大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 09:56:03.83 ID:xve0yfvY0

大臣「南の勇者が魔王の城目前で魔物の群れに倒れたんですよ」

勇者「あ、はい(なんで謁見が面接形式なんだよ……)」

大臣「北の勇者、西の勇者も既に魔王討伐の旅に出ている」

勇者「あ、はい」

大臣「この王国に生まれた四人勇者の内の一人としてあなたには期待したいのですが……」

勇者「あ、はい」

大臣「特技や長所など、何か自慢できることはありませんか?」

勇者「……あっ、しゅ、修行がんばりました!」

大臣「あー、そうですか」

※まだ未完結です

元スレ
大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360889763/

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:05:20.26 ID:xve0yfvY0

王様「そんなかたっ苦しい話ししないで良いじゃんさ大臣」

大臣「ですが王様、こちらの財も有限なのです。魔王討伐を見事成し遂げれば王国の名も上がりますが……」

大臣「それにはそれ相応の期待できる勇者に投資したいというもの。こうして面接をしそれを見極めなければ」

王様「他の勇者がいる王国は自分の国の手柄にするって血眼だけどさ、ここはそういうのよくない?」

大臣「期待できない勇者なら投資せずにその金を行政に使いますが、やはり魔王討伐の名声も大切ですよ」

王様「『俺の国の勇者が絶対魔王倒すんだ!』ってのが嫌なんだよ。普通に頑張ってって送り出そうよ」

勇者「……あっ、俺別に投資とかいらないんで、もう旅出ますんで」

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:12:27.13 ID:xve0yfvY0

王様「めちゃくちゃ期待されても勇者もプレッシャーだよね」

勇者「あ、はい、はい」

王様「ほら大臣、こんな下らない面接してないで俺たちはこの国守っていようよ」

大臣「……。わかりました、勇者よ」

勇者「あっ、はいなんでしょうか?(まだ話しあんのかよ……)」

大臣「仲間が欲しいなら街の酒場に行くと良い、魔王を討てば城から報償が下ると言えば簡単に集まるぞ」

王様「だーかーらー」

勇者「あ、ま、覚えときます……。もう行っていいですか」

王様「……よし。では勇者よ!魔王を倒す旅にいざ参れ!」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/15(金) 10:19:19.24
続きを読む

同タイトルの記事

大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」
大臣「あなたは私たちの期待に足りうる人材ですか」勇者「……あっ」

魔王勇者

女騎士「ふふふ…」オーク「くっ、殺せ!」
勇者「腕を1000本にしてください」女神「」
女勇者・魔王「「こうなったら本気でヤるしかない」」
【エ口有り】女騎士「今度こそオークなどに不覚を取らん!」
女騎士「今度こそオークなどに不覚を取らん!」
戦士「あ? 勇者のふりをしろって?」商人「そうです」【前編】
戦士「あ? 勇者のふりをしろって?」商人「そうです」【後編】
勇者「よーし!この>>2の魔法を使って…」【安価】
戦士「あ? 勇者のふりをしろって?」商人「そうです」
勇者「俺に従順になったハーレムパーティと魔王倒す」【後編】
勇者「俺に従順になったハーレムパーティと魔王倒す」
国王「魔王とは何時の世も蘇りつづける者」
勇者「よーし!この○○の魔法を使って…」
女騎士「最期に言い残す事はあるか?」
女勇者「コミュ症な騎士と組むことになった」
勇者(♀)「私じゃ魔王たおせないしもう子孫に託そうかな」
勇者の像「…」
幼女「おっちゃん、くっ殺せってなんだ?」オーク「んー?」
勇者「お前わたしの仲間になれ!」魔王の娘「は?」
エルフが奴隷に堕ちた理由を考えてみたりなど