杏子「好き好き大好き」


以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/24(木) 15:03:08.81 ID:BXn/K86q0
さやか「ふふふ......もう、恭介もなにも関係ない......あたしは、あたしなりの魔法少女を続ける。
誰かに見返りを求めることも、誰かに感謝されることも無い、けれども誰をも助ける......そんな魔法少女に」

杏子「お、おい......お前......」

さやか「うるさい。お前に何を言われたって、関係ない。
あたしは......あたしは......! 独りでもやっていってみせる! 正義の味方の......魔法少女をっ!」

まどか「さやかちゃん......」

さやか「......ごめんね......まどか。そういう訳だから、あたし、一人で帰るね」

まどか「そんな......一緒に帰ろうよ、さやかちゃん......」

さやか「ごめん......しばらく、一人にして......」

まどか「............」

さやか「それじゃあね、まどか。......さようなら」

まどか「さやかちゃん......!」

冒険の書【Lv=5,xxxPT】 :2011/02/24(木) 15:05:11.46 ID:BXn/K86q0
杏子「マズいな......あのままだとアイツ......マジにヤベェんじゃねぇのか?」

まどか「そんな......」

杏子「お前、アイツの親友なんだろ? なんとかしてやれねぇのか?」

まどか「なんとかって言われても......だって私も、どうしたら良いのか、分かんないし」

杏子「ったく、使えねぇな......」

まどか「......ごめんなさい......」

ほむら「そんなこと、言うものではないわ」

まどか「ほむらちゃん......」

杏子「じゃあお前は何か出来るってのか?」

ほむら「私は......美樹さやかが魔法少女になった時点で、もうどうにもならないと思っていたわ」

まどか「そんな......! やっぱり冷たすぎるよ、ほむらちゃん......!」

杏子「ま、全員が全員、なんだかんだ言ってアイツとは他人だ。それが普通なんだよ」


続きを読む