここまで保守ありがとうございました

最後に関係無いけど、『
蝉っていうキャラがとっても可愛いんだ




869:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:26:11.78 ID:RUU7FzcF0

なんという...ステマッ!!




872:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:26:19.09 ID:Lh+6P1P70

とりあえずおつかれ




873:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:26:30.02 ID:MLA2WGt00

ひとまず乙




877:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:28:36.80 ID:VPGcHpG50






879:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:34:41.46 ID:UucRMyH40

乙、次スレ期待




882:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:45:24.03 ID:X0BS7FQb0

乙ー
楽しみに待ってる
いつ頃かも教えて貰えると嬉しいけど
もういないかな?




883:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:46:49.94 ID:xve0yfvY0

19日で




885:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:48:10.22 ID:X0BS7FQb0

>>883
ありがとう
了解です




886:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:49:10.65 ID:MKv4Xo0oO

おつおつ




888:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:52:59.51 ID:NS/WCdji0

この数日間楽しかった
ありがとう




891:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 20:54:29.01 ID:W6tyG1AI0


続きまってるわ
















続きを読む